FC2ブログ

ゴールはない

20130107a

昨年、ふと思ったのが、
「ゴールはない!」。

たとえば、一つひとつの目標をゴールにすることはできる。
ただ、それらは一つひとつに到達点に過ぎない。
一部のゴールがあっても、一生の過程は続いていく。

会社員でいる人が、定年をゴールのように言うことがある。
けれど、終わらないよ、人生は。
会社員生活の区切りが訪れるだけの話。

三浦友和さん主演の映画『RAILWAYS …』の中で、こんなシーンがあった。
「お前、定年になったら終わると思ってるだろ?
 長いぞ~、その先の人生は」
定年を目前にした富山地方鉄道の運転士が先輩から言われる。
そのとおりだと思う。

会社員を離脱した私には定年はない。
目印にできそうな区切りも今のところ“ない”。
その“ない”ものを、求めていたことに気がついた。
いわゆる、「安泰というゴール」。

たとえば、「老後の生活に必要な額」なんて記事に煽られて、老後の心配に陥る人がいるけれど、不安なんてものはいくらでも膨らむものだ。
住宅ローンは終わってる、子どもの学費はかからない。それでも不安がる人は、どこまで貯蓄に励めば安心するだろう。先の備えは必要だが、じつは求めて止まないのは「安泰というゴール」ではないだろうか。

ゴールはない。
そう言われると、気が遠くなる?
だとしたら、ゴールを求めているのでは?

ゴールはない。
少なくとも、私の世界には、もう「ゴールはない」なのだ。
そのことを潔く受け入れたら、妙に気がラクになった。
“ない”ものは“ない”。

洗濯物が生きてる限り、なくならないのと同じ。
生活している限り、掃除をしなくてはならないのと同じ。
するのをやめれば、汚れ物が溜まる一方、部屋は汚くなるだけ。
生活に澱みをつくることになる。

歩かなければ、足は弱る。
体を動かさなければ、血行は悪くなるし衰える。
動くものは動かし続けないと、機能は低下するだけ。
歩かなくなるのは歩けなくなるときで、体を動かさなくなるのは動けなくなるときだが、それはゴールか?
歩けなくなっても動くことが叶わなくても、生きることは続くのだ。

人にゴールがあるとすれば、人生を終えて逝くとき。
だとしても、霊的な存在としての捉え方をすれば、肉体を離れても存在の続きはあることになる。

どのみち続くなら、続けるしかない。何もかも。
存在しないゴールなど期待すると、自分の中に澱みを生む気がする。
ほんの少しであっても、どこかで留まりたい気持ちを自分の中に存在させていることが、エネルギーに些細な歯止めをかける。それが徐々に澱みをつくるように感じるのだ。
留まることなど考えず、動けば動くほどエネルギーの循環はスムーズになっていく。
そんな実感がある。

内観(心の内を探る)という作業にも、ゴールはない。
やればやるだけ、さらに深く解消したくなる悪感情や思いを観る。
一つひとつ、毒だしをやり続けていくしかない。
ゴールはないから、急いても仕方がない。
でも放置すれば、いつまでもそのままが続く。
どのみち続くなら、解消した続きを体験したい。
だったら、取り組んでしまうが得というもの。

「ゴールはない!」の世界になったら、続けることがラクになった。
「ゴール」という制限がなくなったからかもしれない。

「続く」とか「続ける」が息苦しく感じるようなら、
潔く「ゴールはない、終わりはない」にしちゃうとラクになるかもよ。


ioWEB> <魚の庭



  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム