FC2ブログ

花の不幸は蜜の味

「お花はいいな」
買い出しに行く途中、歩道沿いで野放図に育った植木が真っ赤な花を満開にしているのを見て、つい呟いてしまった。

「温泉と夜中の風浴でガッツリ寝られそう」と書いたら、昨日土曜日はホントにガッツリ寝てしまった。明け方4時くらいに寝て、目が覚めたら2時半だもの。
10時間以上も寝たのだから、さっぱりはしたが、そのわりに気持ちが冴えない。
やる気がでない。
何かつまんない。
どうやら“つまらないの雲”が降りてきてしまったようだ。

羨ましげに「お花はいいな」と口にしたら、買い出しに付き合った事務所のクマさんがすかさず「なんで?」と訊き返してきた。
「咲けばいいんだもん」
ほとんど考えずに出た言葉に、自分でも羨ましさが増して恨みがましさを感じた。

「咲かない花もあるんだよ」
飄々としたクマさんが言った。
「え?!」
心にちょっぴり刺激が走った。

「僕がもらったチューリップの球根は、蕾にまではなるのに咲かないんだよ」
またしても「え?!」である。
「毎年、毎年、植え替えても蕾で終わるんだよ」
「なんで?」
「きっと花になる力がないんだよ」
「ふ~ん」
蕾にまでなって開かないとは、なんて悲しい話だろう。
悲しい話と思う反面、靄がかかった心に興味の芽がムクッと頭を持ち上げていた。
花の不幸話はさらに続いた。
「弟がどっかから持ってきたアイリスなんかさ、茎は伸びるのに蕾にもならないんだよ」
「そいつも毎年、毎年、茎だけスーッと伸びて終わっちゃう」

よほど球根を植える人の心がけが悪いんじゃないかと思って誰が育ててるのか訊いてみたら、実家のお母さまだった。花を育てるのが好きなお母さまなので、原因は球根を扱う人ではないようだ。すると、球根を貰い受けた人のせいか?
「その育ち方って、球根を貰ってきた人に似てない?」
蕾どまりなのも、茎しか伸びずに蕾にもならないのも、球根を貰った本人たちに何となく重なる気がして、つい言ってしまったのは荒みかけていた心のせいだろう。

「ふん!」
クマさんがムッとした素振りを見せたところで、あるビルのほったらかしの花壇に、ガーベラを小柄にしたようなピンクの花たちが咲き乱れているのが目についた。
この花壇の前は年中通る。勝手に根付いた雑草が生えているくらいにしか見えなかったが、こんなきれいな花が咲くなんて。二人でちょっと感動した。
さらに歩いていくと、これまた手入れがされているとは思えない花壇がある。乱れ気味に茂った葉に紛れて、まだ固い緑の蕾がいっぱいついていた。またしても感動。
「ここって、どんな花が咲くんだっけ?」
「忘れたけど、楽しみだね」
そんな会話をしていて気がつくと、“つまらないの雲”はすっかり消えていた。

ほとんど付き合いはない知り合いの女性ライターさんがウツになったと聞いていた頃、彼女も知っているある人が交通事故で亡くなられた話が密やかに伝わってきた。事情があって一部の人たちにしか公にされない中、どこで聞きつけたのか、その話を知った彼女が一番興奮して騒ぎ立てていたのにはびっくりした。受話器から聞く彼女の声には張りさえ感じられた。
そういえばウツで入院してしまったある校正者氏が、病院から電話をかけてきて「収入がなくなる」と嘆きながら「誰某はどうしてる? 誰某は?」と知人たちの近況を尋ねるので、「Kさんは○億の負債を抱えて大変だ」とか、「某出版社が潰れてYさんは○百万のギャラがもらえない」とか話してやったら、ぐちゃぐちゃ嘆くのが止まった。

「他人の不幸は蜜の味」と言うけれど、花の不幸話で“つまらないの雲”を追い払えたいおろさんには「花の不幸は蜜の味」だったようだ。

元気が戻ったら途端に食べることに意欲が湧いて、昨夜はネパール料理のアッサムへ。
タンドリーチキンがいつになく美味しく、カレーとワインと、さらに「サービスです」と出されたオムレツで気分は全快。“終わりよければすべてよし”のよい一日であった。

ioWEB
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム