FC2ブログ

ホントのところ

頼んでもいないのに、「やってみた」と見せられたのが「人間計算WEB」。
誕生日を入力すると自動計算で自分の性格・傾向を教えてくれるしかけ。

わたしの誕生日を入力した結果は、

 トニカク
 パワーガ
 タップリデ、
 チャレンジ
 セイシン
 オウセイ!

もー、「パワーがある」とか「おっきなエネルギーを秘めてる」とか、力技っぽいことは散々言われてきたので、いまさら驚きはしません。
何かもっと弱々しいことを言っていただけると、嬉しいかも。本人は、いたって小心者の小動物のつもり。

頼まれてもいないのに、誕生日を知っている方々のを計算してみると、けっこう言い当てている感じ。

ちなみに笑えたのがウチの父親。

 モノシズカ
 ダケド、ジツ
 ハ ダイタンデ
 ハラガ
 スワッテイル??

文句を言われたら寝る。
喧嘩を売られたら寝る。
周りのご機嫌が悪いときは寝てしまう。
と、何があっても即座に寝に入ってしまうところは、教えられたわけではないけれど、なぜか自然に自分も身についていた“父の教え”。

無責任となじられることもしばしばあれど、ひょっとしてウチの父さんは腹が据わっているの?とも思うようになったのは、ここ2~3年のこと。
本当のところはよくわかりませぬ。不思議な人です。

ioWEB
関連記事

お映画

昨日は、いただいたチケットで渋谷でお映画『ファニーゲームU.S.A』。

20090107b

落ち着いて座っていられないサイコホラーは、1997年の作品『ファニーゲーム(Funny Games)』のハリウッドリメイク版。
気色のよい映画ではない。
気色悪さが後を引く、不快さが面白い作品。

一方的で身勝手なルールでもって、不快で理不尽な心理状態への引き込み方がすごい。
犯罪って、そういうものなのだ。
と、今さら分かる。

オリジナル版と、さらにリメイク版も手がけた監督(ミヒャエル・ハネケ)は、かなりこの作品、というか不快で理不尽な状況が作られていくストーリーが気に入っておられるのでしょう。
「キング・オブ・不快 ザ・エンターテイメント賞」をあげます。

映画はB級でもホラーでも、何でも観る主義。
食べ物同様に好き嫌いはしない。

昨年は、DVDとギンレイさん上映作と、いわゆるロードショー上映で、年間156作品を鑑賞。『ファニーゲームU.S.A』は、今年の3作品目となる。

映画は数を観れば観るほど、観方が拡がる。
映画も本も、批判指向で論評するのは簡単。
そういうのは評論とは言わない。
愚痴や文句にことごとく近い無知な“こき下ろし”なのである。

優れた映画評論家の淀川さん水野晴夫さんらの評論解説がなぜ素晴らしいかと言うと、エンターテイメントとしての映画の在り方を理解したうえで作品の論評をしているからなのだ。

自分の理解が浅いのを棚にあげた評論家気取りは、無知をさらけ出しているようなもの。
自分の理解の狭さを作品のせいにするくらいなら、批評なんてしないほうがよい。
理解している「つもりの人」には通用しないからタチが悪い。
と言ってる自分のタチの悪さは、なかなか分からないものである。


ioWEB



       
関連記事

代謝アップキャンペーン中だけど

食べて15分もすると暑くなる。
背中に手をかざしてもらえば、体から熱を発しているのが分かるくらい。
これは褐色脂肪細胞が活発に働いているせいで、食事で得たカロリーを燃焼させているから。

そんなわけで、エネルギー効率の悪い「アメ車みたい」とよく言われる。
もともと、体温も高くて基礎代謝のいい体。
ところが、会社を辞めてから通勤がなくなったせいか、以前より代謝が悪くなっている感じ。スポーツジムも行かなくなってやめてしまったし。

なので歩く。
できるだけ歩く。
5キロ、6キロは当たり前。

昨日の夕方は、知り合いの事務所がある大門まで5.1キロのコース。

20090106s

大門に着いたら、お嬢もやって来て、ゆるゆると新年会モードに。
お土産にワインも持っていったし、じつは最初からそのつもりの確信犯。

帰りも歩く予定だったが、ほろ酔いが気持ちよくて、歩く気がまーったく失せた。
遠浅な「ほろほろ酔い」を、シャキ―ンと醒ましてしまってはもったいない。
代謝アップキャンペーンもよいけれど、ゆるく「ほろほろ酔い」も捨てがたい。
「ほろほろ酔い」の勝ち。

20090107c


ioWEB



  
関連記事

氏神さまとのお付き合い

12月に、ふと気になりだした氏神さま。
近くのほうが参拝に行きやすいので、勝手に築土神社を氏神さまにしていたのが、「違ってるのではないか?」と思い始めた。そんな時期に、ある霊能者の方とお話しする機会があって、何故かその方の口からも氏神さまのお話が。

◆ 気になることは糸口になる。

氏神さまというのは、その土地を守ってくれている神さまで、管轄の区域がちゃんと決められている。
そこで、その霊能者の方に教えていただいたのが神社庁
自分の住んでいる地域、あるいは職場のある場所の氏神神社が分からない場合は、神社庁に問い合わせるとすぐに教えてくれる。

さっそく12月に、電話で事務所の住所を伝えると、ここの氏神神社は赤坂山王の日枝神社であることが分かった。
考えてみれば、近いからという理由で管轄ではない神社さんを氏神さまにしていたなんてことは、自分のクラスの担任の先生を無視して、隣のクラスの先生に「よろしくお願いします」と挨拶しているようなもの。
昨日は、隣の氏神さまの御札を返して、正真正銘の氏神さまの御札をいただき、気になっていた懸案事項を正して気分はすっきり。

ここで、霊能者の方から教えていただいた「氏神さまとのお付き合い」のポイントをいくつか。

[氏神さまとのお付き合い]の続きを読む

関連記事

縁の賞味期限

人並みに仕事始め。
正月休みだったご近所のお店がいっせいに営業開始。
ケーキ屋さんの店員さんもレストランの従業員さんも、気分を新たに働いているように見えて、街の空気も活き活きしていて気持ちよい。
と、私もハイテンション気味。

仕事始めは、占いの編集作業から。
会員制メルマガに掲載している「ダイエット占い」は5年越しで、じき6年目に入る。
ダイエットに励む方たちに、元気と希望を!
のコンセプトで、メッセージをお届けしております。

占星術で鑑定してくれるのは、星秀加さん
知人の紹介で、ムチャかと思った「ダイエット占い」を引き受けてくれた。
電話での打ち合わせで数回お話をしただけで、お会いしたことはない。
今では、原稿のやり取りを兼ねたメール上のお付き合いだけだが、話が通じる方なので、面倒もなく継続しているのが嬉しい。
そして、なぜか、紹介してくれた知人とは、ぷっつり切れているのが縁の面白いところ。

“縁の賞味期限”が切れる瞬間。
価値観の場にズレが生じて、軌道が離れていく感じ。

価値観のズレはもともとあったもので気づかなかっただけ、と言う人がいるけれど、人は変化がないように見えても変わっていくのだから、もともとのズレの場合も、新たなズレができた場合もあるだろう。
ただ、ズレだけの問題ではないようにも感じている。

ここ4~5年で、私の人づきあいはかなり変わってしまった。
そもそも同じ状態が続くのが苦手で変化が好きな性質。
その中で自然に残っているものが、結局は無理なく今の自分に適しているのだから仕方ない。

縁は続けばいいというものでもないと思っている。
人との縁も、仕事の縁も、何もかも。

自分の中で、選んで手を放す縁ももちろんある。
これは、厄介な問題と手を切るときにも使うやり方。
自分が解決できることはともかく、他を変えないと解決しないことに躍起になるより簡単。

パッと手を放すイメージで、執着したい気持ちを放る。
なるようになれ! と。


トラブルを抱えているとき、その問題に執着していないか省みると、自分でトラブルにしがみついていることがある。
そこに気づいたら、
パッと手を放すイメージで、心(思考)を放してみて。

☝ トラブルとの縁の賞味期限は自分で切らないと。


ioWEB



   
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

検索フォーム