FC2ブログ

ギフト

昨夜は六本木で、またもやオトナライブ。
大橋純子さんのクラブサーキット2007の冬バージョン。

猛暑の中、長年のファンであるクマケンさんのお誘いで、純子さんのステージを初めて観て感応したライブから早4ヶ月。今回は12月に相応しく、伸びやかな歌声のクリスマス・ソングから始まった。

夏のライブでステージの流れが頭に入っていたのもあって、リラックスして純子さんの歌に聴き入る。
「シンプル・ラブ」「シルエット・ロマンス」などのヒット・ナンバーに続き、夕張応援チャリティ・カヴァーアルバム「Terra」の収録曲に、会場全体が熱く魅了されていく。

世の中には、そうなるべくしてその道を歩んでいるように映る人がいる。
ギフト、天稟(てんぴん)を持つ人。

誰にでも何かしらの才能があるものだけれど、自分の中にそれを見い出して、自分を映す能力としてその人自身が扱えるようになったとき、持てる才能・能力は天が与えた贈り物になる。

純子さんの歌は、地上に送り込まれたギフトの一つだろう。
中島みゆきさんのカバー曲「地上の星」をスパニッシュ風にアレンジして歌い上げるステージを観ながら、そんなことを思った。

アンコールに応えて姿を見せた純子さんは、スカーレットレッドのコートドレスに身を包み、ラストはジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」を聴かせてくれた。
その衣装がサン=デクジュペリの『星の王子さま』を思わせ、ステージのあとに、またもやクマケンさんの計らいで楽屋にお邪魔して、思わず口にしてしまった。

「あの衣装は『星の王子さま』のイメージですか?」
「ェ、えーーーーっ?」
とは、純子さんとマネージャーさんのリアクション。

見事に外しましたか、わたし?
その場にいた人の誰も同意してはいなかったようだけど、赤く染めたショートカットの髪に、赤い薔薇色の衣装の純子さんは、「歌う星の女神」に見えた。

ioWEB
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム