FC2ブログ

バカ・・・見えない臍の緒を握りしめる人の姿

子供の頃から「バカ」とはよく言われた。
バカなことをやってしまうから、「バカ」と言われるのは仕方がない。

私に「バカ、バカ」言うのは親しかいない。
それは圧倒的に母親だ。
父のほうもたまに「お前はバカだなあ」くらいは言うけれど、言い方はソフトなもので、私のバカを笑ってくれている、そんな感じだった。
それに比べて、母親の言う「バカ」は痛烈で強烈。
怒り心頭に、ときには泣き出しそうに、大いに呆れて「バカ、バカ」言う。

この「バカ」というのは、勉強ができないからとかではない。
「バカは死ななきゃ治らない」のバカのことである。
この言葉も、私は幼稚園くらいのときにはもう知っていて、それは母親が教えてくれたからなのだ。

こうして「バカ、バカ」言われて育ったわけだが、「バカ」が劣等感になっていないところがいいんだかどうなのだか。
つまり、「バカ、バカ」言われても身に沁みてないというか、間に受けてないというか。

ある意味、人はみんなバカだと私は思う。
誰でも、生きてりゃバカなことをする。
みんな、「バカ」を持って生まれてきて、「バカ」をしながら生きてくものじゃないかと。
漠然とそんなふうに子供の頃から思っていた気がするのだ。
だから、「バカバカ」言われても、「バカ」という言葉にめげずに生きてきてしまったのではないだろうか。
まあ、自分の持ってる「バカ」がぼんやりでも分かっている分、バカじゃない部分もあるのだと開き直ってもいる。

ある人がこんなことを言った。
「自分の子に「バカ、バカ」言う親は、子に越されるのを怖れているんだよ」

「え?」と思ったが、「あ!」とも思う。
子を持つ身ではないから、親の実感はわからない。
でも、ちょっとわかる感じもある。

親が子に「バカバカ」言うのは聞こえのよくないことだろうが、母は怖かったのかもしれない。
自分の予想を超えてバカをする娘が。
自分の世界以上のバカを持ち込む娘にびくびくするものがあったのではないだろうか。

こんなことを考えていたら、鼻の奥がツンとしてきた。
親として怖れる感情と、自分から生まれても別物の人生を持つ子に対するライバル心に似た思い。
いや、もっと、子を持たない私には理解できないものがあるかもしれない。
それらのすべてが、自分に向けられた複雑な愛に通じているようで、見えない臍の緒を握りしめている人の姿が浮かんでくる。
「バカバカ」言われたバカには、その姿がいまさら愛しく映ったりして。





ioWEB> <魚の庭

  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム