FC2ブログ

オトナ・ライヴ

 ♪シンプルラヴ  ♪~考え過ぎね あ な た

そう、考え過ぎはよくない。

 ♪心の向くまま~ 

がいいです。

この曲を何気なく耳が憶えた頃は、そんなことは考えもしていなかったけど、今なら「うんうん」と思えるのはオトナになったから。

テレビの中で歌っていた大橋純子さんは、歌手というより「シンガー」と呼ぶのが相応しい雰囲気で、歌いっぷりといい、パンツルックの衣装といい、遥かオトナのイメージだった。
頭蓋骨をなだらかに覆う、まとまりのよい超ショートヘア。
髪を切ると単なる短髪にしかならなかった私には、不思議でもあり、追いつけないオトナ・スタイルを感じたものだ。

昨夜は、おッ洒落なライヴ・レストランSTB139で、生『シンプルラヴ』を聴いてきました。
大橋純子ファンとして、ご本人とも顔見知りのクマケンさんには、7月に出たアルバム『Terra』の予習教材まで用意していただき、軽く手を伸ばせばそこはステージというテーブル席で味わうライヴはオトナ気分の快感。

純子さんの超ショートヘアは、かき混ぜ風アレンジになっていたけれど、声も姿も『シンプルラブ』や『シルエットロマンス』がヒットした頃と変わって見えないのは、歌う女神のマジックだろうか。

ライブが始まってすぐにツラツラと涙が流れ出てきたのは、単純に女神の歌声に感応したせいでしょう。こういうことがときどきある。

ライヴのあとは、クマケンさんにくっついて楽屋にお邪魔。予習用のCDをちゃんと持参してサインをいただく。
20070811a

ふふん、“イオちんへ”って、すごく親しげだわ。
「“イオちん”でお願いします」とリクエストしたからなのだけれど。
客の立場を乱用した「心のまま」の要求に、純子さんは嫌な顔もせず応じてくださいました。

今日はこれから、東京湾の花火が見える所までピクニック。
グーグルマップと穴場情報によれば、人ごみを避けて花火見物ができるはずなのだが、どうなることやら。

ioWEB
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム