スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オジーさんにiphone

一人で出歩くと、かなりの確立で声をかけられる。
道を尋ねられるのはもとより、「このバスはどこどこへ行くか?」とか、「どこどこへ行くにはこの電車でいいのか?」とか。

初めて行く不案内な場所でも、海外でも、尋ねられるのはどうしてだろう?
ウチの母親に言わせると、これは決してわたしが親切そうな“いい人”に見えるからではないそうだ。
(ふむふむ)
母親説によれば、
1.知ったかぶって歩いてるから
2.適当にブスだから(美人に声はかけにくい)
3.ボケッとして見えるから(スキを突きやすい)
なのだそうで、娘が自分で自分を“いい人”だなんて勘違いをしないよう釘をさしているとはいえ、1については「べつに」、2と3はあながち外れてないかも、くらいに納得して生きてきた。

それが最近、シンデレラの継母みたいな母親の説とは若干異なる説が浮上した。
題して、“神さまのお遣い説”。
その人曰く、私を担当している神さまのお遣いが、物陰で次々と手を変え品を変え姿を変え、尋ね人になってわたしを試しているのだと。そしてわたしの採点表には、その時々の態度対応によって、○とか▲とか、まるで×とか、書き込まれていくのだと。
「えーーーーっ、そうかも!」
母親説より“お遣い説”のほうが、わたしには納得度が高いこの頃。いずれにしても、道を尋ねられたりするのは“いい人”そうに見えるからではないのは、よーく分かっている。

さて、本日は所用で蒲田に行かねばならず、有楽町線・山手線を乗り継ぎ、新橋から京浜東北線に乗り込んだ。と、そこまでは珍しく誰に呼び止められることもなく、“神さまのお遣い”のことなどすっかり忘れていた。

「あの~、梅屋敷ってご存知ですか?」
不意に隣に座っていたおじいさんが尋ねてきた。
「梅屋敷?(花屋敷じゃなくて?)
 さあ?(桜が終わった頃に梅かい?)」
「松本清張さんの『砂の器』に出てくるでしょ!」

出てくるでしょ!って、唐突に松本清張を出されても。

「そこで殺人があって」
「そうでしたっけ?」
「一度、梅屋敷ってとこに行ってみたくて~!
 どうやって行けばいいんでしょ?」

はい? 聞いたこともない梅屋敷とやらにどうやって行けばいいか?
ものすごく難かしいことを尋ねられているのだよ、わたしは、おじいさん。

そのとき、遅ればせながら2月に手にいれたiphoneがあったのを思い出した。
バッグからマイ・アイフォンを取り出して“梅屋敷”を検索する。それで、“梅屋敷”が屋敷の名ではなく駅名であることが分かった。
「京急ですよ、京急(おじいさん!)」
「京急ですか!どうやって行けばいいんでしょ?」
おじいさんが一緒になって覗いているマイ・アイフォンの画面で、わたしはGoogleのマップを上へ下へ指をスイングして乗り換え駅を探した。だが、京浜東北線と京浜急行は付かず離れず交わる駅がない。
「品川からなら乗れたんですけどね」
電車はすでに品川を過ぎ、大井町の駅も出てしまっていた。そもそも、おじいさんが声をかけてきたのは品川を過ぎてからのこと。
「品川に戻るか、うーん、川崎まで行って乗り換えるってことも……」

わたしが不慣れな京急にどう乗り換えればいいか頭を捻っているというのに、額に汗びっしょりだというのに、おじいさんはマイ・アイフォンに釘付けになっていた。
「スゴイですねえ、スゴイですねえ、これ!」
あまりに「スゴイ、スゴイ」言ってくれるので、わたしはまたGoogleのマップを上へ下へ指でスイングさせて見せた。
「あのォ、これ、アイパッドですか?」
おじいさんの耳にも、iPadの噂が届いているとは!
「いえ、これはiPhoneです」
クールに答えたあと、わたしは極めつけに、おじいさんにもよーく見えるよう二本指でマップを拡大し、「ほら、ここが梅屋敷なんですよ」と教えてあげた。
「そんなことも! スゴイですねえ!」

電車はじき大森駅に着こうとしていた。
「とにかく、京浜急行に乗らないと」
品川に戻るのか、川崎で乗り換えるのか、おじいさん!
「いやあ、スゴイ!
 そんな長い爪で!」

大森に着くと、おじいさんは、向かいのシートにいたおばあさんに「降りよう、降りよう」言われ、連れ立って降りていった。

あのお方が例の“お遣い”だったとしたら、「爪を切れ」と言いに現れたのだろうか。
切らないと。

20100420a

ioWEB
・1年前の今日の日記 「サツキとツツジ」
関連記事
スポンサーサイト

葉桜咲くら、水桜

桜の見頃は終盤、葉桜の時期。
皇居の辺りは桜の見所があちこちにあるので、しっかり三脚を持った、でもって高そうなカメラを構える寡黙なカメラマンさんたちをよく見かける。
一時期の桜熱は冷めたものの、わたしもこの時期はカメラを持って桜散歩の日々。
ここ数年、狙っているのが桜吹雪のシャッターチャンスなのだが、やはり今年もうまく撮れなかった、没。白っぽいチリ、というかレンズのゴミが映ったようにしか見えない。

桜吹雪は風を捕らえるようなもの。
夜桜も難易度が高いけど、いつか桜風をレンズにつかまえてみたい。

20100411c.jpg

若い緑の葉に映える桜も美しい。

20100411a.jpg

今日は千鳥が淵の交差点から半蔵門に向かい、新宿通りのエクセルシオーレでまったり読書。
最近の読書はiphoneで。青空文庫を片っ端から読んでます。電子ブック大歓迎。
気がつけば、すっかり夕暮れを越して外は真っ暗。帰り道、麹町女学園の玄関横で、噴水に泳ぐ花びらを見つけた。今年の桜の撮り納め。

20100411b.jpg

ioWEB
・1年前の今日の日記 「夜の公園パラダイス」
・5年前の今日の日記 「ぐぁんばる」
関連記事

七歳児vs.黒い犬

一昨年だったか、ある霊能者の方に「女の子がついてますね」と言われた。

歳の頃は7つくらい。若草色の着物を着た子で、片手に草をふりふりしながら一緒にくっついて歩いているらしい。
霊能者さま曰く、その子はわたしの守護霊さまなのだと。

七歳児の守護霊さん。

合点がいった。
会社員を卒業してから、どんどん自然体化が進んできて、もともと子ども気質なところが奔放に増幅しちゃってる傾向ににあるようなのだ。と、自分の子どもっぽさを守護霊さんのせいにして納得している場合ではなかった。

「いいかげん、守護神さまと一体化しなくてはいけません。しっかりしてください」

お叱りめいた口調で霊能者さまに言われた。
見えないのでよく分からないけれど、どう考えたって守護霊さんより守護神さまのほうが、何か精神面のレベルが上っぽい。まあ、だから、つまり、ふわふわしてないで「しっかりなさいよ」と軽く渇を入れられたのだと解釈した。

わたしの守護神さまは、金の靴を履いておられるそうで、時空のすさまじい風を一身に受け前へ進もうとされているとのことだった。
それを聞いたときは、感激でウルっときた。
こんなふわふわした自分のために、守護神さまが頑張っておられるなんて、悪くて悪くて。申しわけない気持ちと感謝で胸がいっぱいになり、心を入れ替えて「しっかりしよう!」と思ったものだ。

ところが七歳児の守護霊さんもなかなか強力らしく、どうも自分の意識に自由度が増すと、守護するどころかわたし自身より前面に出てきている気がするのだ。
昨日みたいに、桜吹雪につい嬉しくなって「きゅぅぅぅ!」などと意味不明な声をあげてをしまうのは、きっと、七歳児の守護霊さんに同調しているからに違いない。と、また守護霊さんのせいにしたりして。

守護霊さんに“蓬ちゃん”と名づけたのもいけなかったかもしれない。夢枕獏先生の『陰陽師』の中で「この世で一番短い呪とは、名だ」と阿部清明が言っているではないか。面白がって、いや、親しみを込めて名づけた結果、守護霊・蓬ちゃんの在りようを押し出してしまった気がする。

