昼間の悪気

昼の1時を過ぎるとヤ●ルトさんがやって来る。

 ピンポーン!

かれこれ2年くらい前になるだろうか。
「ご近所なので、ご挨拶に伺いました。
 明日から寄らせていただいてよろしいでしょうか?」
このご挨拶の意味がよく分からなくて、「ああ、はい」と返事をしてしまってから、ヤ●ルトレディさんがお休みでない限り立ち寄ってくださる。

レディさんは見るからにいい方っぽい。
「今日はいいです」と断っても悪い顔一つしない。
でも、こっちが悪いと思うから、つい買ってしまう。
ジョ●とか、黒酢ドリンクとか、他不満(←変換したらこうなった)とか。
だけど、ときどき顔を出すのも負担。
思考を中断されると、思わず口を突いて出る。

 うるさいよ。

もちろん素のままレディさんに当たったりはしない。
レディさんが悪いわけじゃなし、こっちも悪気があるわけじゃない。

レディさんが去ると、次は、トントン!トントン!
ピンポン!がついてるのに、鳴らさずにドアのガラスを叩いてる。
宅急便のお兄さんが請求書を持ってきた。

暫くすると、今度は凶暴なヤツがやって来た。
ガチャ! ガチャガチャ、ガンガンガン!

鍵、閉まってるっつうの。
いきなりバーンっとドアを開けて飛び込んで来る人がいるから。
キョロキョロ見回して
「あれ、間違えた……」
と腑に落ちない様子で出て行く訪問者が度々あった。
こちとら、びっくりしちゃった落とし前はどうしてくれんの!と思うよ。

強引にドアを開けようとしていたのは、紙のリサイクル回収屋さん。
出てみると、ぜんぜん悪気がないのが分かる。
イラついてたわけでもなく、フツーにドアを開けようとしただけらしい。
「どうも! また、よろしくお願いしまーす」
フツーに感じよく出て行った。

こういうときに、セールスの電話があったりすると、なお最悪。

 いらないよ。

そろそろ夕方にさしかかる時間帯。ようやく落ち着いてきたみたい。
心の呟き「うるさいよ」も治まってきた。
はぁ。

さて、日曜の朝に届いたいただきもの、『野口さんの味来コーン』↓。
20070703a

パールイエローの粒々がとても美しいトウモロコシ。
皮を剥いてそのまま生でかぶりつく。
トウモロコシがこんなに甘いなんて!
夏の味、堪能しました。

ioWEB
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム