FC2ブログ

ブリキ女の感謝

自分は感謝の足りない人間だと思っている。
親からも「感謝が足りない」「感謝することを知らない」などとよく言われた。
そう言われても、きょとんとするばかり。
何しろ感謝が足りていなくて、感謝がよく分からないのだから、どんなふうに不足を埋めて分かればいいのかなんて分かるはずがない。
これって、『オズの魔法使い』に出てくるブリキ男に通じているかもしれない。

感謝足らずの心で、足りないことを悩むでもなく反省するでもなく生きてきて、あるとき、ものすごい感謝を感じている自分を体験した。
7年前の12月。歩いていても何をしていても、自分の内からじわんじわん溢れてくる不思議な感覚。
それが感謝なのか?と問われると説明の仕様がない。ただ、その不思議な体感に浸るに「ああ、(これが)感謝か」と思っただけのこと。
頭や言葉でするのとは違う。
しようと思ってするのとも違う。
わたしには前代未聞の感謝だった。

歩道を行く人の流れの中で、自分が存在していることへの感謝。
誰もかれもがこの世界の一部を担って、大きな一つの世界で繋がっていることへの感謝。
冷たい風にも、葉の落ちた街路樹にも、空にも雲にも感謝。
いつも近くにいてくれる人への感謝。
縁が薄れた友人も、大嫌いだった上司も、わたしの人生に係わってくれた感謝。
父への、母への、妹への感謝。
逝ってしまった祖父母への感謝。
目に見えない存在たちにも感謝。
そして、自分が生きてきた人生に、わたしが感じる神さまに感謝。

感謝をよく知っている人からすれば感謝違いかもしれず、もっと未知の感謝があるかもしれず、それでも今までの人生においては後にも先にも、えも言われぬ感謝の体感。
目に映るもの感じとれるもの、すべてに“感謝のオンパレード”な感覚は年の瀬に向かってしばらく続き、年が明けるといつのまにか薄れていた。

感謝。
10年ほど前に比べると、日常にやけに頻繁に使われるようになった気がする。
口にする感謝。文字にする感謝。
感謝を覚える人が増えたからなのかもしれない。が、そう思いたい反面、流行みたいに、幸せになるための呪文代わりに発せられているようにも感じてきた。
「感謝、感謝」
「感謝が大事!」
感謝のPR大使のように言っていた人が、わたしをコントロール下に治めておけない事態になった途端、
「いつも感謝してきたのに!」
と怒鳴り散らしたことがあった。
『感謝してくれとも思ってないし、感謝されてるとも思ってなかったよ』
心の小さな呟きとともに、その人へのいくばくかの感謝は萎んでいった。
そんなこともあって、わたしは“感謝”という言葉に悪くも敏感になり、厳しくもなり、自分がその言葉を使うときに躊躇するようになったのだ。

形式的な「感謝申しあげます」は平気で使える。
あれは、感謝の心があってもなくても、形式として捉えてもらえるから気がラクだ。
でも、日常の場面では、自分が臭く感じている“感謝”を使うと、自分も臭みに嵌る。
それもあったし、どれほどの感謝なのかを自分で計っては、言葉を引っ込めることがしばしば。
それが最近、もう少し以前からか、薄々くだらない抵抗だなと思い始めた。
で、もういっそのこと、拘るのは終わりにしようと思う。
深くても浅くても、感謝は感謝でいい。
言葉面(ことばづら)でも、心からでも、人間皆、五十歩百歩な気もしないではない。

20110320c

地震から1週間が過ぎた連休中、自分の中の様々な思いや感情を洗い出そうと奮闘している。
まだまだ洗い出し切れてはいないけれど、もやっとする抵抗感の一部をを吐き出して「感謝」と言ってみたくなった。

手作りおいなりさんを作って届けてくれたお嬢に感謝。
中の酢飯は微妙に3種類だと聞いたけど、微妙過ぎて違いが分からなかった。
でも、ただただ美味しかった。
20110320a

お金がないのに苺が安かったと2パックも買ってきてくれた仕事仲間に感謝。

ロールケーキにも感謝。

こんなときでも、誕生日はめでたい!とメッセージをくれた友人に感謝。

感謝できることに感謝。

いただきものと、いただいた人生に感謝である。

ioWEB

・1年前の今日の日記 「ランボーなスイーツ」
・2年前の今日の日記 「破壊者誕生」
・4年前の今日の日記 「桜偵察 」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム