FC2ブログ

変われば変わるもので

会社員の頃、一生着ることはないだろうと思っていた色がピンク。
ソフトで甘い色が似合わなかったのだ。
着るのはスーツか、シンプルな形のワンピース。
ふわふわゆらゆらしたシルエットの服も似合わなかった。

それがどうしたことか、今はスーツがあまり似合うとは思えない。
カチッとしたスタイルがしっくりこないのだ。
スーツ姿でなければならない機会もないのでよいけれど、変われば変わるものだ。
ふわゆらのソフトなシルエットのものが好きになり、着る色の幅が広がった。
ピンクだって抵抗なく好んで着てしまう。

会社員の頃は、ぬいぐるみや人形の類は一切、部屋に置かなかった。
掃除魔としては、ああいうものは埃を吸うので嫌だったのだ。
たまにプレゼントにいただいたものは、ビニールの袋に入れたまま押入れの中。
整理魔でもあるから要らない物が溜まっていくのがまた嫌で、引き取ってくれそうな人に半ば押し付けるみたいにもらってもらう。
おっきいキティちゃんは誰のところに行ったんだっけか?

それがどうしたことか、ある日やって来た一匹のクマちゃんが次々に仲間を呼んで今は15匹。すっかりクマちゃん好きになってしまった。
ほとんどのクマちゃんがいただきもの。
自分でクマちゃんを集めようという気はない。
気はないけど、ポツポツといろんなクマちゃんがやって来る。

以前は、ぬいぐるみは“物”でしかなかった。
可愛くなくはない。けれど、それらは“物”。
だからビニールの袋に入れたまま、暗い押入れに仕舞い込んでおけたのだ。
今思うと、かわいそうな扱いをしたように感じる。
人間、変われば変わるものだ。
あのおっきキティちゃんはどうしてるだろ?

不思議なものでクマちゃん好きになってからというもの、たまにクマちゃんを置いているお店や売り場に行くと、目が合う。
たくさんの中から一匹だけ、強烈に目が合って引き寄せられる。
ビビビッ!と来るのだ。
そうなると困ったもので、置いていけなくなる。その子を。

昨夕、銀座を歩いていたら、クマちゃんワールドなお店の前を通りかかった。
ウィンドーの中でクマちゃんたちがミシンをかけたりお裁縫しているお店、Cuddly Brown(カドリーブラウン)。

20110805b.jpg

考える間もなく足はふらふらとお店の中へ。
いっぱい可愛いクマちゃんがいましたよ。
でも、強烈に目が合う子はいなくて、ちょっとホッとした。
一階のフロアをひと通り見てそのまま店を出ようと思ったが、足がふらふらと二階のフロアへ続く階段へ。
二階も可愛いクマちゃんがいっぱい。
それでも強烈に目が合う子はいなくてホッとしかかったそのとき、目の前に、ウサさん。
青い目のウサさん。
「ダメダメ。行こう、行こう」
ペットショップで動物に魅入られた客のような必死の抵抗。
その場をあとに階段へ向かおうとするも、
「ほんとにいいの?」
ふらふらと足まかせに店内を歩くわたしに付いてきていた友達が後ろで言う。
振り返ると、青い目のウサさんが、遠くなってもこっちを見てる。
で、ウサさんの前へすごすごと戻って見合ってしまう。
「やっぱりダメだよ~」
「え~、ほんとにいいの~?」
ペットと違って餌がかかるわけではないけれど、ここのところ無駄な物は買わない体制でいるのだ。
なのに、なのに、手に持ってるじゃないか!

連れて帰ってきました。
自分で買おうとしたら、友達がプレゼントしてくれました。
ありがとう、友達さん。

20110805a
おとなしい子です。

自分の点数、85点。
何で?



ioWEB

・1年前の今日の日記 「思い立つままに」

  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム