FC2ブログ

神さまに御用心

先週、作家の東郷さんが小さい神棚をくれたので、さっそくお神札を三つ取り揃え、事務所に祀ることとなった。

鎮守の神さまは馴染みのある靖国神社から、氏神さまと天照大神さまは近くの筑土神社からいらしていただき、神さまとの同居が始まった。

 神さま、よろしくお願いします。

その神棚の位置が、壁時計をずっと掛けてあったところで、時間を見ようとするたびに神さまに視線を向けてしまう。
習慣とは恐ろしいものだ。
バッカじゃないの!と思うほど、繰り返し、つい見てしまう神さま。

 よろしくお願いします。

事務所に来た方の中には、初詣代わりに拍手を打って手を合わせる方もいらっしゃる。
けれど、神さまには御用心なのだ。
木でできた棚に御札が入ってるだけなんて思ってはいけない。
やたらなことをお願いすると案外ちゃんと聞いていて、しっぺ返しを食らうことだってある。

以前、知り合いの小さな料理屋さんを手伝ったときのことだ。
お店の大将には気に入っていただける働きぶりではあったようだが、慣れない仕事で体がきつく感じた日、大将が店の神棚に向かって手を合わせる後ろで、私も一緒に手を合わせた。

 どうか今日は、お客さんが来ませんように。

その日の繁盛ぶりと言ったら、もー。
神さまに赦してもらうには、潔く働くしかない。
そう覚悟を決め、体のきついのも忘れるくらい動き回る破目になった。
あれ以来、お店の神棚には用心して、「よろしくお願いします」と挨拶するだけにした。

 あ、また神さまを見てしまった。
 よろしくお願いします。

そういうことで、
神さまにはご用心。

20080108a


ioWEB



  
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム