FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日という朝

都心の11月。この季節、6時を過ぎても外はまだ暗い。
ここらは会社や昼から始まる飲食店の多い場所だから、灯りがついているのは、この事務所と前の新聞屋くらいだ。
人影のない通り。
月曜の朝はとくに閑散として、街が新たな1週間の起動を待っているかのようだ。

会社員をしていた頃、こんな朝をこの場所で迎えることなど想像もしなかった。

中学に入学した途端、モミクチャの満員電車が当たり前になり、大人になってからは、混みあう地下鉄の扉が開くと、タイムカードを目がけて毎朝走った。まだ、フレックス制の導入など考えられなかった時期だ。
「いつまでこんなふうに走るんだろう……」
全力で地下鉄の通路をヒールで蹴りながら、冷めた頭の隅で思っていた。

耳が取れてしまうんじゃないかと思わせる寒風を切って、駅まで自転車をこぎながら、
「こんなことも、いつかは思い出になっちまうんだよ」
と、毎朝、自分に言い聞かせていた時期もある。

国立の大学通りを走るバスから満開の桜を眺め、
「あんなふうに一瞬でも花開け!」と願ってもみた。
花どころか薄茶色の蕾かどうかも知れぬ自分を嫌み、「うだつのあがらないお前なんか……」と自虐の拳を握り締めていたことだってあったのだ。

春夏秋冬、同じ季節がめぐっても、何も変わらない気分に陥っていても、一年一年、一日一日、人は変わっていく。よくも悪くも変わりながら、今ここに朝を迎えている。

年々歳々花相似、 歳々年々人不同。
(年々歳々花あい似たり 歳々年々人同じからず)

いつかまた想像のつかない朝がやってくることを楽しみに、今日も始めてみますか!

ioWEB
関連記事

トラックバック


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。