FC2ブログ

ビッグバンド

20110204a

ビッグバンドのジャズ・コンサートに誘われて、ビッグ・バンドのコンサートなのかと思っていたら、ビッグバンドだった。
ビッグバンドとは、大人数で編成するバンドのこと。バンドの名前じゃないのでした。

また一つ、知らないことを知って、“砂田BB&ミツキータ”さんの前倒しバレンタイン・コンサートへ。
地道なプロ集団という印象の砂田バンドに、パンチのある女性ボーカリスト・ミツキータさんのステージ。
曲紹介で、久々に“チック・コリア”と聞いて反応した。
チック・コリア――、高校のときに部活で洋舞をやっていて、練習曲にコーチがよく使っていたのだ。じっくり聴いたことはないが、何となく曲の雰囲気は知っている。
で、反応して脳裏に浮かんだのが、汗臭いレオタードとタイツ。
人間界のスピリチュアル度が進化し、いちいち思い浮かべたものが他の人たちに見透かされるようになったら……。
ああ、怖い。居心地の悪い場面が増えるかもしれない。

逸れる話を戻して、気になったミュージシャンの方が1名。
気になったというか、ほぼ釘付けで、この人ばかり見てました。キューバ帰りのパーカッショニスト、都筑章浩さん。
(サイトに飛んで真ん中の方です)

最近、イケメンは飽きると思っていたところへ新しい風が!
イケメンの方は、普段、しゃしゃり出る必要がないせいか、無理して目立とうとしないところがよくて、イケメンでも目立ちたがりの薄っぺらなのはタイプではないです。
自然に爽やかな風がそこだけ吹いてるみたいな、どういうわけかそこは日向みたいな、激しいインプレッションじゃないけど眺めが美しいみたいな。

でも、ステージでの姿が素敵に映るのは単にイケメンだからではない!はず。
何も知らない分からない、予備知識のない素人の目を釘付けにしたのにはちゃんとキャリアなり秘めたる情熱なり、何らかの理由がある!はず。
プロの魅力ってそういうものです。
美味しいものと才能系の嗅覚は、わたし、ちょっと自信あります。

20110204b
会場ロビーでのワインとチョコレート、ごちそうさまでした。

ioWEB

ご飯が主役

例えば、大好物の豚さんの生姜焼きにご飯は欠かせない。
“ご飯”って、お米のご飯。
主役のオカズを引き立てる以上に、盛り上げ役として、ご飯がいるといないとでは、生姜焼きを味わう喜びが大いに違う。ご飯があるから生姜焼きがいっそう美味いのであり、ご飯があってこそ箸が進むのだ。それでもやっぱり主役は生姜焼きであって、ご飯が主役とはならない。
米のご飯は、大抵がそういう立ち居地なのだが、主役になれるときもある。

ご飯が主役になれるとき、このご飯だったらオカズは何がいいかな?なんて考えなくはないけれど、炊飯器の蓋を開けた途端、軽~く茶碗によそって「いただきます」してしまいそうになる。
それも立ったまま、炊飯器の前で、蓋を閉めもせず。ご飯好きの衝動を抑えきれず、やってしまうことはままあるのだ。
オカズなんか、なくたっていいよ。
そう思えるのが、ご飯が主役のとき。

朝から、ちょっと香ばしい豆の匂い。
節分の豆をフライパンで炒るときのあの香り。
と言っても節分の豆ではなくて、黒豆なのだ。

長寿豆というのをいただいて、炊いてみました。

20110201a

お酒と味醂と塩少々で炊き込んだ黒豆ご飯。
 米4号に
 4号分の水量
 (お酒(オタマ1杯)味醂(オタマに軽く1杯)+ 水)
 塩(小さじに軽く1くらい)
 あとは長寿豆ざくざく
と適当に炊いても、つやつやほくほく、プチもっちり。
と、お赤飯に似た炊き上がり。

今朝はご飯が主役の朝ご飯。
で、オカズは、お味噌汁と奈良漬、だけでもいけてしまうけど、目玉焼きにウィンナーをプラスして、しっかり朝ご飯になりました。

◆普通の白いご飯も、炊飯の水にお酒を少~し混ぜると旨みが増します。

ioWEB

・2年前の今日の日記 「お映画デー」
・3年前の今日の日記 「居場所だもの」

飄々と(オカンさまの巻き鮨、他)

20110105a

年末のクリスマスを過ぎて、突然に逝った、お嬢のおばあちゃん。

一昨年の夏、田舎らしい田舎(都会を離れた故郷)が羨ましくて、お嬢に連れて行ってもらった和歌山の田舎。
それはもう、山の中の、自然地帯の、理想の田舎で、お嬢の実家の家は山の中腹にあって、おばあちゃんは知らない顔の者が急にやってきて家の中が騒がしくなったのを、興味と不審の入り混じった様子で遠巻きに観察しているふうだった。
行って二日目の朝、台所でいただく朝ご飯のときに、お嬢のオカンさま情報によると、おばあちゃんは、わたしのことを“新しい嫁が来た”と思ってなくもないらしいとのことで、「いっそ、新しい嫁にしてもらったら幸せかも」とちょっぴり図々しいことを思った。
そして三日目の午後、車に荷物を何度か運び、帰り仕度をするわたしに、おばあちゃんが初めて口をきいてくれた。

「帰るのか?」

満面の笑みを浮かべ、おばあちゃんは“新しい嫁”っぽいのが帰るのを喜びを隠さず送ってくれた。
わたしはわたしで、遠慮もなく「また来ます」とバイバイしたのであった。

縁廊下は昼間のおばあちゃんの居場所。
腰掛けている姿は、古い木造家屋の一部みたいだった。その一部が逝ってしまっては、家の景色は何気に変わるのだろうね。

年末・正月と、お里帰りしたお嬢のお土産は、正真正銘の嫁であるオカンさまが作ってくれた巻き鮨。
高野豆腐や椎茸・人参の薄味で煮た具と酢飯が絶品。なもので、お嬢が置いていくやいなや、なくなった。
タフで明るく飄々と生きてきたオカンさまは、お姑さんを送った年末年始を越えて、また飄々と生きていかれるのだろう。お鮨を食べながら、オカンさまのたくましい飄々さをいただいている気分になった。
20110105b

ついでに年末のいただきものを。
“皇太子さまもご愛飲”(らしい)とのフレコミでいただいた「しもん芋」の焼酎、倉岳
芋の臭みが控えめで、あっさり上品な飲み口。
対する右は、田苑ゴールド。こちらはまろやかな麦焼酎。
20110105c 20110105d

他にも年末年始、飲食中心にいろいろといただき、ありがたいことです。
今年もいただきものをありがたくいただいて、生きていきます、飄々と。

ioWEB

・2年前の今日の日記 「氏神さまとのお付き合い」

残暑のころ

ブログをさぼりがちなので、いただきものもさっさとお腹におさまって終わってしまうこの頃。
美味しいもの好きを知ってもらっているせいか、相変わらず食べるいただきものが多い。喜ばしいことです。

食は命、すなわち生命力。

疲れたら寝る。萎んだら食べる。

いただきものを喜んでいただいて生きてます。

・毎年この時期になると、ライターのアルさんから送られてくる梨。
20100826a
千葉在住のアルさんからいただくのは千葉産の梨。毎年、千葉県内の収穫場所を変えて送ってくれる。
今年は、しろいの梨。甘さとしゃきしゃき感がほどよく、どんどんいただいてます。で、半分は食べごろのうちにお裾分け。美味しいピークを過ぎてしまうともったいないので。

・こちらは軽井沢帰りの方からいただいた桃。
 20100826b
桃はすぐに傷むし、当たり外れがあってなかなか難かしい果物。自分用のお土産に持ち帰るのも勇気が要る。それを箱ごと買ってきてくれるとは!
こちらも食べごろ。傷まないうちにちゃっちゃっといただいてます。

梨も桃も、デジカメのレンズを通して見ると、ふわ~っと光を放っているように見えるのは気のせい?

ところで、桃の切り方ってどうすればよいのでしょう?
とてもじゃないが、お客さんには出せない食べ方していて、ふと思った。
こんなふうにうまくいかないよー。

ioWEB

雨ニモマケズ・・・

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

日記も更新せず

映画もろくに観ず

生姜紅茶は飲んでいる

うちに6月が終わろうとしている。

なので、6月後半のありがたきいただきものだけアップしておこう。

・まずは、お上品なスウィーツ。
20090619a

お嬢のキャラメルブームはとっくに去ったけど、お嬢が超えようとしていた本家の生キャラメルとマルセイバターサンド。
20090622a

・北海道といえば、北見のはっか油。と思って、北海道に帰郷する方にお願いしたら知らなかった。
 蚊に刺されにも効くし、梅雨の時期はタオルにシュシュッとしておけば殺菌効果もあるし、肩凝りにもいい優れオイルなのに。携帯用ボトルの噴射口に鼻を近づけ、目をつぶって何度も匂いを吸い込むと麻薬のようにも使えます。
20090622b

・先月半ばからの生姜紅茶ブーム用にいただいたレンゲの蜂蜜2.4キロ。
 レンゲの蜂蜜によくある嫌らしい匂いがなくて黒蜜のような味がします。こんな美味しい蜂蜜、舐めたことない。
 高そう。
20090628a

まあ、すべてに手が及ばないムラっ気たっぷりな“きりぎりしゃん”ですが、ぼちぼち、ブログ等、復活したいと思います。


ioWEB

・1年前の今日の日記 「シャボン玉な1週間」

  

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム