FC2ブログ

いいときほど気づかない

閉業間際のスーパーに入ると、店内に『上を向いて歩こう』が流れていた昨夜。
坂本九さんの歌う名曲。

 上を向いて歩こう
 涙がこぼれないように

会社員時代の一番辛かった時期の心のBGM。
残業帰りの夜道を独り歩いていると、なぜか、『上を向いて歩こう』が頭の中で鳴りだして、いつのまにか口ずさみ、じわじわ涙が溢れてきて、滲んだ眼で夜の空を見ていた。
昼間は会社で弱みを見せないように、いっぱいいっぱいの強気でいたものだから、人影が見えない夜の帰り道では気持ちも涙腺も緩々になって弱くなるのだった。

 涙がこぼれないように
 泣きながら歩く
 ひとりぼっちの夜

そうだよ。
何と戦ってるんだか分からない毎日は、誰といたって心はひとりぼっち。
自己憐憫の涙は、ときに嗚咽になり、脇道から現れた自転車のおじさんを驚かせたこともあった。
弱って泣いてるくせに歩くのだけは速いから、だいぶ前方にいて影も見えなかったサラリーマンに追いついてしまい、ぎょっとされたこともあった。
カツカツと足早に歩きながら声を出して泣いてる女なんて、そうそういないものね。
驚かせてごめんなさいね。

毎日がちっとも上向きじゃないのに、『上を向いて歩こう』を歌う。
上向きじゃないから、上を向いて歩きたいと思うのだ。

 幸せは雲の上に
 幸せは空の上に

頭のずっとずっと上にあるかもしれない幸せに向かいたい。
辛いながらも、諦めずに歩いて生きたい。
自分の中で頭をもたげるちっちゃな希望の芽を感じつつ、それをなかなか育てられないもどかしさと悔しさ。
辛くていじけたり、自分を責めたり嫌ったり激しくあったけど、あの頃は七転八倒の中で大量にいろんなことに気づいた時期でもあった。
愚かだから、嵐に揉まれないと気づけないのだ。

そのうちにいつの間にか風は上昇気流になっていて、涙して「上を向いて歩こう」を口ずさむことはなくなった。
“いいとき”が来ても、いろんなことにもっともっと気づいていこうと思っていたのに、気がつくと気がつけなくなっている自分がいたりして。ホント、呆れちゃう。
上昇志向の欲。あれは、辛さの中で頭をもたげていたちっちゃな希望の芽とは違うなと気づく。
ホントに難かしい。

昨夜、聞いた『上を向いて歩こう』が今朝も頭の中で鳴っている。
歌ってみたりもするけれど、辛さの絶頂のときみたいに涙は誘わない。
気持ちも涙腺も弱ってない証拠。
弱ってないときの『上を向いて歩こう』もいいものだ。
もともと名曲だし、何しろ歌詞が素敵。

 悲しみは星のかげに
 悲しみは月のかげに

爽やかな気分で歌える『上を向いて歩こう』は初めてかもしれない。

で、改めて思った。

“いいとき”ほど気づけなくなることを覚えていよう。
知らず知らずの慢心の陰に見落とすことがないように。
自分についても、周りの人についても、優しく心を配れるように。

20110403a
靖国さんのシキザクラ(四季桜)。

ふわふわした薄い花びらは、
撫でたい思いに駆られるけれど、
幼い子の柔らかい髪に触れるか触れないかのように、
そーっと、そっと、
手を近づけて、
愛でる気持ちを包みたい。

ioWEB

・2年前の今日の日記 「桜に呼ばれて」
・6年前の今日の日記 「花はなくとも花見」
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

検索フォーム