FC2ブログ

今年最後の

温泉は「峠の湯」。

仕事で、急に長野へ行くことになり、昨夜、レンタカーで出発。なぜにレンタカーかというと、夜中に横川で釜めしを食べようと思って。
で、計画どおり、ちゃんと夜中の2時頃に横川の「峠の釜めし本舗おぎのや」に到着。
この時期の「おぎのや」さんには、スキーバスがぞくぞくと到着して夜中の駐車場はバスでいっぱい。店の中はトイレ休憩の客でいっぱい。なのに、釜めし、終わってる。

食べたいものが食べられないことが、どんなにわたしを凹ませるか。寒いしね。
こうなったら碓氷峠を越えて、佐久の上信越道インターの近くにある「おぎのや」だ。
ってことで、午前2時半の峠越えを決行することにした。
あんなところ、優良ドライバーのわたしには運転できません。ましてや夜中で、道はうっすら白く凍ってるし。
一人じゃなくてホントによかった。優良かつ優秀なドライバーにすべてを託す。
くるくるくねくね連続カーブで気持ち悪くなる一歩手前で、ようやく佐久に着いたのだが、こちらの釜めし屋さんは閉まっていた。

もう、外気-4℃の中、わたしなんか魂が死にかけた顔になってるのが自分でも分かるくらい、凹んだうえに腹ペコでヨレヨレ。冗談じゃなくて本当に、エネルギーレベルが下がると、自分の中で生命体らしきものが萎んでいくのが感じ取れる。仕方がないから、マックで腹ごしらえ。

こうして生命力を即効で回復させ持ち直すと、次にやってくるのが眠気。
仕方がないので、さんざんカーナビが「高速に乗れー、高速に乗れー」とICマークに誘導していたのを無視して国道を走り続けてきたのを、上信越道にちょこっと入ってパーキングエリアで仮眠することにした。どこでも遠慮なく眠れる体質なので、すぐに爆睡。気がついたらとても爽やかな早朝を迎えていた。
あくまでも仕事で行ったのだけれど、やはり冬の朝の「白糸の瀧」を見ておかねば!
と思って、早々に出発。車は瀧へと向かう。これもレンタカーにした理由の一つ。

きれいだねー。きれいでしょー。
計画どおり、ちゃんと朝日に照らされる「白糸の瀧」を拝むこと約1時間。
20081229a
20081229b

あくまでも仕事だったので、瀧をあとに何だかんだしたあとは、夜中に食べられなかった“釜めしリベンジ”で釜めし。ようやくありつけて、おやきもゲット。
20081229c

あくまでも仕事だったけど、こうなったら、せっかくだから温泉も。
入場料500円の「峠の湯」は、露天から眺める山の景色が清々しい。
20081229d
これは↑テラスから撮影したもので、奇峰の山影は妙義山ということです。

本日、痛感したのは、わたしの食べ物や温泉への思いが叶いやすいのは、目標としてイメージが鮮明だからではないかと。そこを挫かれるとマジで弱い人間であることを、はっきり認識させられる出来事が、夜中の釜めし。あれほどよわよわとは、自分でもびっくり。
でも、釜めしと温泉は絶対に外せないと思っていたので、結局はありつけたのでしょう。
 これだよ、これ!
と改めて自覚しなおし、来年は思いの強さを強化していきたいと心してきました。

今年最後の温泉を終え、明日で仕事納めです。

ioWEB
・今日の<いおろろ1枚> 「青い空の心で」
・1年前の今日の日記 「シンデレラな赤鬼」
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム