FC2ブログ

    バカ・・・見えない臍の緒を握りしめる人の姿

    子供の頃から「バカ」とはよく言われた。
    バカなことをやってしまうから、「バカ」と言われるのは仕方がない。

    私に「バカ、バカ」言うのは親しかいない。
    それは圧倒的に母だ。
    父のほうも「お前はバカだなあ」くらいは言うけれど、言い方はソフトなもので、私のバカを笑ってくれている、そんな感じだった。
    それに比べて、母の言う「バカ」は痛烈で強烈。
    怒り心頭に、ときには泣き出しそうに、大いに呆れて「バカ、バカ」言う。

    「バカ」というのは、「バカは死ななきゃ治らない」のバカのことである。

    こうして「バカ、バカ」言われて育ったのに、私は「バカ」が劣等感になっていない。
    つまり、「バカ、バカ」言われても、身に沁みてないというか、間に受けてないというか。

    ある意味、人はみんなバカだと私は思っている。
    誰でも、生きてりゃバカなことをする。
    誰もが「バカ」を持って生まれてきて、「バカ」をしながら生きてくものじゃないかと。

    漠然とそんなふうに子供の頃から思っていた気がする。
    だから、「バカバカ」言われても、「バカ」という言葉にめげずに生きてきたのではないだろうか。
    まあ、自分の持ってる「バカ」がぼんやりでも分かっている分、バカじゃない部分もあるのだと開き直ってもいる。

    ある人がこんなことを言った。
    「自分の子に「バカ、バカ」言う親は、子に越されるのを怖れているんだよ。」

    「え?」と思ったが、「あ!」とも思う。
    子を持つ身ではないから、親の実感はわからない。
    でも、ちょっとわかる感じもある。

    私に「バカバカ」言う母は、怖かったのかもしれない。
    自分の予想を超えてバカをする娘が。
    自分の世界以上のバカを持ち込む娘に、びくびくしていたのではないだろうか。
    私は、母が持つバカのレベルを超えるバカを持って生まれてきた、つまり、自由度の高いバカなのだ。

    こんなことを考えていたら、鼻の奥がツンとしてきた。
    親として怖れる感情と、自分から生まれても別物の人生を持つ子に対するライバル心に似た思い。
    子を持たない私には理解できないものがあるとしても、娘に対する怖れの感情もライバル心も、それらのすべてが、私に向けられた複雑な愛に他ならない。
    複雑な愛のコードを、見えない臍の緒にして握りしめている人の姿が浮かんでくる。

    「バカバカ」言われたバカには、その姿がいまさら愛しく映ったりして。



    ◆ io日誌 <10月27日>

    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


      

    「やりたくないこと」をやる

    20121020m(20091021).jpg

    パターンを変える>に続き、

    「やりたくないこと」をやる。


    4月に、「“気になる”を優先する」という記事がある。

    「“気になる”を優先する」――
    日常の中で気になっていながら通り過ぎていることを拾ってみる、
    を意識すること。
    ・気になっていながら、手を伸ばそうとしないこと。
    ・気になっているのに、無意識に無視していること。
    ・気になっていることすら、気に留めずにいること。

    気がついてみると、
    気になる中で、やりたくないことは後回しにしている。
    これでは、いかんではないか!

    そこで、「“気になる”を優先して“やる”」から「やりたくないことに手を付ける」に進化させてみた。

    行動を変える=考え(思考)を変える。

    やりたくないことばかりに手を付ける習慣があるなら、
    「やりたいことに手を付ける」に変えてみるのもよいかも。

    私は今日も、「やりたくないこと」の続き。
    やりたくなかったことも、蓋を開けてしまえば、それほどやりたくないことではなくなる。
    「やりたくないことをやる」と決めれば、やりたくないことへの自主性が立ち上がる。

    自主性=やる気。

    はじめのうちは亀のようにのっそりのっそりの進捗状況。
    それもある程度進んだおかげで、今日はいい調子。

    「やりたくないこと」には、秘められたものがある。
    そう感じていることについては、また書こうかと。





    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ



       

    パターンを変える

    20121018m(20121013).jpg


    気になることから手を付ける。

    このパターンだと、やりたいことから手を付けてしまう。
    と、いうことに気がついた。

    たとえば、片付け、掃除、クローゼットの整理や衣替え。
    こういうことは得意なので、すぐに手を付けたくなる。
    結局、やってる。

    手を付けたい=やりたい。
    だから気になる、というパターン。

    そこで、パターンを変えてみる。

    ◆ やりたくないことから手を付ける。

    腰が重いこと。
    気にしないようにしていること。
    見ないようにしていること。
    やりたくないこと!

    やりたくないことからから始めてみよう!
    みよう! みよう!

    そう決めた途端、
    やりたくなかったことにやる気が出てくるものです。

    ホントかい?

    やりたくなくても、手をつけよう。
    いつかは、やることになるのだから。



    ioWEB> <魚の庭


      

    お陽さまのせい

    20121013e.jpg

    九段にいた頃は、隅田川に架かる両国橋を目指して往復約10キロのコースをよく歩いた。
    最近は散歩に出ても10キロに満たない。
    今日も、歩いて15分ほどの神社さんにお参りして、散策しながら小一時間で帰ってくるつもりのウォーキングだった。

    陽の光がきれいで、景色がどこもキラキラして見える。

    20121013c.jpg

    で、結局、帰り着いたのは3時間後だった。
    お腹は空くし、喉は渇くし、
    九段からの散歩だったら神保町あたりで中国の人がやっている中華の店でビール飲んで腹ごしらえしていただろう。
    だが、田舎町ではそうはいかない。
    コンビニだって、ない。

    アメリカ映画で、荒野を延々と走る途中に売店兼ガソリンスタンドを見つけるみたいに、食料品と雑貨を売っているミニミニスーパーに救われた。
    そこでパンと飲み物を調達し、1時間に1本の八高線を待つことに。
    隣駅を越えるところまで歩いてしまって、帰りはディーゼルに乗ることにしたのだ。

    無人駅のホームで、サンドウィッチとカレーパンを平らげる。
    「夕焼け小焼けで日が暮れて」の町のチャイムが流れ、オレンジの陽が落ちていく。
    帰りのことを考えずに、遠くまで遊びに来てしまった子どものようだ。
    そうなったのも、きれいな光を放つお陽さまのせい。
    さっさと帰るにはもったいないほどきれいだったから。
    お陽さまのおかげで、ディーゼルにも乗れたわけだ。

    20121013d.jpg






    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ

      

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    09 | 2012/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    月別アーカイブ

    検索フォーム