FC2ブログ

夢のお告げに従えますか?

20180803a.jpg


「台湾に行ってきました」。
そう言っても通用しそうな建物。

夢のお告げで建てられた「聖天宮」。

台湾の方が、台湾で、夢のお告げで知らされた緯度経度の場所が「埼玉県の坂戸市」。
何で?
田んぼが広がっていて、ところどころに家々がかたまって見える場所に、突如、台湾のお寺の景色がある。

「聖天宮」という名称や佇まいも、お告げがあり、そのお告げに従って建てたという話。
すごいのは、ちゃんとお告げに従って実行したということ。

夢のお告げを受けたことないからなあ。
従うかなあ……。
そうなってみないと、わからないなあ。

かつて、私は、
「やめてもいいんだよ」という声がした気がして、
耳に聞こえたのではなく、見えたような感じがあって、
その一か月後には送別会をしてもらい、
会社員を辞めた。

先のことは一切、計画がなく、
周りからはとても無謀に見られていたようで、
「早まるな!」とも言われた。

あのときを今にして振り返ると、
あの声に従ってスルッと決めたら、
先のことが何もないのに、
不安とか、揺らぐ気持ちもなく、
「やった!」的なハイな感じでもなく、
ただ、「これでいいんだ」という確かな感覚があった。

自分にとっての正解な選択って、
私の体験で言うと、
勇気とか、決断力が要るものではない。

それと、誰かに相談しているうちは動けないし、
動かなくていい。

自分の中で、スルッと決められて、
スルスルと動いている。
スルッと、スルスル。

私は一大決心をするタイプではないので、
負荷がかかるのも苦手だし、怖がりだし、
「スルッと、スルスル」がいいと思っている。
なので、そういう展開になるのだろう。

夢のお告げの「聖天宮」の話に戻ると、
「何で?」と思う、ここが大事。
たぶん。

なぜ、ここが(埼玉県坂戸市が)、夢のお告げになったのか?
違和感たっぷりの地に、何で、台湾のお寺があるのか?

感心するでも、不思議がるでもいい。
「何で?」と思うところから、
人それぞれに、自分の思考の繋がる部分へ行く。
そういう仕掛けが、この建物が存在する理由の一つ。
たぶん、そう。
そうだと思ったら、それが正解。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


  

よく生きたね

20180802(20140802).jpg


知り合いのカメラマンさんが逝ったと聞いた。
血圧が高くて、ある朝、救急車で病院に。
その後は、寝たきり状態になった。

私は頭は悲観的なくせに楽観体質なので、そのうち何かをきかっけにグイグイよくなって、普通に生活できる日が来ると思っていた。
だから、一年以上も意識が戻らないことが腹立たしくて、
「いいかげんに起きろ!」
と、内心、憤慨していた時期がある。
その後すぐだった。
「意識が戻ったんだって」と聞いたのは。

意識は何となく戻っても、寝たきりの数年が経っていた。
 
その方と一緒に仕事をしていた友人が、
飲み会とか、カメラを構えている姿を撮った写真を何枚か探し出して見せてくれた。
 
 楽しそう。
 すごく楽しそう。
 楽しかったんだね。
 
 よく生きたんだよ。
 
そう、よく生きたのだと思う。

父がこの世からの眠りについた姿を見たときも、
「よく生きたね」と思った。
たぶん、人は、みんな、
最後は「よく生きたね」なのだろう。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


  

トンネルを抜ける

20170719a.jpg


「あ……変わった」と思う朝がある。
今日が、それ。
何かが変わった、という感じを確かに感じる。
今日、わたしは元気になっている。

父が逝って10日。
トンネルを一つ、抜けたみたい。





io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

🌏2年前の今日の日記 <夏の扉
   

  

レイトショー、H列とI列は混んでるって言われたのに、貸し切り霊とショー?

20170601a.jpg

映画「君のまなざし」のチケットをいただいたので、せっかくだからとレイトショーで観ることにした。
チケットカウンターで席を指定してもらうときに、「この辺で」と、座席の前方と後方を分断する通路を前にした列を指さすと、
「あ、その列は混んでるんです」
係のおねえさんが言うではないか。
「え! 混んでるんですか?」
映画館に向かう前から、私と友達の二人貸し切り状態なのではないかと予想していたので、ほっとしたのと驚きで思わず声を上げてしまった。
「今日はH列とI列が混んでいて、あとは空いているんですが」
「えええ!?」
前方後方を分断する通路の前と後ろの列が混んでいる。そう聞いて、すごくほっとしている自分がいた。
怖がっているつもりはなかったのに。
「Lの中央二席はいかがですか?」
勧められたのは、場内ほぼ真ん中の二席。
「じゃあ、そこにします」
指定席券をもらって、開場を待った。

上映10分前の案内とともに、私たち二人は一番に中へ。
混んでると聞いたH列とI列に、どんな人たちが来るのか楽しみでもあった。
「信者さんかなあ♪」なんて調子で、友達が持ち込みしたポップコーンをつまみながら予告作品を観る。
そうこうするうちに、「劇場マナーCM」も「NO MORE 映画泥棒」も終わり、本格的に場内が暗くなって映画が始まった。

混んでるって言ったよね?
H列とI列のお客さんは、どうした?

予感はあった。
貸し切り状態で、場内中央に招かれたのだと思った。
理由はわからん。

作品を観ながら時折、H列とI列を薄目で見てみたり、顔を反らして横目でチラ見してみたり。
「見えないけど、来てるんだよ、きっと」
そう言う友達と同じ思いで、映画のストーリーに入り込んでいった。

「トイレ~」
ポップコーンと一緒に、特大に見えるラージサイズのコーラを持ち込んだ友達が「トイレ」て……。
一人で行くのは嫌だろうしと、一緒に席を立った。
「一人で残るのも嫌でしょ?」
言われてみれば、それもそう。

結局、最後まで二人貸し切りの「君のまなざし」。
ラストのほうは、スピリチュアル的な癒しに持っていかれたようで、ハートのあたりがじわ~んとした。

0時過ぎの上映終了。
出口扉にいた係の人に、
「わたしたちだけだったんですよね?」
と訊いて、
「他のお客さまはもう出られました」
そう言われても嫌なので、訊かずに劇場をあとにした。

帰路の車の中で、
「I列が空いてるからって移らなくてよかったね」
鼻から席を移る気はなかったけれど、作品を観れば、友達の言ってることが納得できるだろう。


io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

🍵6年前の今日の日記 <月替わり、やる気変わり
  8年前の今日の日記 <三年寝て太郎
  11年前の今日の日記 <>気分快晴、お気楽さん
  

縁側のひととき

日向で、ぽよよ~んとしてるのが好き。
今の住まいでは、ベランダが「ぽよよ~んタイム」の場所となっている。
縁側があったら、縁側が「ぽよよ~ん」の場所になっているのかも。

子どもの頃、初めて家族で住んだ一軒家には縁側があった。
冬休みの昼前が一番の日向で、家の掃除の手伝いが終わると、縁側の日向でぽよよ~んとしていた。

カメラを持って友人と小一時間の散策。
5,000歩くらい歩いたかなあ、と思っていたら、5,300歩ちょっと。
冬は、このくらいで足先・指先までぽかぽかになる。
ぽかぽか感に浸りながら、鉢形城址の広々とした公園内の休憩所でぽよよ~ん。
すっぴんで、失礼します。

20170113s.jpg


io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

🐠<土を歩く
🍵4年前の今日の日記 <身体が覚える贅沢
  


  

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム