FC2ブログ

冬も歩く

20110131a

寒いのが苦手なので、真夏の散歩率に比べると格段に散歩時間は短縮している。それでも、なるべく頑張って10分から20分程度の散歩を1日3~4回はする毎日。

午前中の陽射しって案外、眩しい!

冬の陽射しって、こんなに強かったっけ?
と、ちょっと新鮮な気分。

ほんの10分、20分の散歩でも、歩くと自分の調子が手に取るように分かる。
もともと体調は悪くないけれど、身体の中のエネルギーの調子みたいな感覚が掴める感じ。
重たいときもあれば、弾んで軽いときもある。
軽く感じるときは、自然に公園の階段を一段置きに上っていたり、高低差のある所でつい飛び降りていたり。
重たく感じるときは億劫になりがちだが、自分の重たさを実感しながら歩くのもいい。
重たいときがあるから軽さもまた実感するわけで。

ioWEB
関連記事

眩しすぎるギフト

花和楽の湯のカフェ&バー花音で、壁掛けのスクリーンに流れていたミュージックDVD2本。
どちらも観入って聞き惚れてしまったので、そのうちマイ・ライブラリーに加えたいところ。

◆ 一つは、小田和正さんのスタジオ・ライブもの。
  たぶん↓これだと思う。

小田和正
BMG JAPAN
発売日:2005-05-25


ホントに、小田さんの声はあらためて、きれい。
あの透明なパワー溢れる声で陽水さんの曲や『神田川』など、他のアーティストの楽曲も聴かせてくれる。中でも『明日に架ける橋』には惚れ惚れ。
原題は『Bridge Over Troubled Water』なのですね。
聴きかじりで知ってはいたけれど、フルで聴くと、小田さんの歌唱効果も相まってか、ジワ~ンとハートに響いて涙がでそうになった。

◆ もう一つは、古い大聖堂で歌うサラ・ブライトマン。

サラ・ブライトマン
EMIミュージック・ジャパン
発売日:2010-11-10


ウィーンのシュテファン大寺院でのライブだったのですね。
厳かな雰囲気の聖堂で、まさに歌う女神を見るよう。

小田さんもサラ・ブライトマンも、その天からのギフトが眩しすぎます。

ioWEB
関連記事

温泉 三つめ・四つめ

冷えるのでね、一つめ・二つめに続き、先週・今週と週一ペースで温泉。

◆ 三つめ
またもや、埼玉県は小川町の花和楽の湯
今回は久々に昼過ぎに出かけて夕刻までたっぷりゆっくりの温泉タイム。

ここは岩盤浴が入館料に含まれているのが嬉しい。
夏の岩盤浴は、すぐに発汗できるのに、冬は冷え性のせいか、なかなか汗をかけない身体。
で、今回は岩盤浴の前にしっかり露天に浸かったおかげで、岩盤室に入った途端に汗が出る出る。
身体を温めてからの岩盤浴は効果的!

汗を流したあとは、館内着の浴衣に着替え、カフェ&バーで珈琲タイム。
ここは食事もドリンク類も美味しくて、何より静かに落ち着いて過ごせる空間がよいです。
20110128b 20110128b
珈琲のあとに、またひとっ風呂浴びて、あっという間に日が暮れて。

◆ 四つめ
東京ドームシティのスパ ラクーア
歩いて行ける距離なので、夕方から着替えだけ持ってサクッと温泉。
花和楽の湯もそうだけど、お風呂用具が一切要らないのが嬉しいところ。歯ブラシ・ヘアゴム、垢すりタオルもあり、至れり尽くせり。
化粧台コーナーは席数が多いので、女子力の足りないわたしでもヘアドライヤーにありつけのが有り難い。
ローション・乳液に、ヘアウォーター・ヘアクリーム・ワックスも置いてあるので、入浴後の身づくろいも万全。

ここでも、途中、館内着に着替えてリラックスルームでゆったり珈琲。
20110128c
イルミネーションの夜景を高い所から眺めていると、自分はけっこう優雅な身分なのではないか?と思えてくる。
ふっ、ほんのひと時のことです。

ioWEB
関連記事

心残りの解消

正夢(まさゆめ)ってあるけど、正イメージ(まさイメージ)ってのもある。

例えば、ある人と話していて、そのときはうまく言えなかったり伝えられなかったりして、自分の中で心残りが生じたままになる。それを引きずっているとき、一人でその場面をやり直してしまう。まさにイマジネーションの世界で。
あの話題のときに、こんなふうに言えたとか、あんな言い方もあったとか、考えるだけではなくて、そのときのその場を復元するように、頭の中のイマジネーションの場で会話をやり直す。
例えば、ミーティングや会議の場でうまくやれなかったとき、言いたいように切り返せなかったときも、まさにその場に帰ったかのようにやり直しちゃう。
一人になれる時間と場所があるなら、声に出して説明し直したり、伝え直したりしてみる。
うまくできるまで、何度やり直してもOK!

一人暮らしをしているうちに、いつの間にかやっていた変な習性。ところが、これが案外、功を奏す、ことがある。
・一つは、自分の心残りの解消。
・もう一つは、やり直しのチャンス(機会)を呼ぶ、場合があるのだ。

二つ目に期待するのは禁物。
だから、一つ目の心残りの解消のためにやる。

すると不思議なことに、言い直し・伝え直し・やり直しの機会が正夢みたいな正イメージでやってくる、場合がある。
わたしの場合は100%ではないにしろ、けっこう確率は高め。なんて言うと、チャンス(機会)を呼ぶことに期待させてしまうかもしれないが、あくまでも自分のための解消としてやるのがいい。

年末に、ある方と話をしていて、そのとき、口を挟むタイミングが掴めなかった。不意な話題だったもので、その場で伝えたいことがうまく固まっていなかったから。そのあとで、変な習性(クセ)が久しぶりに甦り、やるともなしにあれこれ会話のし直しをやっていた。
頭の中で。
その方が、急に昨日、やって来て、なぜか心残りだった例の話題を繰り返してくれた。
それで、会話のし直しをしていたことの伝え直しができてすっきり。それで思い出したのが、変な習性の“心残りの解消法”。

会社員時代は、ホント、よくやっていたなあ、一人芝居みたいに。
誰かが覗き見していたら、かなり相当に変に思っただろうに。それが、イマジネーションだけで事足りるようになったとは、自分としてはちょっとした進化かもしれません。

ioWEB

・6年前の今日の日記 「腹ぺこ」
関連記事

一日一箇所運動

トイレは毎日、掃除するけど、部屋全体をいつも掃除しておくってわけにはいかない。
仕事場の話。

ウチの母親は専業主婦なのもあって、午前中は掃除・洗濯が日課。
冬でも窓を開け放して、ハタキをかけて掃除機かけて拭き掃除と、わたしと妹の部屋は別として、各部屋・階段から廊下までぬかりなくきれいにしていく。
そんな家に育ったせいか、やっぱり自分の居場所はきれいにしていたい。
でも、掃除にばかり時間をかけていられないのが実情なのだ。

そこで、一日一箇所運動。
毎日、どこもかしこも掃除しておくわけにはいかないが、一箇所は重点的にきれいにする。
今年も始めてみた。

“今年も”ってことは、去年も?
そうです。そういう時期があるんです。

ある程度やると、できなくなる時期がやってきて消滅するブームみたいな独り運動。
それでも、毎年、一箇所ブームがあることで、手付かずがなくなるのだから、やるに越したことはない。

週末土曜日は、入り口の壁一面(床から天井まで)とドアを拭き掃除。
ついでに、入り口付近に置いてあるカウンターとロッカーの上を整理して拭き掃除。
これで二日分をクリア。
さて、今日は……。
フロアに掃除機をかけたのでいいことにしようかと思ったけれど、もうひと踏ん張りして、本棚一段拭き掃除。

20110117a
『トイレの神様』がヒットするずっと前からいるトイレの女神です。

ioWEB
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム