スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月は辛亥革命

ここのところ、映画(DVD)を観ても途中で健やかに寝てしまって、自分的によほど面白くないと観続けらていられない、もったいない現象が起こっているなか、今週の目玉は『桜田門外ノ変』。
「変に関わると、あとが大変ですよ」という話。(“変”と変をかけてます)
それはわたしの稚拙な解釈で、タイトルのとおり、江戸城桜田門に向かう大老・井伊直弼が、水戸藩の脱藩浪士らに暗殺される事件とその後の浪士たちを描いた作品で、現場はすぐそこ!
歩いて15分くらいかな。夜中の散歩でよく通る桜田門交差点のあたり。
井伊直弼の上屋敷は今は憲政記念館になっている。国会議事堂のすぐそばです。
憲政記念館は何度か昼間の散歩で行ってるけれど、井伊直弼の上屋敷だったとは知らなんだ。

市ヶ谷の地下鉄駅構内には江戸の藩邸マップが描かれているフロアがある。
昨日、出かけた帰りに通りかかり、そのマップでも確認。譜代大名筆頭だけあって、他の藩邸の比じゃなく敷地がでかい。

九段にいると、江戸城・皇居周辺で起こった史実を現場と一致させて知ることができるのが面白い。
中学・高校も皇居の近く一ツ橋にあったのだから、歴史的な事柄や史実のストーリーにもっと興味を持っていればよかった。
まあ、あの頃は部活に夢中で、それはそれで自分の道筋に大事だったのだから仕方ない。
十代の頃に取りこぼしてしまったことを、オトナになってから映画をきっかけに史実を確認する。
でも、“勉強として”歴史を知るより、映画から史実に近づいていくほうがストーリーが繋がり易い。だからようやく歴史の面白みが感じられるようになってきたのだ。

世界史や戦争についても同じく。何本か観た映画がきっかけで、断片を調べていくうちに繋がっていくことは多い。というか、そればっかりみたいな……。
高校で世界史を選択してたけど、知識なんてな~んにも残してないからね。
ほんとに、ほんっとに、馬鹿。

さて、ジャッキー・チェンが出演映画100作になったそうです。
99作目が『新少林寺』。
100作目が『1911』。
面白いのが、どちらも中国の辛亥革命にちなんでいる点。

今、楽しみにレンタル開始を待っているのが『孫文の義士団』。
こちらは、辛亥革命前夜の香港を舞台にした作品。
孫文の参謀・黄興(こう こう)をジャッキー・チェン主演で、辛亥革命を描いた(と思われる)作品が『1911』。
そして辛亥革命ののち、少林寺では何が起きたか?が『新少林寺』。

と、いうことで、11月は辛亥革命。
ジャッキーのカンフーが見られるという点では『新少林寺』が一番楽しみだけど、順番としては、『…義士団』、『1911』、『新少林寺』といきたいところ。

でもやっぱり『新少林寺』が一番惹かれるなあ。
歴史よりカンフーが上。

ioWEB

・3年前の今日の日記 「いただきもので生きてます」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。