FC2ブログ

残暑ブルーのピリオド

いつになく炎天下を歩き回った今年の夏。
靖国さんに北の丸公園、ご近所を一回りと、10分、20分の散歩を日に幾度も繰り返した。
事務所の窓から陽の眩しさを見てしまうと、どうにもこうにも外へ出たくてたまらなくなる。
梅雨前に買っておいた日焼け止めのことなどすっかり忘れ、タンクトップの跡がたくましい体になってしまった。

毎日、陽を浴びて肌をさらしていると、体が自然の変化を敏感に受けとめているのが分かる。
陽射しの弱まり、風の変わりよう、蝉時雨の響き。

8月のはじめ、蝉の大合唱の下で緩い風に吹かれていたら、風が撫でるタイミングで腕にビリビリする感触が走るのが面白かった。あのあたりが、今夏のピークだったみたい。
お盆を過ぎた途端に、風の吹き方が変わった。
秋の気配を帯びたかのように、猛暑が日々確実にパワーを失っていく。

残暑ブルーは毎度のこと。
文句を言ってるみたいに「暑い、暑い」が口をついても、夏が一番好きな季節。
夏の盛りが過ぎていくのが寂しくて、「頑張れ、夏!」と思うけど、行ってしまうものは引き止められない。
転校が決まった友達が、どんなにこっちが「行っちゃヤダ!」と足掻いて願っても、その日が来れば笑顔を残していなくなってしまうのに似てる。

残暑ブルーのピリオドはとっくについている。
今日は今年最後の猛暑日だとか。
先々週、エディ・バウアーのおにいさんに薦められ、飛びついて買ってしまった赤のタンクトップも着納めかな。



io日和> <魚の庭> <ゼロ✦プラ


  
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム