FC2ブログ

怖ろしき哉、人生!

“べき”はない の続き。

この人はいったい、どこで何を間違えたのだろう?
他人(ひと)の人生を見ていて、考えることがある。

人生は素晴らしい!
基本的に、わたしはそう思ってはいるけれど、そうとばかりは言えない。
人生は怖ろしくもある。
能天気で夢見がちなわりには、わたしは人生の怖さを心に留めている。
コインは表と裏があって一つのコインなのである。何事も表裏一体。“素晴らしき哉、人生”は“怖ろしき哉、人生”にどこからかとって代わることもあれば、その逆もある。

何が怖ろしいかって、正直、失敗は怖ろしい。とくに、他人の失敗には身がすくむのである。
むしろ自分のことなら、これまで大きな失敗をした例(ためし)がないと思っているせいか(他人から見たらどうだか分からないが)、「失敗しても何とかなる」気がしてしまう。

そもそも、誰だって失敗すると思うことはしないだろう。不安が多少はあったとしても、心のどこかで「何とかなるだろう」と思うからするわけで、「できない」と思っていることはしない、と言うかできない。
ところが、本人はできない気がしているのに、周りに乗せられたり、自分のプライドや体裁のために、迂闊にもできる気になってしまうのも、見ていてまた怖いものがあるのだが、「何とかなるだろう」の可能性にかけてすることが、何とかならなくなった状況を他人の人生に見たときが怖いのだ。

“失敗は成功の元”だとか“人は失敗から学ぶ”とか、失敗を肯定する言葉は数あれど、実際に失敗してしまった人の話を耳にすると、「自分だったらどうしたものか?」と考えて、わたしは脅しをかけられた気がしてしまうのだ。
おそらくこれは、わたし自身が「何とかなるだろう」の可能性にかけてしまう生き方だからかもしれない。自分に正直に「できない」と微塵でも思うことは、わたしはしようともしない。

ここ数年の間にも、「人生は怖い」と思った出来事がある。
何度かお会いしたことのある社長さんが、資金繰りに詰まって会社を倒産させた挙句に自己破産した話が伝わってきたときがそれ。
今どきのご時勢に珍しい事ではないけれど、実際に知ってる人の倒産や自己破産は、自分の身に起きないとは限らない突如とした現実感を伴う。
この社長さんだけではなく、他にも、立派に専門分野のキャリアを持ってらっしゃるコンサルさんやライターさんが自己破産しただの聞いてしまうと、肝っ玉がキュッと縮まって血の気が引きそうになる。

で、考えるのだ。
その人はいったい、どこで何を間違えたのだろう?
“怖ろしき哉、人生”の切り替えポイントはどの時点にあったのだろう? と。

ioWEB
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

検索フォーム