そんな事情があって、最近は“蓬ちゃん”のことをあまり話題にしないようにしていた。「噂をすれば何とやら」と言うし。
それが一昨日、事務所にいらしたS氏が、何の話題からだったか、霊能者に観てもらった話をし始めたもので、つい、わたしも蓬ちゃんの話を披露してしまった。本当にわたしは“つい”が多い。これは守護霊さんのせいではない。

S氏には2~3度、お目にかかったことがある。いつも黒系のスーツを着ているイメージ。ときどき世直しみたいなことで乱暴な悪い奴らを殴って退治した武勇伝をいくつもお持ちで、でも普段は懐の深い、出版系経営者である。
そのS氏の守護霊さんは、真っ黒い犬、なのだそうだ。
その黒いお犬さまは、真っ赤な舌を出して笑っている、のだそうだ。
黒系のスーツといい、紳士な風貌のわりに乱暴な武勇伝といい、合点がいった。

七歳児 vs. 黒い犬。

一瞬、真っ黒なお犬さまが脳裏に映った。(気がした)
わたしの蓬ちゃんは怖がっていないだろうか?
ちょっぴり、いつも護ってくれているはずの存在を案じて、S氏の黒いお犬さまに拍手を二度打っておいた。
心配には及ばず、蓬ちゃんは黒いお犬さまが怖くも嫌でもないらしい感がした。そうして、黒いお犬さまを前に、明け方まで和やかな宴が続いた。

お開きになり、事務所を出て行くS氏の姿は軽快な足取りのボクサー犬みたいだった。S氏もときどき守護霊さんが前面に出てしまうのだろう。

ioWEB
・1年前の今日の日記 「見納めの桜」
関連記事

桜風の頃

20100408a

靖国通りは桜が満開のとき。
ちらちらと花びらが降ってくる頃のお楽しみが、桜吹雪。
歩いていて花混じりの桜風を浴びると、全身嬉しくて、思わず顔が笑んでしまう。
でもって、「きゅぅぅぅ!」。

「な、なに、その「きゅぅぅぅ」て?」

一緒に歩いていた某ライター氏が、不審そうに訊くけれど、

「え、自分でも分からないー」

つい自然体全開になると、ときおり意味不明な擬音を発します。考えて言ってませんから、意思不在。

さて、最近の散歩は、やはり当然、桜のあるコース。
靖国神社を抜け、田安門交差点の歩道橋を渡り北の丸公園へ入る。

20100408c

昼間の花見グループが点在する芝生の広場から、千鳥が淵が望める小高い場所へ。雨で柔らかいクッションを感じる土の散歩道を足の向くまま黙々と歩く。
20100408d

散歩道を抜けると、池越しに芝生の広場が眺められる。水に映る空と木々の景色が美しい。
20100408e

北詰橋門前か乾門前の出口から公園をあとに、千鳥が淵交差点に向う。道沿いの千鳥が淵が見える土手に上がり、再び土の感触を味わいながら歩く。

20100408b

桜越しの夕日にうっとり。散歩道で拾いものをした気分。

ioWEB
・1年前の今日の日記 「桜風日和」
関連記事

雨でも桜

桜の時期の靖国界隈は、天気がいいと歩道を思うように歩けない。
とくに皇居田安門の辺りから市ヶ谷へ向う靖国通り沿いは、ビジネスモードの急ぎ足は無理! あからさまにイラつくくらいなら、スマートにはじめから回避するか、諦めて頭上の桜を眺めて暫しリラックスしたほうがよいです。

さて、本日は雨♪
花寒さも何のその、一人花見にはもってこいの散歩日和。
何しろ、人出が少ないので。

20100405a

田安門前の桜は花盛り。
20100405b

千鳥が淵が雨に煙り、水面に向って枝を伸ばす桜は飛沫をあげる滝のよう。
20100405c

花に滴る雫は清々しく、人ごみのない桜スポットを一人楽しむ雨の午後。

20100405f

ioWEB
・2年前の今日の日記 「花見熱に、ぽそり」
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。