FC2ブログ

風水にてドイツ料理

政治家さんとのお付き合いは今のところないので実態は知らないが、経営者の中には意外と占い系の先生とお付き合いされている方が少なくない。
ここで言う経営者とは、起業家のこと。
自分で起業し、自分の人生をかけてリスクを負っている方々。
そういう方の皆が皆ではないが、「じつは、占いの先生が言うには……」とか、「知り合いの先生に観てもらったら……」などという話をよく聞く。

「経営者が占いに頼るなんて」と思う人もいるかもしれない。
が、ビジネスの判断や意思決定を委ねて依存するのとは違うと思う。
私の解釈で言えば、占いは天気予報と同じ。
登山家が雲行きを気にかけるように、天気図を読んでもらうことによって自分の位置状況の確認を得たいのではないだろうか。

経営はマーケティングの理論や経験値の知識だけで操れるものではない。
経営者の勘やひらめきに因るところは大きい。
ワンマン社長の手腕が企業そのものである場合、社長と企業の運命は切り離せないのは自然なことだろう。

「経営は最大の博打」と言う経営者もいる。
社員を抱える経営者を身近に見るに、その通りだと思う。
おかげで自分のリスクだけでも充分に博打な私は、迂闊に社員など抱えてはならないと肝に銘じるようになった。

かつて、占いの信憑性を体験して調べていた時期がある。
私自身、占いはあまり当てにしていないが、経営者に限らず自分の人生に真剣であるなら、自分に吹いてくる風や風向きに関心を示すのは自然なこと。頭で考えるだけに留まらない術を利用するのもアリだと思う。

夕方、事務所に現れたM氏は若い頃から風水を実践している社長さん。
1時間ほどで仕事の話が終わり、知人も含め4人で食事に行くことになった。
で、今日は東北の方角がいいとのこと。
その方角のエリアで候補にあがったのが、寿司屋かドイツ料理。

今宵は風水のおかげで、久々にパウケの本格ドイツ料理をいただくことに。
塩漬けの豚すね肉を香味野菜と香辛料で煮込んだ“アイスバイン”は絶品です。

20090508a



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

🌎2年前の今日の日記 <持つべきものは


  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム