FC2ブログ

気色悪さの痕跡

そもそも、日記が苦手。

二十代で一人暮らしを始めた頃、日記帳を買って付け始めたことがあった。が、三日続けて書いた例がない。
書きたい日だけ書けばいいや、とすると半年くらい何も書かなくなる。
こりゃ、いかん! と心機一転しても、元の木阿弥でちっともページが進まない。
そのうち半年どころか5~6年ほったらかしにして、引き出しの整理の折に見つけて呆れた。
書いてあることと言ったら、

 よし、頑張ろう。

 頑張るぞ!

 頑張る、頑張る。

間隔の開いた日付で記される意気込みひと言日記。

我ながらもっとも気色悪かったのは、

 がんばれ~!

自分へのひと言応援。

自分で自分を応援するのが気色悪いという意味ではないですよ。
その頃の私自身が、自分に対して気色の悪い愛情表現をしているようで、そこが恥ずかしい以上の気持ち悪さに感じるのだろう。
その日記帳はあっさり捨てた。

じつは、もっと気色悪いものがウチに置いてある。
5~6年前に見つけたA5版のノート2冊。表紙には、ひらひらのエプロンドレスを着たヨーロッパ調の少女の絵が描いてある。それはそれは少女好みの愛らしいノート。

気色が悪いというより、見つけてギョッとした。
14~5歳の頃に、書き綴ったんだね。
ポエム。

ヒェーーーーーッ

ひとり、悲鳴にも似た声を発してひっくり返ってしまった。
行方不明とか孤独死とかなんてことになって、家族や知り合い、もしかしたら警察官、あるいは大家さんが、
「何でしょうね、このノート」
と手にして開いてしまったら……。
そんな想像をすると、捨ててしまったほうがいいかとも考えたが、あのギョッとする気色悪さは“サプライズ!”の域なので、ノートは今もウチにある。

過去に書いたものを開く。
賞味期限が切れた食べ物を、怖々クンクンしてみる感覚。
萎びたり干からびたりの程度だと、まだ面白みに欠けるけど、変色激しくド派手なカビが生えてたら、自分で自分にサプライズ。

“自分で自分を応援”よりは気色悪さに驚く分、2冊のノートは持っていてもいいような貴重感がある。
結局、自分の気色悪さの延長線上にいるからね。その痕跡と臭いで、たまに自分を肝だめししたい怖いもの見たさがあるのだ。

こうしてまた一つ、気色悪い痕跡を残してしまった、のか?


ioWEB
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム