FC2ブログ

    それぞれの価値観で行なう日々、祈りの光

    事務所の周辺は、昼どきですら気味が悪いほど静か。
    会社や事務所、飲食店が多い地域なのに歩いている人は少なく、さらに、おしゃべりや談笑する人を見かけない。
    不用意なことは口にしたくない。
    そんな気持ちが働いているのかもしれない。
    自分の中にもそれはある。

    スーパーの棚は、未だ殺風景。
    都心の大型店ですら、食料品もペーパー類も棚はほぼ空っぽ。

    スポーツカーや明らかに自宅使用と思しき車が、続々とセルフのガソリンスタンドにやって来ては給油していく。
    ホントに今、必要なの?

    “物が不足し始めているから買いに走る”という動きを、自覚のない衝動的パニックと蔑む気持ちで見ていた。
    でも、時間が経つにつれ思ったよ。
    パッと見では窺い知れない事情がそれぞれあって、心情もそれぞれで、家族と家庭を守るために思いついたことだったのだろうと。
    もしかしたら今後の状況によっては、周りに分け与えることだってあり得るのだ。
    全体の予測ができた人はその時点で控えただろうし、予測に考えが及ばなかった人も、自分の行為の影響が理解できれば考えられるのだと信じる。

    「ウエシマ作戦」も拡大中
    「どうぞどうぞ」と物資を譲り合う



    銀行に行ったついでに、久しぶりに靖国さんへ向かった。
    吹き飛ばされそうになる強い風は、地上を浄化する風なのか?
    人影の少ない境内を歩きながら、ここ数日に自分の中に湧き起こった批判的な思いを飛ばしてしまおうと風に身を任せる。

    靖国本殿の裏にある神池に行くと、細波が立つ水面に傾きかけた陽の光がきらきら飛んで見えた。
    点々とした煌きは風に掻き集められ、水の上に光の群れをつくった。
    それは、あちこちの祈りの光が集まっていく光景にも見えた。

    20110316a_2021031610141406f.jpg


    祈りなんて無力と思う人もたくさんいるだろう。
    自分だって半信半疑と言えなくもない。
    でも、見えない世界のパワーを実感し、体感したことのある自分は、微力でも祈りの愛と光を送ってみようと思う。
    心が自然に向かうように、祈りに気持ちが向かうから。

    祈り祈るも、それぞれの価値観の一つ。
    思いつくささやかなことでも、何か、皆と一緒になってしたいと、させてくださいと、私の神さまに願いながら。

    神池の光景は、「それでいいんだよ」のメッセージに感じられて、胸が熱くなった。


    20110316b.jpg


    東京は冷え込んできたけど、被災地は比較にならないほど寒いでしょう。
    どうか、今夜も頑張って無事に越えられますように、祈ります。



    ioWEB



      

    トラックバック


    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    03 | 2021/04 | 05
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    月別アーカイブ

    検索フォーム