FC2ブログ

ちっさい自分

子供の頃から、おっきかったことがない。
痩せぽっちで、背が小さくて、並ばされると一番前か二番目。
高一になって急に背が伸びた時期があったけれど、公表158センチどまり。
おっきくはないままだ。

ちっさいせいで虐められたりした記憶はない。
ちっさいのを気にしているつもりもないが、「ちっちゃい」と言われると、心の中で「ちっちゃくない!」と反発する。

中身がちっちゃいのは、自分でも程度が分かっているからいいのだ。
身体だよ、身体。
「おっきくはないけど、そんなにちっさくはないよ!」と思ってる。
でも、やっぱり小さいほうなのだろうな。

“町”の北にある山の神社さんでの一枚。
20130317a.jpg
<おっきい画像は こちら

境内に立つ松の木の下で、麓の景色を一望する。
その自分の姿のちっさいこと。

横にあった松の木が、これほど大きいとは気がつかなかった。
松の木の横には、もっと高い木が立っているではないか。

ちっさいなあ、自分。
写真を見て一瞬、肩を落としたよ。
自分がどこに写っているのか分からないくらい、ちっさい。

でも、見ているうちに、自分のちっささが可笑しく思えて。
木がおっきいのだよ。
大き過ぎて、ちっさい自分には分からなかったのだよ。
その自分のちっささが可笑しい。

自分の小ささを可笑しがって見ているうちに、少しほっとしている自分を感じる。
ちっさい自分には見えていない色々な存在に守られている気がしてきた。

景色の中で保護色みたいになっているちっさい自分。
いっぱい、色々な存在に守られているように見えて。

ioWEB> <魚の庭

・1年前の今日の日記 「お陽さまコレクション」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム