FC2ブログ

無知解消

20090312a

「コスタリカのゴキブリはすごくデカイ!」
と、コスタリカ大使館のお嬢さまに聞いたことがありますが、ゴキ・スパではありません。

オリーブオイルにニンニクスライスの乾燥ものをパラパラと浮かべ、乾燥赤唐辛子のフレークも一つまみ。
シュワシュワシュワ~
フライパンがいい音を立てて、ニンニクが揚がり始める。
と、おっかしいなあ。

いつもは生ニンニクを剝いてスライスしたものを使うのだが、こんがり揚がるはずのニンニクが、みるみる炭色に。
細かいことは気にしない性質なので、「ま、いいか」と茹で上がったスパゲティにオイルごとまぶして完成。

「なんじゃ、こりゃ?」って、
「ぺペロンチーノ」ですってば。

知ってましたか?
乾燥もののニンニクスライスは、水で戻すって。
そうなんですってさ。
これで一つ、無知解消。

やってみないと解らないことは、たくさんある。
そりゃあ、知識や経験で無謀だと分かることはしないけれど、「もしかしたらいけるんじゃないか」あるいは、根拠のない自信で「自分にはできるんじゃないか」と思うなら、リスクも考えたうえで、やってみたいことはしたほうがいい。
そんなわけで、会社員も辞めてみたのだが、こういう主義のわたしに、
「やってみないと解らないのは馬鹿だ」
と言ったのは、タロくんだった。

確かに、それは利口な人の台詞かもしれない。
そして、確かにわたしは馬鹿じゃないとは言えない。どちらかといえば、お馬鹿の部類に入る。
だいたい、干椎茸は水で戻して使うのを知っていながら、乾燥もののニンニクスライスに“水で戻す”が思いつかなかったくらいなのだから。

その利口なはずのタロくんが、なぜかとんだ災難に巻き込まれた。
巻き込まれたと言うより、飛んで火にいる虫のごとく、周りの者が「あのコはやめとけ!」と止めたにもかかわらず、軽いノリで火中に飛び込んでしまったのだ。
たった一度のバレンタイン・デート。
それがその後、3年間も付きまとわれる破目になり、ストーカーまがいの嫌がらせにまで発展してしまった。
利口なはずのタロくんも相当に参ったらしく、以後、軽いノリは納まったようだ。

やってみないと解らないことは、世の中たくさんある。
でも、自分で無謀と思うことと、不安が先立つことは、しないほうがいい。
それと、人の気持ちを軽々しく扱わないことだ。

ニンニクスライスを墨にする程度なら、香ばしくてこれはこれでよいような。
赤ワインにも合って、けっこういけます。

ioWEB
・2年前の今日の日記 「怪獣になったキリギリス」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム