スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見熱に、ぽそり

「桜、飽きたね」と、ぽそり。

「花見、花見」と盛り上がる季節に、こういうことを口にするのは悪い人のようで言い難いけれど言ってしまおう。

桜、飽きました。
散々、桜の写真は撮ったし、上野公園でのビニール・シートの花見から国立の学園通りの桜並木、九段・皇居周辺の花見と変遷を経て、桜狂いの熱が冷めたようだ。ここらで桜の楽しみ方を変えるお年頃になったのかもしれない。

それでも、靖国の屋台めぐりには今年も2度出向き、総武線沿線に咲く桜を見上げ、走る車の合い間をくるくる踊る花びらの舞を見つけては喜びもする。だから桜が嫌いになったわけではなくて、「こぞって桜」の花見熱に飽きたのだろう。
秘境の地に立つ老婆桜、なんてものがあったら見に行きたい。ひと気のない月夜の晩に。

つい、ぽそりと
「桜、飽きたね」
と言ったら、
「ああ」
と同意する人がいた。

不意に、「よろいグマ」に乗りたくなった木曜の夕方。
仕事仲間のイフさん情報によると「あまり期待しないほうがよいですよ」とのことだったが、一気に『ライラの冒険』に気持ちが傾く。
せめてよろいグマに乗ってる気分だけでもと、ひと気のなさそうな映画館を探す。

 人、いない

そう直感に来たのが「109シネマズ木場」。しかもレイト・ショーなら1200円。

事務所にいたクマさんに、
「よろいグマ、1200円、レイトショー」
と伝えると、
「そりゃ、行かねば」
と、3時間かかると言っていたレポートを見事に1時間で仕上げてしまった。

「コロナビールで威勢をあげるのだ」
クマさんの言葉に乗って、ラーメンとコロナビールで腹ごしらえをし、木場へ向かう。

 アタリ!

上映時間10分前だというのに、静まりかえるシアター。461席のリラックス・シートが埋まる気配なし。5分前にようやく、あと4人、お客さんが入ってきて6人のひと気を避け過ぎたレイトショー。
予告編の出来がすごくよかった、みたい。

それにしても、人の心の奥底にある魂が「ダイモン」と称する動物や虫の姿で見えてしまう世界だと、生きにくい人もいるだろうなあ。
映画の広告サイトのダイモン占いは、いいことしか書いてないけれど、
「えっ、この人のダイモンって、これなの?」
とか、
「げ、このダイモンは何???」
ということだってあり得るだろう。
「自分は魂のレベルが高い」といった勘違いがなくなるのは、よいかもしれない。

ひと気を避けた木曜日と打って変わって、昨夜はハンバーグを求めて新宿へ。つばめグリルでたらふく食べて、椿屋でゆったりと珈琲。

人で賑わう金曜の夜。
ダイモンまで見えたら、目眩がするだろう。

ioWEB
・3年前の今日の日記 「われらの願いがかなうとき」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。