FC2ブログ

マーライオンたちよ

手作りベーコンに床上3センチは舞い上がっていたであろういおろさんは、さっそく200gほどのベーコンをあっさりカリリンと焼きあげ、白いご飯3杯を平らげ上機嫌であった。
理系出身のライター編集者2名が、定性的と定量的の違いについて話しているのをワインの肴に、週末らしい夕べを迎える土曜の夜。

定性的と定量的の違いが分からない?
定性的というのは、物事の状態のある部分的性質を取り上げて論じること。
定量的とは、根拠のある具体的な数値化により物事の状態を論じること。
で、数値を持ち出すと定性的な話も定量的に聞こえて、数値じたいにデータも根拠もないのに定量的な話のように聞かせて人々を鵜呑みにさせてしまう輩もいれば、数値で示されただけで理論的で根拠のある話と受け入れてしまう人々もいる、という話題であった。

“定量的”の前で、“床上3センチ浮上”などとはとても言えない。計ってないし、単に気分的な数値だし、思いつきだし。表現とは詐欺師みたいなものかとも思う。
が、とりあえず文系に属する言葉の詐欺師が決して非理論的なわけではない。理数系の素養はあるのだ。自慢じゃないが、小学校から中学までは算数・数学が得意であったし、高校では物理で点数が稼げていたし、統計学なんて1日詰め込みにヤマが当たって100点満点の筆記が97点も取れてしまったのだ。
そこで、「たとえば偏差値には運の強さ・弱さが示されない」とか、「定量的な確立の数値があっても、受験などの合否の結果率は所詮フィフティ・フィフティだ」とか、自論の突っ込みを入れて呆れさせてやった。

気がつけばワインがボトル4本、空いていた。
そこへご近所にいる作家の東郷さんが現れ、話題はさらに尽きず、ニッカの角瓶も空になっていた。和やかな宴が続く深夜、トイレに立った一名が40分近く出てこない。

観光名所の「世界三大がっかり」に挙げられるのが、
・シンガポールのマーライオン
・コペンハーゲンの人魚姫の像
・ブリュッセルの小便小僧
である。
これらのうち“ブリュッセルの小便小僧”は実際に見た。コペンハーゲンは行ってないので人魚姫は見たことはない。シンガポールも未踏の地だが、マーラインオンはどこにでもいる。
喜びが溢れ出てしまうように、止めようのない非常事態は起こるものだ。

夜中の汗だくトイレ掃除、1時間。
年末より念入りに掃除ができた。
出してさっぱりしたなら、いいことにしよう。

マーライオンが1頭、ソファで高らかに快眠状態にある横で、東郷さんと二人、ビールで和やかな宴の続き。
明け方、東郷さんを見送ったあと、もう1頭の理系出身がマーライオンしていた。これは掃除要らずで助かった。
所詮、定性的な物言いになってしまうけど、飲み過ぎなんだってば。

ioWEB
・2年前の今日の日記 「そりゃ、ないでしょ」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

検索フォーム