FC2ブログ

初めての願いごと

5月16日は、わたしにとって特別な日である。
何しろ、生まれて初めての願いごとが届けられたのが5月の16日だったのだ。

生まれて初めての願いごと。
記憶にある限り、それは“妹”。

なぜだか、どういう理由だか、幼稚園にあがった頃からだったか「妹、妹」と思っていた。
「何が欲しい?」
親に訊かれると決まって「妹」と答える。
そのことは以前に「サンタの仕業」に書いたことがある。

考えてみれば、その頃には、誰に教わったというのでもなく、わたしには“あたしの神さま”があったのだ。
宗教に関係なく、姿形はとくにないのだけれど、存在だけがイメージで感じられる神さま。
クリスマスの時期になると、サンタクロースとごちゃ混ぜになったりもする。
そんな神さまに初めてした願いごと。
「妹が早く来ますように」

オトナになってからときどき思うことがある。
もしかしたら、妹とは生まれる前に会う約束をしていて、それで「早く、早く」と会える日を待ち望んでいただけなのかもしれないと。
そうであったとしても、妹は、生まれて初めての神さまへの願いごとであり、神さまからのおっきなプレゼントなのである。
そのプレゼントを果たして大事にしただろうか……。

ちなみに、わたしと妹の誕生日には妙な因果関係があるように思える。
16年前の出来事だが、わたしの誕生日に地下鉄サリン事件が起こった。
そして、事件の首謀者・麻原彰晃が逮捕されたのが5月16日、妹の誕生日なのだ。
あの事件以来、生まれた日が姉と妹の在りようを象徴している気がしてならない。

両親にとっては、何をやらかすかドキドキさせる娘一人より、安心して見ていられる娘がいて救いになったことだろう。
それは、わたしにとってもありがたい存在なのである。
そのわりには、大事に仕方が足りなかったような……。

なので、「ごめんね、ごめんね」と心の中で謝ってみる。
まだよちよち歩きの頃に、後ろから突き飛ばしたのは憶えてるかなあ。
ごめんね、ごめんね。
なんてね。

でも、あの日、学校から帰って来た家の前で、病院から走って来たおばあちゃんから「女の子だよ、妹だよ」と聞いたときは、ホントに嬉しかった。
「やっぱり妹だった」
神さまが約束を果たしてくれた満足感でいっぱいの日でもあったのだ。

20110516a

ioWEB

・2年前の今日の日記 「生姜紅茶」
・3年前の今日の日記 「ブレンド・クラブ <Vol.1>」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム