FC2ブログ

「喉元過ぎれば」、青空に黄葉

20121110m.jpg <2012>

町の八幡神社さんにお参りしたとき、
合掌した手の先からスッと気が上に抜けるような、
抜き取られるような、不思議な感じがあった。
それから一週間して、心配していたことが丸く収まった。
  
と、6年前に書いてるけど、
何があったのだろう。
憶えていない。
  
その一週間後に御礼参りに行ったら、
境内に一本だけある銀杏が黄葉していた。
周りの木は紅葉も褐葉もしてないのに、
一本だけの銀杏が金色の木になっていた。
それは憶えてる。

ネガティブ族のわりには、
不安だったことや苦労に思ったことを忘れてしまう性質かもしれない。
「喉元過ぎれば」のタイプ。

で、「わー!」て、
つい声が出てしまうような感動したことは、
けっこう、残っている。
そういうタイプ。
    
青空に黄葉。



20121110b.jpg
🌎
十歳ほど上の校正のおねえさんが、お酒の席でうっとりした声で言ったのをたまに思い出す。
「あたしさぁ、死ぬときは、『ああ、あれもしたかった、あんなこともしたかった』って思いながら逝きたいのよねぇ」
そのときは、「後悔しながら逝きたい」と言ってるようで不可解だったが、時が経つにつれだんだん分かる気がする。
この世への愛しさを籠めていたのかと。
・・・<🌞 いとしき日々



20101110sa.jpg
🐟
駅を出ると、何て青い空!
街路樹には何て艶やかな赤い実!
晴天の空と、鮮やかな秋の実の色に、平日温泉のちょっとした罪悪感が払拭される。
「ワインを飲んでる時間を無駄な時間と思うな」とはユダヤの格言。
ゆえに、温泉に来るのも無駄なことではないはず。
・・・<🍃 赤い実、何の実、よき一日





io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


    
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

検索フォーム