FC2ブログ

5月は「さみしいの国」

20130502(20130503).jpg

ブラッドベリ(Ray Bradbury)の短編集『10月はたそがれの国(The October Country)』。
この邦題は秀逸だ。
タイトル文字を読んだだけで、不思議の扉が開く音が頭の中に聞こえてくる。

さて、十月が「たそがれの国」なら、五月は「さみしいの国」か。
この“さみしい”が人恋しいのさみしさなら、誰かと一緒にいれば紛れるのだろうが、そういうさみしいとは違う。
そもそも、人恋しくなる性質ではない。
潜伏している持病みたいなもの。
人といても、遊びに行っても、天気がよくても、心の一部に薄らさみしいがいる。

暑くも寒くもない、五月の爽やかさのせいなのか。

日にちの境界線を越えて月が変わっただけで、毎月、(空)気が変わる。
たとえば、大晦日と正月元旦。
たった一日の違いなのに、月と年が変わると、居る場所を違えたように“気”が変わったのを感じる。
ただ、大晦日と元旦について言えば、一つの年を終えて新しい年を迎える気構えがあるから、心が易々とついていくのかもしれない。

四月と五月の境界線は、あるようなないような、他の月変わりに比べると流れで入ってしまうところがある。
ああ、そうだ、きっとそのせいだ。
心が五月の(空)気に馴染んでいかないせいなのだ。

根拠がなくても、理由づけてしまうとさっぱりするものだ。
あ、さみしい病が、消えていく。
「待てぇ」
呼び止めても、消えていくときは消えていく。



十月はたそがれの国 (1965年) (創元推理文庫)


10月はたそがれの国 (創元SF文庫)



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

🌏4年前の今日の日記 <地味に連休
  5年前の今日の日記 <カップスープの夕べ
  8年前の今日の日記 <連Q!

🛫ゼロ・プラ <いいわけ


プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

検索フォーム