FC2ブログ

“べき”はない

思いは道をつくるのか? の続き。

これまで何度も契約解除の危機を土壇場で回避してきたジョナくんであったが、今回は奇跡のどんでん返しはなさそうだ。

そんな気はしていた。
と今頃になって言うと後出しジャンケンになってしまうが、2月の末に事務所にやって来た彼は、それまでとは違っていたのだ。彼の愛社精神も尽きたのか、会社に居続けたい気持ちが薄れているようだった。“動く”覚悟にも至ってはいない様子だったが。

見ようにはよっては愛社精神とも言える彼の思いの中には、居慣れた場所から“動きたくない”気持ちも大いにあったと思う。
やり慣れたことを手放したくない。それは、未知の場所へ向かう勇気と自信が充分でないがための未練ではなかったろうか。そう、2月の末に会った彼は、未練がましさが薄らいでいたのだ。それが勇気や自信に取って代わったわけではないけれど。

ときどき彼は夢見る笑顔で、「(もし)好い条件のオファー(誘い)があれば、ヒューッ!」と片手を飛行機が離陸するように飛ばして見せる。
現状に満足しているはずなどないことは、わたしも知っている。ずっと留まり続ける覚悟がないことも。
だが、動きたくない思いがあるうちは“もし”はない。現状への未練は、自分自身の鎖のように踏み出す一歩を留まらせる。人材紹介会社に登録しても、自分への体裁で終わってしまう。“自分は動こうとしている”という自分に対する見せかけの行為にしかならない。

わたしには、ジョナくんを襲ったこれまでの契約解除の危機は、運命が重たいお尻を押しているかに思えてならなかった。その度に、彼は自分の将来について考えたはずである。「ボクは本当にこれでよいのか」と。
愛社精神で会社の行く末を案じてはみても、いつか新しい居場所を探さなければならなくなるのは薄々感じていたはずだ。

もし、前回、前々回の危機に、彼が本気で新たな自分の居場所を求めていたら、運命は彼をどこかへ導いたのだろうか?
「彼はもっと早く(会社を去る)決断をするべきだった」
そう言う人もいる。
わたしだってそう思わないわけではない。グズグズせずに、さっさと見切りをつけていれば、と。
しかし、居座り続けることになったのは彼の運命だったのではないだろうか。変化に対してお尻の重たい彼にとっては、幸運にも心の準備を整える期間だったように思う。
というのは、過去に比べて、今の彼はパニックに陥ってはいないからだ。

“もし”あのとき……。
パラレルワールドが存在するのかどうか。
あったとしても、現在地点に過去から続く“もし”はない
同様に、過去を省みて「あのとき、どうする“べき”だった」と言うことはできるが、所詮それは結果論に過ぎない。

自分で温めた居場所に留まりたがった彼の思いを、誰が変えられただろう。
世渡りが下手で、臆病で、生き方がうまくないとしても、彼には彼の留まりたい思いの理由があったのだ。
「思いは叶っても、思っても叶わない」の運命の謎がそこにありはしないか。
めぐりあわせのパズルが揃わなかったいじょう、“もし”の道が存在しないと同様に、“べき”の道も存在しない。“もし”がないなら“べき”もないのだ。
彼の道は、彼なりのベストだったと考えられる。

ioWEB
・2年前の今日の日記 「露ぬれの蕾」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム