FC2ブログ

トモくん便り

節分の翌日、「メル友になってください」というメールがあった。
送ってきたのは、トモくん。
半妖仲間の“お嬢”の弟さんである。
トモくんには、お嬢の田舎にお邪魔したときに会っているのだが、彼はものすごく恥ずかしがり屋さんで、目が合うと「ひゃ~っ」って感じになって隠れてしまう。
だから、面と向かってのお話はしていない。
できなかったのだ。
それが、わたしのことは憶えていたようで、おかんさまの携帯からメールのアドレスを見つけたのだそうだ。

トモくんがどういう人かを例えるなら、山に住むフォレスト・ガンプ。
あるいはボリウッド映画『My Name is Khan(マイネーム・イズ・ハーン)』の主人公 シャー・ルク・カーン(ハーン)。
大きい括りで言うと自閉症ということなのだそうだ。

去年の年末に、一緒に住んでいたおばあちゃんが亡くなって、一番寂しいのはトモくんだったかもしれない。
最初のメールがあったのは、おばあちゃんの四十九日を迎えるちょっと前のことだった。
そんなこともあって、突然のリクエストに応え、トモくんとのメル友関係が始まった。

最初の数日の間は、朝のマイiPhoneには、トモくんからの十何通ものメッセージが溜まっていた。
昼間も夕方も、返事をしないと同じメッセージがいくつも入る。
そんなこともあるのではないかと覚悟はしていたけれど、正直、「またかい……」と思うことは度々あった。
それで、仕事をしているときや、人と会っているときなど、返信の相手ができないときは、その旨、正直に伝えることにした。
「しばらく返事ができません。ごめんなさい。」
「これからしばらく仕事しますよ。ごめんなさいね。」
すると、
「了解です。」
一応、あっさり、了解してくれる。
変に傷ついたりしないでくれるのが有難い。

まだまだ付き合いが浅いので、私が理解していないところは色々あるのだろうが、一つ確かに感じるのは「素直な感情」。
それは、喜んだり嬉しかったりのハッピーな感情であったり、夜明けに地震があって怖くて落ち着かない気持ちであったりするのだが、何だかちょっと、最近の自分に欠けかかっているもののような気がする。

で、今朝の話題は、蕗の薹(ふきのとう)。
「蕗の薹が咲いていますよ、春が、きましたよ」
おかんさまが畑で見つけて、トモくん経由で送られてきた蕗の薹は、やさしいグリーンが春の色。

20110226a 20110226b

私は東京の子なので、子どもの頃は下町のコンクリートの道路が遊び場だったものだから、自然は好きだけど実際の自然には疎い。
スーパーで“ふきのとう”とラベルが貼ってあれば、「これが蕗の薹か」と分かるが、自然に生えている蕗の薹は見つける自信はない。下手すれば知らずに踏み潰してしまう可能性も大いにある。
知らなくて困りはしない。が、知る機会は逃したくない。
だから送られてきたメールの写真を見て、ネットで検索して、学ばせてもらうネタにする。

ちなみに フキ

ちゃんと知らないことが多いからね。
勉強になります。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム