FC2ブログ

    話の餌食

    20130322b.jpg

    カタクリの花が咲き始めたか、昼前に散歩がてらカタクリスポットへ偵察に行く途中、斜面に咲いているのを見つけた。
    ★ 今日の<魚の庭>の 「カタクリ」

    そこへ、自転車に乗ったおじいさんがやって来て、
    「おお、咲いてるね〜」
    と、ここで愛想よく笑い返したのがいけなかった。
    「あんたみたいな面長の顔の人は、平家か藤原家のDNAだ」
    そう言われて、そんな上等な血は入ってないと思うのだが、「政治家の誰々はモンゴル系」だの、「俳優の誰々はインド系」だのと、すっかり話を聞かされる餌食になってしまって……。

    話の餌食にされやすい。
    とくに、おじいさんの餌食にまんまと嵌る。
    何度か餌食にされていれば、あの人には気をつけようとなるものだが、見知らぬ人には不意を突かれて、いつの間にか餌食。釣られやすいったらない。
    魚じゃなくて、よかった。

    餌食になったときに便利なのが、携帯・スマホ。
    電話がかかってきた振りをして、バッグから取り出す。
    「ああ、はい、どうも、今、行きます」と一人芝居。

    しかし、巧みに強引に自分の話ができるという技はどうやって身につけるのだろう。
    あれも才能のうちだなあ、と感心する。

    話を遮られたおじいさんは「ちっ!」と舌打ちして、でも笑いながら去ってくれた。
    めでたし、めでたし。

    話を聞くのが「親切」という考えもあろうが、自分の時間を盗られている感じの親切は「本当の親切」ではないと割り切ることにしている。
    それに、相手がお年寄りだとしても、対等にオトナであることを前提にしたい。
    聞けるときは聞くけれど、寂しがりの相手は、本人の「寂しい」を癒さない限り切りがない。
    果てない渇きと同じだ。
    だからさ、自分の中の「寂しい」には自分で気がついて癒していかないと。
    誰かれ構わず、時と場所を選ばず、渇きを解消しようとしても、乾くばかりになりかねない。



    ★ 今日の<魚の庭>は
    「カタクリ」

    20130322s.jpg

    「桜の懐」
    20130322ss.jpg

    「シンフォニーの上で」
    20130322sss.jpg

    ioWEB> <魚の庭

    ・4年前の今日の日記 「控えめに、東京と一つになった日」


    何か見えますか?

    “町”へ来て暫くの間、おかしな目に遭っていた。
    やたら、子供の視線が飛んでくる。
    子供の目に留まる何かがあるらしいのだ。
    道を歩いていると、すれ違いざまに、少し距離のある所からでも、わたしの姿が目に留まって意識して見ているのが分かる。

    あるときはファミレスで、席に着いた途端、数人の子供の目に留まったのが分かった。
    チラチラと視線を送ってくる子もいれば、じーっと見たままの子もいる。
    「何だよ、何が見えてるんだよ」と思いながら、こちらは極力、意識を返さないようにする。
    そうしているうちに、子供らの興味から外れるらしい。
    ところが一人、5~6歳の男の子が興味津々の様子で、何か面白いものを見るようにヘラヘラ、ニコニコしている。
    そのうち自分の席からでは物足りなくなったのか、家族といたテーブルを離れ、遠巻きに横から後ろから、わたしを観察しまくっていた。
    「何だよ、何が見えてるんだよ」である。

    あるときはマックで、ぼーっとしながら珈琲を飲んでいると、6~7歳の女の子が弾む足取りでやって来た。
    「何飲んでんの?」
    とタメ口。同年代の子と話す口調である。
    こっちは、その子のおかあさんより年上の可能性大のはずなのに。
    ぼーっとしていたところに不意をつかれ、人見知りの激しい子みたいに「珈琲」と小さい声で返す。
    大人げないったらない。
    女の子は「ふ~ん」という顔で去っていった。

    何かおかしい、自分。
    その何かは分からない。
    ただ、とにかく子供の目に留まらないように、と言ってもどうすればいいのかも分からなかったのだが、子供がいたら、気持ちだけでも“気”を発しないよう下向きかげんで静かにしていることにした。

    だが、子供だけではなかったのだ。
    ある日帰り温泉施設で、ちょうど無料券がもらえるジャンケン大会タイムのときだった。
    客のほとんどがジャンケン会場に行ってしまい、一人静かに廊下の長椅子で寛いでいた。そこへ見知らぬおばあさんが、わたしを目がけて小走りでやって来る。
    「どした? ジャンケン大会、行かなかったのか?」
    いくつの子に話してるんだか、5~6歳の子に言ってる感じ満々。
    またしても、わたしは不意をつかれ、人見知りの激しい子みたいに「ううん」と首を振って応えると、おばあさんは「ふ~ん」という顔で去っていった。

    こんなことが度々あって、不思議というか、自分の何が変なのか気にしていたのだが、“町”生活が一年経つ頃には起こらなくなっていた。

    それが最近、やたら、犬の目に留まるようになった。
    犬がすごく、わたしの姿を見つけると反応するのだ。
    とくに中型犬。

    あるお宅の前を歩いていると、庭の奥からワンコが猛烈な勢いで走り出てきて、塀の金網に前足を掛けしきりに吠えていた。
    ワンコの場合、むこうより先にこちらが見つけて避けるのは至難の技だ。
    鼻もいいけど、目もいいはず。
    かなり遠くからでも、こちらの姿を見つけて注視している。
    首を立ててじーっと見ているのもいれば、落ち着かない様子でうろうろするのもいて、近づいていくと吠えるのだ。
    ただ、襲ってくる感じではないし、威嚇しているのでもなさそう。
    何かが、やはり興味を引いているらしい。
    わたしの何がそんなにワンコの意識を引き付けるのか、さっぱり分からん。

    飼い主と一緒にいる犬は、吠えはしない。
    吠えると、飼い主に注意されちゃうからね。
    吠えないけど、意識しているのは分かる。
    チラ見するもの。
    振り返って見たりもする。

    何かおかしい、自分。
    その何かは未だ分からない。

    何か憑いてるのでしょうか?
    何か見えたら、教えてください(笑)。

    20130320a.jpg

    自分の後姿を見るに、犬っぽい感じが。

    ★ 今日の<魚の庭> 「木瓜の赤」
    20130320s.jpg

    ioWEB> <魚の庭
    ・2年前の今日の日記 「ブリキ女の感謝」
    ・3年前の今日の日記 「ランボーなスイーツ」
    ・4年前の今日の日記 「破壊者誕生」
    ・6年前の今日の日記 「桜偵察」

    ◆ <Seasonal 彩の戯> 「誕生日だから

    一本ぼっち

    20130318b.jpg
    <おっきい画像は こちらで

    開花前の桜の木を遠くから眺めると、枝先がうっすら桃茶色に染まって映る。
    それが、蕾が一斉にオーラを放っているように見えて、花咲く前の偵察も目に楽しい。

    樹齢150年の桜があると知り、花の様子を見に鉢形城址へ行ってみた。
    エドヒガンの大桜の木。

    ~🌸 <おっきい画像は こちらで> 🌸~


    桜の開花はまだだったが、ハクモクレンが満開の時期。
    鉢形城址の平地に、一本だけで立っている木を見つけた。
    はぐれた場所の、一本ぼっちのハクモクレン。


    20130318a.jpg

    ~🌼 <おっきい画像は こちらで> 🌼~

    今まで生きてきて思うに、自分はどうも、桜並木には入れないタイプのようだ。
    桜並木の桜はいいなあ、と思いつつ、
    「あなたは、どこで咲きたい?」
    神さまに訊かれると、誰もいないような場所を選んで
    「このあたりで」
    と言ってしまいそうなのだ。
    まさに、一本ぼっちのハクモクレンが立っているのが、そんな場所。

    はぐれモクレンに親近感を覚えて、近くまで行って花をたくさん撮らせてもらった。
    一本ぼっちで寂しいというわけじゃなさそうだ。
    私もそうだけど。

    浮遊する白い宇宙船に似た花をたんまり枝に止まらせて、一本ぼっちのはぐれモクレンは、その木らしさを充分に発揮している。
    「一本ぼっち」なりの咲き方があるのだ。


    ★ 今日の<魚の庭>は
    こちら 「大桜のシルエット」

    20130318s.jpg

    こちら 「はぐれモクレン」
    20130318ss.jpg

    ioWEB> <魚の庭

    ちっさい自分

    子供の頃から、おっきかったことがない。
    痩せぽっちで、背が小さくて、並ばされると一番前か二番目。
    高一になって急に背が伸びた時期があったけれど、公表158センチどまり。
    おっきくはないままだ。

    ちっさいせいで虐められたりした記憶はない。
    ちっさいのを気にしているつもりもないが、「ちっちゃい」と言われると、心の中で「ちっちゃくない!」と反発する。

    中身がちっちゃいのは、自分でも程度が分かっているからいいのだ。
    身体だよ、身体。
    「おっきくはないけど、そんなにちっさくはないよ!」と思ってる。
    でも、やっぱり小さいほうなのだろうな。

    “町”の北にある山の神社さんでの一枚。
    20130317a.jpg
    <おっきい画像は こちら

    境内に立つ松の木の下で、麓の景色を一望する。
    その自分の姿のちっさいこと。

    横にあった松の木が、これほど大きいとは気がつかなかった。
    松の木の横には、もっと高い木が立っているではないか。

    ちっさいなあ、自分。
    写真を見て一瞬、肩を落としたよ。
    自分がどこに写っているのか分からないくらい、ちっさい。

    でも、見ているうちに、自分のちっささが可笑しく思えて。
    木がおっきいのだよ。
    大き過ぎて、ちっさい自分には分からなかったのだよ。
    その自分のちっささが可笑しい。

    自分の小ささを可笑しがって見ているうちに、少しほっとしている自分を感じる。
    ちっさい自分には見えていない色々な存在に守られている気がしてきた。

    景色の中で保護色みたいになっているちっさい自分。
    いっぱい、色々な存在に守られているように見えて。

    ioWEB> <魚の庭

    ・1年前の今日の日記 「お陽さまコレクション」

    梅爛漫

    20130312a.jpg

    都心だと、なかなかお目にかかれない梅の花。
    わざわざ梅を見に亀戸天神さんまで行ったりしたものだが、“町”は梅だらけ。
    歩けばそこらじゅう梅、梅、梅。

    手入れされている梅ばかりか、小山の近くは野生の梅の木が、ワイルドな枝ぶりに花を咲かせている。

    “町”へ来て二度目の梅爛漫。

    ★ 今日の<魚の庭>は こちら 「梅爛漫」
    20130312s.jpg

    ioWEB> <魚の庭

    ・2年前の今日の日記 「やめて!と叫んでみたけれど」
    ・3年前の今日の日記 「孤独と絶望を抱えて」
    ・4年前の今日の日記 「夜中の訪問者」

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    02 | 2013/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    月別アーカイブ

    検索フォーム