FC2ブログ

夜の公園パラダイス

ときどき近所の公園で遊んでみる。
昼間は子どもたちと付き添いのお母さんたちがたっくさんいるので、オトナの仮面を守って遊ばないけれど、夜なら大丈夫。

まずは、ブランコ。
子どもの頃は立ち漕ぎでぶんぶん揺らしても平気だったのに、オトナになるとそれは怖い。だから、お行儀よく座ったまま足をスイングして、できる限りの大揺れを試みる。が、「ある程度まで」にセーブしてしまう。
怖さしらずな漕ぎ方ができなくなったのが悔しい。

で、滑り台。
そんなに高くない、せいぜい台の上は地上3メートルくらいなのに、滑り出すのに気構えが要る。
遊園地のプールのウォータースライダーのほうが気楽なのは何故?
ひゃーっと滑り降りて、自分の顔がヘラヘラと理由なく笑っているのに気づく。子どもなら滑って昇ってを繰り返すところだけど、一回で充分になる。

それから鉄棒。
逆上がりはとっくにできなくなってしまった。地面を蹴ってもお尻があがらない。
2年ぐらい前に、何度もトライしてようやく一回できたが、もう、いい。
小学生のときは、逆上がりで鉄棒に上がったあと、足の振りの勢いで後ろ回転・前回転ができたのに、もう、無理。
と、諦めたふりして夜中に練習してみようかしら。希望は捨ててない。

最後に、手渡り。
お猿さんみたいに鉄の棒を手で渡っていくやつ。
これが、ぶらさがるだけで精一杯になってしまった。
つまり、もともと腕の力が弱かったのが、筋力がすっかり衰えてしまった証拠。逆上がりができなくなったのも、そのせいなのだ。こんなんでは、ビルとか崖から足を滑らせたときに、どこかに掴まって身を救うことはできそうもない。

桜も散って、夜の公園は静かなものだ。
闇にまぎれて葉の茂る影のベンチにはカップルがいたりはするが、暗いから見ない。こっちが見なければ、いないも同じ。
誰かに見られていないかきょろきょろしては、一応、人影がないのを確認する。誰もいなけりゃ、夜の公園パラダイス。
子どもの遊具に、オトナになってできなくなったことを数々思い知らされる夜の遊び場なのである。

20090411a

ioWEB
・3年前の今日の日記 「ぐぁんばる」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム