FC2ブログ

お尻はシャンプー ~銭湯変遷~

会計事務所に決算資料を送ってしまおうと手を付け始めたら、だんだんジミー(地味)な気分に。
4月からの半年分。もうちょっとで終わりそうなところで忍耐力を発揮せずに、昨夜は早めの銭湯へ。

事務所暮らしが始まった頃は、神保町の銭湯しか知らなくて、二駅を地下鉄に乗って通っていた。それが運動代わりに歩いて行くようになり、そのうち神保町より近い半蔵門に銭湯を見つけ、そちらへ移行。
半蔵門の銭湯は、浴場に大きなボトルのシャンプーとボディシャンプーが置いてあって使い放題。タオルと着替えだけを持っていけばいいので、お風呂セットが少なくて済む。
ただ、洗い場が(たしか)7席で、湯船も大きい人なら3人でいっぱいになってしまう収容力。混んでると辛い。
皇居周辺を走るマラソンマンたちには知られている銭湯で、着替えや荷物の預かり所になっているものだから、彼らがいる時間帯は、まるでスポーツジムのバスルーム。いやいや、合宿所のほうが合ってる。
洗い場の空きが出るのを脱衣所で待つ人がいるのに、冷水を浴びては湯船に浸かり、を優雅に繰り返す人がいたり、さほど広くはない脱衣所は部活の更衣室のようだ。

娘さんたちが賑わったあとは髪の毛がたくさん落ちているので、ときどき脱衣所の隅に置いてあるクイックルワイパーで床をお掃除。お掃除好きには、たまりません!
なぜか散らかった洗い桶や椅子を片付けるのも、片付け魔にはちょっとした楽しみではあったのだが、健康趣味のマイペースなバスタイムをお楽しみの他所客と、地元の生活バスタイム者との間には、口に出せない溝があった。
とは、他所客のほうは気づいていまい。

そのうち、さらに神楽坂にも銭湯を見つけ、今は、昔ながらの番台がある“熱海湯”がお気に入り。
木の床や柱はぴかぴかに磨かれていて、とくに床は湯上りの素足でも気にならない。
足拭きマットも清潔そう。
女湯の脱衣所にはときどきお花が活けてある。
「湯」と大きく書かれた暖簾は知る限り2種類あって、よく掛け替えてある。
ということは、暖簾は洗濯してるのでしょうね。
この銭湯の女将さんはキレイ好きでしっかり者なのだろう。
客層も節度があって、やたらなことをする人を見たことがない。
これって、番台があるせい?
最近の銭湯が受付形式で内部の浴場に目が届かず、客の天下になっているのを考えると、番台の効果と思いたくなる。

いつものお風呂セットを持って、今日も熱海湯へ。
シャワーを浴びて、熱い炭湯に浸かり、ぷは~。
陣取った隅っこの洗い場に戻ってシャンプーしようとして気がついた。
シャンプーしかないじゃん!

いつ、ボディシャンプーをお風呂セットから外したのやら。
体は何で洗う?
洗顔パウダーかシャンプーかの選択。
で、シャンプーの勝ち。

体をシャンプーして、顔を洗って、再び熱い炭湯でぷは~。
最後の掛け湯をして、体を拭いてて気がついた。
シャンプーしてないじゃん!

お尻はシャンプーしたのに……。
まあ、今朝、シャンプーしたからいいか。

20071005a



ioWEB

  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム