FC2ブログ

自分の点数

自分に点数をつけると何点だろう?

先日、ふとくだらないことを思った。
くだらないことというのは唐突に頭に浮かぶものだ。

くだらないとは、真面目に取り合うだけの価値がないこと。
そもそも自分に点数をつけたところで、何の意味があるだろう。
だいいち点数の根拠なんてどこにあるのか。
ところが、ふと数字が頭に浮かんだ。
30点。
ふと浮かんでしまうものは、しょうがない。

30点といえば、忘れもしない、中学に入って最初の中間試験の数学が30点だった。
憶えている限り、試験でとった点数の自己記録最低点である。

これには理由があって、試験が始まってすぐに、急に、行きたくなってしまったのだ。
数秒前までは何も意識せずに済んでいた膀胱から不意打ちを食らわすトイレ信号が出始めた。
そこで躊躇せずに「先生、トイレいいですか?」とでも言えばよかったものを、とりあえず我慢するほうを選んでしまった。
だっておかしいじゃない。休憩時間が終わったばかりで「先生、トイレ!」だなんて。
とにかく、相当やばくなったら言えばいいや、と気を取り直し試験問題に向かった。

はじめのうちは、問題を解いていると信号を感じなくなっている間(ま)がある。だが、信号を意識してないと気づいた途端に、トイレ信号は前より増して警笛を大きく送ってくるようになる。
トイレ! トイレ! トイレ!
やばくなったら言えばいいや、は甘かった。
緊迫度が増すにつれ言い難くなるばかり。時間との忍耐戦にもつれ込んでしまった。

終了のチャイムが鳴ったら、解答用紙を前の子に渡して自分の席を立つ。そうしたら教室の扉を開けて廊下に出る。それからそれから、静々とトイレに向かって……。
腕時計をチラチラ見つつ、トイレに行く自分を何度もシミューレーションする。
試験の答えは一応すべて書き込んだものの、頭の中は無事にトイレに辿り着くことでどんどん占領されていく。
答えを見直す時間はあっても余裕はない。
トイレに行くことしか考えられなーい。

返ってきた試験は30点。
トイレを我慢すると、こんな点数になるのか!
ショックより驚きのほうが大きかった。
親に見せるにはかなり勇気が要ったけれど、忍耐戦で間に合ったことのほうが自分には大事。
それと、この点数以降、60点台・70点台に免疫がついて平気になった。
できるときにはできるが、できないときもあるのさと。

ふと自分につけた30点。
試験の最低記録に並ぶ点数。
これに意味があるのかないのか、くだらないことを分析してもくだらない。
そうか、30点か。
30点の感じはするなあ。
30点だよなあ、自分。
そんなふうに独りぼんやり思っているところへ、よく知るライター氏が現れた。

「自分に点数をつけてみたら、30点と出ました」
唐突に報告すると、
「それは低い。僕が点数をつけ直してあげましょう」
ときた。
「では、お願いします」
「うーん、78点」
「お!それはすごい!」

もうちょっとで80点というところがミソなのだそうだ。
なかなかよい点をつけてくれたお返しに、ライター氏にも点数をつけてあげることにした。
「うーん」
と頭に浮かんだ数字で「83点」。
「おぉ!」
ライター氏もご満悦の様子。

それ以来、ときどき今日の自分に点数をつけるのが“独りでブーム”になっている。
うーん、今日の自分は……、と。
ブログを書く前は64点だったのが、今は73点。
ほんのお遊びではあるけれど、100点の日も来るのだろうか。


ioWEB


   
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム