FC2ブログ

地味に連休

推定樹齢300年と言われる「天王桜」が見たい!

一瞬、夜中に車を走らせ、早朝の大きな桜の木を見上げる自分を妄想。帰りに温泉に寄るのもいい。
でも連休中は人も多いだろうし、レンタカーも割高だし、とあっさり諦め、いきなり浮かんだのが江東区の清澄庭園

なぜか、学生時代の友人の成人式の写真を思い出したのだ。たしか清澄庭園で撮ったと言っていた、下町娘ヨシエちゃんの振袖姿。そのバックに藤棚が映っていた気がする。それでもしかしたら、たわわに咲き乱れる薄紫の藤の花が見れるのではないかと期待した。

半蔵門線の清澄白河から徒歩3分、入園料150円。
20090502a

ごく普通の日本庭園。見慣れたつつじが所々で満開だったが、地味めな印象にちょっと出鼻を挫かれた。
大きな池にはでっかい鯉がうようよ泳いでいる。靖国の神池の鯉より俄然大きいが、それでもせっかく入園料を払ったにしては盛り上がりに欠ける。
と、「あー、カメ!」。池の中には、鯉に負けじと亀がうようよいるではないか。
20090502b
なかにはガメラを彷彿とさせるポージングのミニガメラも。
20090502c
だんだん楽しくなってきて、園内を一周。
20090502d20090502e
20090502f
すると、「おお、サギ!」。
舞い降りてきたアオサギが近くまで寄ってきて、目の前で稚魚を獲る姿を披露してくれた。
20090502h
ますます楽しい清澄庭園!
であったが、次はお隣の清澄公園へ。
忘れかけていた藤棚はこちらであったか。花はなかったけど。
20090502g

遠出ができない負け惜しみじゃなく、連休中は都内を歩くのが一番!
と、緑豊かな清澄公園から仙台堀川に沿って歩き、今度は木場公園へ。
20090502i20090502j

そんなに公園ばかり巡り歩いて面白いか?
面白いかどうかはともかく、足が向いてしまうのだから仕方がない。
足の向くまま公園内の大橋を渡り始めると、橋の下にポピーの群れを発見。
20090502l
西陽を浴びるポピーに囲まれて、遠くに見える高層マンションを眺めていると、「そろそろ帰らないと」と言われている気がしてくる。さすがにいい加減、歩き疲れた、お腹も空いた。
20090502k20090502n

木場駅の近くで遅いランチとコーヒーブレイクで歩く気力を取り戻す。帰りは永代通りを皇居に向かって延々と歩いた。
木場→門前仲町→永代橋を渡り、→茅場町→日本橋→大手町→竹橋、と“歩く東西線”だ。

20090502o
永代橋から見る隅田川

地図で歩行距離を確認すると、最初の清澄庭園からだと13.5km。公園内もだいぶ歩き回ったので、15kmは超えているだろう。日が暮れてからは、大きな湯船に浸かってプハ~とすることばかりが頭に浮かぶ帰り道だった。
妄想に終わらず、やや筋肉痛の体に、銭湯、最高!

ioWEB
・1年前の今日の日記 「カップスープの夕べ」
・4年前の今日の日記 「連Q!」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム