FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大家さんの枇杷

20110605a_2018060614352027a.jpg

あまりに夢がリアルだと、その夢を見たのを憶えていないことがある。
たとえば、初めて行った場所なのに、「ここ、見たことがある……」というとき。
「ああ、夢の中で見た場所だ」
そう思い出したときに、夢で見たことを思い出す。夢の記憶を思い出すまでは、その夢は埋没していて見たことすら憶えていない。

ある日、外から帰ってきて事務所のドアまであと数歩というところで思い出した。
見慣れたドアの横に枇杷の鉢植えが置いてある。ビルのオーナーである大家さんのものだ。
その鉢植えとドアの間には、人が一人余裕で座り込めるスペースがあるのだが、そこに妙なおじいさんが胡坐をかいて寛いでいる光景を見た。
見たのは夢の中のこと。

ほろ酔いなのか少し赤ら顔で、楽しげに座っている小太りのおじいさん。
一瞬、「まさか貧乏神じゃないよね?」と思って、見て見ぬ振りをしながらどうしたものかと考えた。
で、何となく、追い払ってはいけない気がしたのだ。
たとえ貧乏神だとしても「触らぬ神に祟りなし」と言うし。

数日前に見た夢を急に思い出して、ちょうどその日に事務所にいたOさんに話した。
Oさんは、この事務所のもともとの借主である。

「それ、元の大家さんだ」
今の大家さんの亡くなったご主人で、私は会ったことがない。
いつもちょっと一杯呑んだみたいな赤ら顔をしていて、小太りだけど小柄な人だったとOさんが話してくれた。
「そうそう!」
それと、工務店の人みたいな上下の作業着をよく着ていたと。
「そう、そうそう!」

亡くなった元の大家さんは、O氏が事務所を下見に来たときに、他にも不動産屋さんが事務所を見せに何人かを連れてきていたにもかかわらず、
「あんたに貸したい、あんたに決めた」
そう言って家に電話をくれたのだそうだ。
大家さんの貸したいとまで言ってくれる勢いに、O氏はこの事務所を借りることに決めたのだった。

築何年になる建物なのか。
エアコンは古いし、今ふうな洒落たビルではないが、この事務所には大家さんなりの拘りが随所にある。
仕事仲間からは“秘密基地”と呼ばれている地下室のある事務所などなかなかないだろう。
今は物置に使っている階段下のスペースは、ハリー・ポッターが閉じ込められていた小部屋にも似ている。

もと大家さんを貧乏神と間違えて追い払ったりしなかったのは正解であった。
貧乏神であったとしても、一応、神さまであれば、感じ悪いことはしないほうがよさそうと思ったのが幸い。

今の大家さんに訊ねてみたことはないが、入り口の横に置いてある枇杷の鉢植えは、元大家さんの遺品ではないかと思う。
その枇杷の木が実をつけるのは、毎年のことではない。
一つ二つ成る年はあったけど、今年はいったいどうしたの?ってくらい実をつけている。
元大家さん、豊作ですよ!

輝いてさえ見えるではないか!

20110605b.jpg


ioWEB

・4年前の今日の日記 「リオな生活」

  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。