FC2ブログ

    変われば変わるもので

    会社員の頃、一生着ることはないだろうと思っていた色が、ピンク。
    ソフトで甘い色が似合わなかった。
    着るのはスーツか、シンプルなデザインのワンピース。
    ふわふわゆらゆらしたシルエットの服も似合わなかった。

    それがどうしたことか、会社員を離脱した後の今は、スーツが似合うとは思えない。
    カチッとしたスタイルがしっくりこないのだ。
    スーツ姿でなければならない機会もないので構わないけれど、変われば変わるもので。
    ふわゆらのソフトなシルエットのものが好きになり、着る色の幅が広がった。
    ピンクだって抵抗なく好んで着てしまう。

    会社員の頃は、ぬいぐるみや人形の類は一切、部屋に置かなかった。
    掃除魔としては、ああいうものは埃を吸うので嫌だった。
    たまにプレゼントにいただいたものは、ビニールの袋に入れたまま押入れの中。
    整理魔でもあるから要らない物が溜まっていくのも嫌で、引き取ってくれそうな人に半ば押し付けるようにもらってもらう。
    おっきいキティちゃんは誰のところに行ったんだっけか?

    それがどうしたことか、ある日やって来た一匹のクマちゃんが次々に仲間を呼んで、今では15匹。
    すっかりクマちゃん好きになっている。

    ほとんどのクマちゃんがいただきもの。
    コレクターする気はないけれど、ポツポツといろんなクマちゃんがやって来る。

    以前は、ぬいぐるみは“物”でしかなかった。
    可愛くなくはない。
    けれど、それらは“物”。
    だからビニールの袋に入れたまま、押入れに仕舞い込んでおけたのだ。

    人間、変われば変わるもので。
    クマちゃん好きになってからというもの、クマちゃんを置いているお店や売り場に行くと、目が合う。
    たくさんの中から一匹だけ、強烈に目が合って引き寄せられる。
    ビビビッ!と来るのだ。
    そうなると困ったもので、置いていけなくなる。

    昨夕、銀座を歩いていたら、クマちゃんワールドなお店の前を通りかかった。
    ウィンドーの中でクマちゃんたちがミシンをかけたりお裁縫しているお店、Cuddly Brown(カドリーブラウン)。

    20110806(0805)a.jpg

    考える間もなく、ふらふらとお店の中へ。
    いっぱい可愛いクマちゃんがいましたよ。
    でも、強烈に目が合う子はいなくて、ちょっとホッとした。
    一階のフロアをひと通り見て店を出ようと思ったが、足がふらふらと二階へ続く階段へ。
    二階も可愛いクマちゃんがいっぱい。
    それでも強烈に目が合う子はいなくてホッとしかかったそのとき、目の前に、ウサさん。
    青い目のウサさん。

    「ダメダメ。行こう、行こう。」

    ペットショップで動物に魅入られた客のような必死の抵抗。
    その場をあとに階段へ向かおうとするも、
    「ほんとにいいの?」
    ふらふらと足まかせに店内を歩く私に付いてきていた友人が後ろで言う。
    振り返ると、青い目のウサさんが、遠くなってもこっちを見てる。
    で、ウサさんの前へすごすごと戻って見合ってしまう。
    「ダメだよ~、ダメダメ。」
    「え~、ほんとにいいの~?」
    生きもののペットと違って餌がかかるわけではないが、ここのところ無駄な物は買わない体制でいるのだ。
    なのに、なのに、
    手に持ってるじゃないか!

    連れて帰ってきました。
    自分で買おうとしたら、友達がプレゼントしてくれた。

    ありがとう。

    20110806(0805)b.jpg

    おとなしい子です。



    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ



      
      

    いつもと違う夏

    20110804(20100804).jpg
    <2010>

    一番好きな季節、夏、到来。
    その夏が、どうも、いつもと違う。

    天気もそう。
    ピーカンの突き抜けた夏の空はなかなか仰げない。
    昨日は銀行の帰りに突然の強い雨に見舞われ、途中のマンションの駐車場で雨宿り。
    落ちてくる無数の雨の矢をぼーっと見上げながら思ったこと……。

     気を引き締めて。

    例年、夏というと、開放的な夏休みモードで暢気に過ごせるのが好きなのだが、気分はそんなモードに入っていかない。
    じゃあ、どんなモードなのか?
    追い立てられている感じ。
    次から次へこなしていかなくてはならない、時間を無駄にしないよう駆り立てられているような。取るに足らないことに拘(こだわ)っていられないような。

    3・11の地震から、ものすごく時が経っている感覚がある。
    でも、まだ5ヶ月も経っていないことにびっくり。
    時間の質が濃かったと捉えたい一方、振り返ると濃いわりに進んでいないことが多い。
    それが暢気な夏でいられない理由なのかもしれず、精神面に時間を取られている感じ。

    振り返ると、地震のひと月前くらいは、自分の中で処理できていない嫌な面が次々に浮上していて、人の言動がやけに気になり引っかかりを感じることが度々。
    その引っかかりを引きずる、引きずる。
    対処するのに4~5日、ひどいときは1週間も、もやもやする始末。
    自分のネガティブ度に厭きれていた。

    それが地震後は、「小さなことに捕まっていられない!」という心境心になり、もっと自分を生きるに大事なことに取り組みたい。そういう気持ちにあらためて触れたのだった。

     気を引き締めて。

    どうもこれは、私にとっては、“自分と深くつきあう”ことを提示しているような……。
    実質的な目に見える部分を進めることを重視してしまうと気が急くばかり。
    実際、この5ヵ月足らずは、自分の中の取り組みの変化が大きい。

    自分を紐解いてゆける夏でありたい。

    なんてことを真面目に思う、やっぱりいつもと違う夏である。




    io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ



      

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    07 | 2011/08 | 09
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    月別アーカイブ

    検索フォーム