FC2ブログ

招き猫とキリギリシャンの抱負

靖国にて、無事に「ゆく年くる年」をしてきました。

事務所で日本酒を少々いただき、神社へ向かったのは大晦日の夜11時過ぎ。
靖国さんへ行ってみると、閉ざされた境内の門の前には参拝者の列が出来始めていた。
並んで待つのは苦手。なので、屋台が並ぶ参道をぶらついて時間を潰すことにした。

さっそく飛びついたのが甘酒。
風はほとんど無かったものの夜の冷え込みの中、甘酒のあったかいカップがありがたい。
屋台をひととおり物色し、再び参拝の列に加わろうとしたときだった。
友人のDくんが、目を見開いて立ち止まった。
彼の視線の先にあったのは……。


招き猫。

Dくんが言うには、
一昨日の朝、家に十年も置いてあった招き猫が、開けていた窓から入ってくる強い風で床に落ちて割れてしまったのだと。
その壊れた招き猫と同じ物を屋台に見つけ、Dくんは吸い寄せられるようにその店に近づいて行った。

店のおじさんが言うには、本来、招き猫はその年ごとに買い換えるものだそうで、福期限は1年。
年末に壊れたのは、その年の厄を本人に代わって受けてくれのかもしれず、新しい猫に買い換えるにはグッド・タイミングなのだとか。

おじさんの話を理解したDくんの眼差しに、マジな気配が漂う。
私には出来ない、しようと思わない買い物だったが、4,500円の猫と3,500円の猫で迷っている友人のために、半肌くらい脱いで値切りしてみる。
「彼、ずっと大変だったんです。」

おじさんは、
「今日はじめてのお客さんだし!」
と、1,000円くらいのサービスをしてくれそうな勢いだった。
が、横にいたおかみさんにちょんちょんとつつかれ耳打ちされて、500円のおまけにしてくれた。
Dくん、4,500円の招き猫を4,000円でお買い上げ。

彼の話をさらに続けると、じつは最近、ある占い師に言われたそうだ。
この十年は運気が閉ざされた状態で、それがようやく終わりを迎え、2008年は次の年の準備段階に入る新しいスタートの年なのだと。

壊れた10年ものの招き猫。
運気が閉ざされた十年。

招き猫を手に入れたD君はご満悦。
よかった、よかった。
めでたい、めでたい。

元旦0時前に、靖国さんの境内の門が開き、新年を告げる大太鼓の音を聴く。

あけましておめでとうございます。

人出で賑わう靖国は、穏やかな空気に守られている雰囲気で、元旦の夜の神殿はやわらかな明かりに浮かびあがり美しかった。

さて、今年の年賀状の元画をここにアップします。
昨年11月に行った新宿末廣亭で、イリュージョン系にはない味のあるマジックに感動したことを思い出し、マジシャンになったつもりのいおろです。
20080101a

<抱負>
マジシャンにはなれませんが、
キリギリシャンとして、きりぎりっしゅに、きりぎりす道を極めていこうと思います。


本年もよろしくお願い申しあげます。
少し明るくなったら、睡眠不足と日本酒で寝てしまったDくんを起こして、帰宅する予定の元旦の朝より。


ioWEB



     
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

検索フォーム