FC2ブログ

    冬の暖かさ

    20130131a.jpg

    「早く暖かくなるといいね」
    「早く春になればいいのに」
    こんなふうに言うのを聞くと、冬は「早く立ち退いてほしい」と望まれているようで、冬が少し気の毒に思える。

    寒がりなので、冬の寒さはたしかに応えるのだが、一年を通じて一番お陽さまの暖かみを痛感するのは冬。
    冬も悪くないなあ、と思うこの頃なのだ。

    ウォーキングで通りかかったお寺さんの石碑では、白い猫が四匹、日向ぼっこ。


    ★ 今日の<魚の庭>は こちら 「冬のお陽さま」
    20130131s.jpg

    ioWEB> <魚の庭

    ・2年前の今日の日記 「冬も歩く」

    絵馬

    小山の中腹にある天満宮さん。
    杉林の中を長い長い階段を登って、ようやく拝殿が見えてくる。

    さて、お参りを済ませ目に留まったのが、拝殿の横に掛かっていた絵馬。
    子どもの字で願いごとがいろいろ書いてある。

     水泳が速くなりますように。

     算数ができるようになりますように。

     成績があがりますように。

    それらの中に一つ、「おお!」と思ったのが、

     人の話が聞ける人になれますように。

    誰かに言われたのだろうか。
    「人の話が聞ける人になりなさいね」と。

    話を聞くより、自分の話がしたいオトナが圧倒的に多いものね。 
    人の話が聞ける人が増えると、世の中もう少し静かになりそう。

    20130128a.jpg

    ★ 今日の<お陽さまコレクション>は こちら 「スカッと、晴れ」
    20130128s.jpg

    ioWEB> <魚の庭

    ・2年前の今日の日記 「温泉 三つめ・四つめ」

    結露対策

    去年から頭を悩ませていたのが、寒い時期の結露。
    ここは陽当たりのいい建物だが、北に面した窓は昼間に乾く間もなく、桟が始終びしょびしょしていて拭いても拭いてもキリがない。
    プチプチを窓に貼るといいと聞いてやってみたが、それもあまり効果がなかった。
    そこで考えついたのが、防寒シート(マット)を窓の内側に貼る作戦。

    キャンプ用の(寝袋の下に敷く)ジャバラ折りになるやつ(ホームセンターで800円くらい)を、折れる部分で切り離し、窓の幅に長さを調節して窓枠に貼り付けてみた。

    20130122a.jpg

    これが、ちょっとした効果!
    アカデミー賞結露対策部門があったらノミネートされたいくらいだ。

    桟の部分に、うまいこと空気の層ができて、
    「あれ? 今日、ここ拭いたっけ?」
    というくらい乾いている。

    自分を何度も疑って、効果のほどを確かめているが、夜になっても、うっすら汗をかく程度にしか桟が濡れていない。
    朝は多少は濡れてはいるものの、いちいち拭かなくたって午前中には乾いてしまう程度。
    もちろん、防寒効果も感じられる。
    見栄えとしては、レースのカーテンをしてしまえば目立たない。

    ●もう一つ、防寒シート(マット)を使った冷気対策を。

    壁に押し付けて置いているクローゼットやチェストなどが、冷気による湿気でやられてしまったという話を聞く。
    ウチのウォーク・イン・クローゼットも、北側の壁が冷たくなっていて、そこにチェストを置いているので心配していた。
    引き出しの中もひんやり。
    当然、しまってある衣服もひんやりしていて湿気が気になる。

    そこで、壁と家具の間に防寒マットを挟み込んでみると、かなり冷気が防げている。
    ウォーク・イン・クローゼットの中のひんやり度も、体感で随分とやわらいだ。

    防寒シート、使えます。

    <使ったのは、こんなのです↓>

        

    プチ大工みたいなことをやってるときが好きだ。
    効果があると、なお嬉しい。


    ioWEB> <魚の庭


      

    急流のごとく

    年明け三週間、12月からの流れを引き継いで急流のごとく過ぎてしまった。
    「忙しい」とは、あまり言いたくない。
    結局のところ、自分が引き受けてやっていることなのだから。

    そうは言っても、先週は気持ちまでもが忙(せわ)しくなって疲れ気味になっていた。
    今日は少しゆったりしようと決めたので、ややゆったりの日になっている。

    「てんこ盛りに忙しい」のも「ゆったり」も、そうしようと自分が決める(許可する)かしないかで、時間の過ごし方と過ぎ方が違ってくるもの。

    さて、年の初めには「今年はああしよう、こうしよう」などと思って、それに沿うように一日一日を始めたつもりが、いつのまにかそうしているわけにもいかなくなっている。
    今年に限らず、毎年のことかもしれない。

    自分に来ている流れをコントロールしようとすれば、葛藤が生じる。
    コントロールすべきは、流れではなく自分自身。
    (これ、今、思いついた。)

    そのときどきの流れに乗って、自分(の心と気持ち)の手綱を上手く操る。
    そんなことを覚える最中みたいな日々。

    ここひと月で体重3キロ減。
    自然に軽くなってみると、ちょっと余計なものが付いていたように感じる。
    これ以上に体重が落ちると体力がついていかなくなりそうだけど、今の状況には適した軽さなのかも。

    ダイエットとか増量(こっちのほうが難かしそう)とか、身体が勝手にコントロールしてくれてるみたい。
    と、勝手に解釈する。


    ioWEB> <魚の庭


      

    身体が覚える贅沢

    20130113a 20131108

    三ヶ月ほど前、ふと、お酒(アルコール)を飲むのと飲まないのと、違いがあるものなのか試してみたくなった。
    それから今に至って、あれほど好きだったワインも日本酒も、もちろんズブロッカも飲んでいない。飲む機会はあったが、「お酒を抜いているので」とお断りする。

    「何で?」
    「どうして?」
    当然、訊かれる。
    中には「お酒を飲まないなんて、もったいない」とさえ言う人もいる。
    お酒の美味しさも楽しさも知っているから「もったいない」と言いたい気持ちはよく分かる。でも、飲まない。
    今となっては、アルコール抜きになった身体に一滴でも入ることのほうがもったいない。

    お酒(アルコール)を飲むのと飲まないのと、何が違うか?

    すっきり感。

    身体も頭も、ついでに心も、一味上のすっきり感がある。
    これは、アルコールを飲んでいた状態では分からなかった感覚だ。
    やってみないと分からないとは、こういうことなのだ。

    さて、身体が覚えてしまった一味上の感覚がもう一つ。
    土の上を歩く快感。
    アスファルトを歩き回っても得られない感覚を知ってしまった以上、ウォーキングに出ると、土の地面、芝の上を歩かないとつまらない。足が満足しない。

    一味上の感覚を覚えるのは、知らなかった贅沢を知ってしまった気分なのである。


    ★ 今日の<魚の庭>は こちら 「土の上」
    20130113s.jpg


    ioWEB> <魚の庭


       

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    12 | 2013/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    月別アーカイブ

    検索フォーム