FC2ブログ

    io日誌 <5月23日>

    20150523a.jpg
    <20150523>



    20110523(20110505)b.jpg
    🌎目が覚めるのは、眠っていた証し。
    眠らなければ目は覚めない。
    目が覚めた憶えがないのは、起きていた証し。
    のはずだが、何かおかしい。
    ・・・<🌞 抜け殻



    20140523a.jpg<20140523>
    🌎生姜紅茶にプチ断食のダイエットも始めた友人に「体重は減った?」と訊いたら、
    何と「増えた」と言うではないか。
    何を隠そう、私もプチ断食をしていたのだが、
    昨夜、蒸し風呂に3回も入り、風呂あがりのデトックスした体で体重計に乗ってみると
    ・・・<🌞 生姜紅茶太り



    20080523b.jpg

    人が集まるときは大皿・大鍋料理。

    🌎よーく知っている人に、「褒め殺し」の上級者がいる。
    “達人”と言ってもいいほどだが、当の本人が「まだまだ技を磨くぞ!」と言っているので“上級者”にしておく。
    自分も「褒め殺し技」を体得しようと何度か思ったことがある。
    だが、どうもこの技は自分に合ってる気がしない。
    褒めることはできても、なぜ、褒め殺すことができないのか?
    ・・・<🌞 褒め殺し技は似合わない




    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


      

    芍薬の花に思う「だんだんと」

    20190521b.jpg

    スーパーで芍薬を見つけて、今、ウチには6本の芍薬がいる。
    カリコリ食べたくなる蕾がだんだんと膨らんでくるのを見るのは楽しい。
    早く花を見たい気持ちと、「だんだんと」の蕾の時期を楽しんでいたい気持ちと、どちらかというと私は蕾を見ていたいほう。

    玄関に置いた芍薬はとうとう花になった。
    大輪の花。

    20190518b.jpg
     
    運動会とか、入学式、卒業式、そういう学校行事でよく飾られている「紙の花」みたい。
    ……、というか、あの「紙の花」の原型は、芍薬(あるいは牡丹)なのではないか?
    今さらだけど、誰が考えついて広まったのか分からないが、あの「紙の花」は大したものだと思う。
     
    頭の中が「紙の花」に行ってしまうと、目の前の花の感触のイメージまでカサコソした微かな音がしてくる。
    イメージの誤作動を払おうと、そーっと花に触れてみると、ああ、しっとり、柔らかい。
    蕾の頃の薄いピンクの余韻が溶け込んだ白は、エレガントで、ただただ優しい。

    私は優しい人ではない。
    自分が優しくないのは分かっている。
    で、優しいってどんな?
    どういうことが優しいのか、どうすると優しい人になるのか、優しくない私にはよく分からない。
    だから、ときどき、優しいについて考える。
    「優しい」が具体的によく分からないけれど、今、咲いている白い芍薬の花に「優しい」を感じる。
    どっしりしているのに重たくなくて、柔らかくて、ふんわり美しくて、「愛」を形にしたみたいな。
    「愛」なんて言葉を出すと、「愛」は分かるのか?と言われそう。
    ただ、私には「愛」のほうが分かる。
    自分の中で、「愛」か「愛じゃない」かが分かる程度に。
     
    優しいって、優しいって、どんな?
    自分の中の問いかけには、早く答えを見つけたいものと、だんだんとじわじわ分かっていくのがいいものとがある。
    私にとって「優しい」は、「だんだんと」のほう。
    あっさりすぐに分かったら、もったいない気がする。

    20190521a.jpg




    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


      

    “のんびり”を知る

    20190505m(20110505).jpg
    <20110505>

    喉の調子がおかしくなり、体に籠っている感じがあった熱が出始めた。

    で、よくもまあ、そんなに寝られること!
    夕方だろうか、雨の音がしていたのは気づいたけれど、雷が鳴ったのも雹(ひょう)が降ったのも知らず、トイレも行かずに、二日に渡り延々と眠った。
    私の睡眠負債は相当のものらしい。

    頭痛と目の奥の痛みがなくなり、今は長閑な田舎にいる気分。

    ふと、思った。
    私、本気で、のんびりしてる。

    そう思ったら、
    これまで、本気でのんびりできていなかったように感じた。

    のんびりしたこと、なかったっけ?
    そんなこたぁない(笑)、はずだけど……。
    新鮮な、初めて知ったかのような感覚の“のんびり”。

    やらなければいけないことなど、考えない。
    明日のことなど、考えない。
    誰かのことなど、考えない。

    窓から見える空がきれい。
    風が気持ちいい。
    雲がきれい。
    ただ、そんなことを感じていると、
    自分が、ゆっくり、のんびりしているのを感じる。

    ああ、“のんびり”ってこういうことか。

    そこで気がついた。
    これまで、“のんびり”をしてこなかったことを。
    “のんびり”って、自分自身が、内側から、
    “のんびり”になってしまうこと。
    それは、“のんびり”の領域に入ること。

    “のんびり”は、瞑想に似ている。
    力を外して、考えることから外れて、
    “のんびり”の空間で、“のんびり”になるのだ。

    風邪のおかげで、本気の“のんびり”。
    進化した気分。



    20190505a(20110505).jpg
    ~ 銚子電気鉄道線 外川駅 ~
    こんな気分ということで。



    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


      

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    04 | 2019/05 | 06
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    月別アーカイブ

    検索フォーム