FC2ブログ

芍薬の花に思う「だんだんと」

20190521b.jpg

スーパーで芍薬を見つけて、今、ウチには6本の芍薬がいる。
カリコリ食べたくなる蕾がだんだんと膨らんでくるのを見るのは楽しい。
早く花を見たい気持ちと、「だんだんと」の蕾の時期を楽しんでいたい気持ちと、どちらかというと私は蕾を見ていたいほう。

玄関に置いた芍薬はとうとう花になった。
大輪の花。

20190518b.jpg
 
運動会とか、入学式、卒業式、そういう学校行事でよく飾られている「紙の花」みたい。
……、というか、あの「紙の花」の原型は、芍薬(あるいは牡丹)なのではないか?
今さらだけど、誰が考えついて広まったのか分からないが、あの「紙の花」は大したものだと思う。
 
頭の中が「紙の花」に行ってしまうと、目の前の花の感触のイメージまでカサコソした微かな音がしてくる。
イメージの誤作動を払おうと、そーっと花に触れてみると、ああ、しっとり、柔らかい。
蕾の頃の薄いピンクの余韻が溶け込んだ白は、エレガントで、ただただ優しい。

私は優しい人ではない。
自分が優しくないのは分かっている。
で、優しいってどんな?
どういうことが優しいのか、どうすると優しい人になるのか、優しくない私にはよく分からない。
だから、ときどき、優しいについて考える。
「優しい」が具体的によく分からないけれど、今、咲いている白い芍薬の花に「優しい」を感じる。
どっしりしているのに重たくなくて、柔らかくて、ふんわり美しくて、「愛」を形にしたみたいな。
「愛」なんて言葉を出すと、「愛」は分かるのか?と言われそう。
ただ、私には「愛」のほうが分かる。
自分の中で、「愛」か「愛じゃない」かが分かる程度に。
 
優しいって、優しいって、どんな?
自分の中の問いかけには、早く答えを見つけたいものと、だんだんとじわじわ分かっていくのがいいものとがある。
私にとって「優しい」は、「だんだんと」のほう。
あっさりすぐに分かったら、もったいない気がする。

20190521a.jpg




io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム