FC2ブログ

抜け殻

カーナビが直線を示していた。
約40分で鹿島神宮へ到着の予定。
千葉の犬吠崎から曇り空の水平線を眺めながら、地元の大型スーパーで買い込んだ特上握り寿司やら鳥の唐揚げやらを昼に平らげ、1時間ほど経った頃だ。

「そろそろ眠くなる時間かも」

言われてみれば、そう。
長閑で平坦な国道の景色は、窓を開け放つ車内の空気までも弛ませる。
それでも東京へ帰る道すがら鹿島神宮に寄ることになり、神社好きのわたしは眠気のことなどすっかり忘れていた。それを運転している友達の一言が思い出させた。

「いや、ぜんぜん眠くない!」

ドライバーの眠気と、自分が眠気に襲われる不安を吹き飛ばすように声を張り上げた。
と、助手席のシートに張り付いている髪の毛が2本、目に付く。窓から吹く風に髪を掻き混ぜられていたせいだろう。左太腿の脇に落ちた自分の髪の毛を指で摘み取った。その瞬間、車は右折に入り、身体がドライバー側に大きく傾いた。
カーナビはさっきと同じくひたすら直線コースを指示している。
国道沿いに走るところを、どうして右折してまた国道沿いにいるのか? 
ぼんやりおかしい。

「ずっと真っ直ぐだったよね?」
訊けば、眠くなるとマズイので、一旦、横道に反れたのだそうだ。
ふ~ん。
ぼんやりおかしい。
車が横道に反れた憶えがないのだ。

目が覚めるのは、眠っていた証し。
眠らなければ目は覚めない。
目が覚めた憶えがないのは、起きていた証し。

のはずだが、何かおかしい。
「眠くない!」と言って、シートに髪の毛を見つけて拾って……。
その間の繋ぎ目はスムーズなのに、隙間をうまいこと平坦に塗られている感覚なのだ。
乾き切っていないコンクリート。
触れなければ何でもなく思える、でも「まさか?」な繋ぎ目が微かに気になって恐る恐る訊ねてみる。
「わたし、寝てないよね?」
ドライバーの友人が言うには、「すごい技を使っていた」そうだ。

あまりに静かな気配にふと隣を見た友人が目にしたのは、目を開いたまま表情が消え失せた顔。
その目の焦点が合っていなかったので、寝てると分かったそうだ。

目を開けたまま寝る人の話は聞いたことはあるが、自分にそんな技が使えるとは!

「起こしてくれればよかったのに」
そう言うと、友人は無理に起こすと魂がうまく戻って来ない気がしたのだと。

寝ているときは魂が神さまのところに行っている。
そんな話を聞いたことがある。
爆睡型のわたしは、神さまのところに入り浸っているんじゃないかと思ったりもする。
もしかしたら、目が覚めた意識すらなく眠ったわたしの魂は、身体を置いてきぼりに鹿島の神さまのところへ先に行ってしまったのだろうか。

抜け殻に魂が戻り、その後10分ほどで到着した鹿島神宮は古い森の佇まい。
神さまはお留守のようで、森そのものが仮眠状態にあるようだった。
20110523(20110505)a.jpg


メリメリっと天上に向かって伸びたかのような杉の木は、なかなかの迫力。
20110523(20110505)b.jpg


お参りを終えて、神さまのお遣いの鹿さんたちのところへ行ってみると、やたら目が合うのが1頭。
さっき会ったみたいな……。
抜け殻になったときに、この子に会ったのだろうか。

20110523(20110505)c.jpg


それにしても、同乗者には唐突に抜け殻になってほしくないものである。
抜け殻になったのが自分でよかった。
鹿島の森をあとに東京へ向かう車中、身勝手なことを思いながらイクラ色の美味しそうな夕陽に目を奪われていると、
「いる?」
ドライバーから声がかかった。
抜け殻はけっこう怖かったらしい。
眠るなら目は閉じて。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

🌏2年前の今日の日記 <生姜紅茶太り
  3年前の今日の日記 <褒め殺し技は似合わない


  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム