FC2ブログ

奇数の孤独

先日呼ばれた飲み会の場に、区立中学の先生がいらして、ある生徒さんの話になった。
ユニークな生徒さんで、中学三年生にして彼の九九は「シチシチ シジュウハチ」なのだとか。

「惜しい!」
その場にいた二人が声をあげた。
『近い、けど違う』とわたしは自分の中で呟いていた。
そこから自分の世界であれこれ考えていたのだが、九九の世界は面白いことになっていると気づいた。

九九は、奇数x奇数、奇数x偶数、偶数x偶数の3通りの掛け算の世界だ。
その答えは、クク=81通り。
使われる数字は、奇数と偶数の2種類なのに、答えの数は二つに割れない奇数(81)なのだ。
ということは、奇数になる答えと、偶数になる答えのどちらかが数の上で優勢になっているわけだ。
ここで、奇数と偶数の性質の違いを改めて発見した。

奇数x奇数、これは絶対に偶数にはならない。答えは奇数だ。
同じように、偶数x偶数は絶対に奇数にならない。偶数になる。
ところが、奇数x偶数だと、奇数は偶数に潜むようにして、偶数になってしまうのだ。
こうして九九の世界では、81通りの掛け算のうち、56個の偶数と25個の奇数の答えを導き出す。比率にすると、偶数の答えが約69%、奇数の答えが約31%。
どうしたって偶数のほうが幅を利かせている。

と、九九の世界に入り込んだわたしは、ふと「自分は奇数だな」と思った。
本能的に奇数の気持ちなのだ。
「偶数では、ないな」と。

ちょっぴり奇数の孤独を味わってみたのだが、奇数の孤独はそんなに孤独ではない。
そもそも奇数に孤独は付き物で、むしろ孤独愛好者でもあり、孤独がないと世界を失ったも同然になってしまう。仕方のない孤独を認識しつつ、孤独の世界で羽を広げているのだ。
数のうえで勝る偶数たちの答えの前に、支持率の低い奇数の答えは鳴りを潜めたふりをして、孤独の中で生息し続ける。
でも、奇数は、偶数が九九の世界では絶対に奇数になれないのに対して、偶数との掛け合わせで偶数の答えも出せるのだ。
奇数も悪くないではないか。

と結論づけたところへ、奇数のお客さんがやってきた。
今夜は、奇数飲みです。


io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム