FC2ブログ

タマゴのおかげ

あれは、たしか四柱推命だったと思う。
通りがかった原宿ラフォーレで占いフェアらしき催しをやっていて、転職活動中の友だちが「やりたい」と言い出したのだ。
占い師のブースが並ぶフロアに入ると、たまたま空いたテーブルが目に入った。
「一緒に聞いて」と言われて、おばさん占い師の前に二人並んで座った。真剣にあれこれ訊ねる彼女につられて、「じゃあ、私も」と鑑定を受けてみることにした。
「一生、食べるに困らない」
他にもいろいろ言われたはずなのに、憶えているのはそこだけ。かといって、「一生、食べるに困らない」をありがたく思ったわけでもなく、これが「一生、お金に困らない」とか「一生、男に困らない」とかであれば、おそらく占いのあとに興奮しまくったかもしれない。

友だちは、
「一生、食べるに困らないなんていいじゃない!」
そう言ってくれたけど、あたしには面白くも何ともない占いだった。そのわりには憶え続けている。
ということは、案外、言われて悪い気はしていなかったのだろう。
考えてみれば、いくらお金に困らなくても食べられない状況が世の中にはあるかもしれないし、いくら男にちやほやされようと食べられないでは困る。
食は命。生命力の源。
長生きは望んじゃいないが、「食べるに困らない」は「お金に困らない」より強運旺盛に思えるようになった。
「泥水飲んでも生きていく!」
自分の生命力に賭けて会社員を辞めると決めたとき、頭の片隅に「一生、食べるに困らない」の言葉があったのだ。

子どもの頃は、食べるのが苦痛の日課だった。
小学校にあがるまで食が細く、夕飯のときには
「何時間かけて食べてるの!」
と若い母親によく叱れたものだ。
食べ物がうまく喉を通らなくて、オカズで口いっぱいにしたら、もごもごと「ごちそうさま」と言って勘弁してもらう。そのあとはトイレに行って、ペッペッ。何と罰当たりな。
「もう御飯食べなくていい!」なんて言われようものなら密かに万歳していた。
誕生日や雛祭り、クリスマスイヴのようなスペシャル・デイは別として、とにかく食事は、うまく済ませられるかどうかの罰ゲームみたいなもの。時間との闘いでもあったのだ。

そんなわけで、幼稚園時代の朝の定番メニューは卵かけご飯。食べるのが遅くても、喉を通る朝御飯。
ブーフーウーのお弁当箱には、おにぎりとゆで卵。
食の細い子はタマゴで育ちましたとさ。
そうして、食べることに困っていた子は、やがて丼を茶碗代わりにするほどの大食いになり、好き嫌いもほとんどなし。今じゃあ「食べるに困らない」が何となしのよすがになっているそうな。

20070723a
昨日、お裾分けでいただいたキレイな卵は孵化する可能性があるらしい。
試しに1個だけ孵らせてみようかと大事に手に持っていたら、
「育てられないんだから、やめなさい」
と二人の年長者にたしなめられて、すべて冷蔵庫に眠る。

ioWEB
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム