FC2ブログ

納め

帝国ホテルから、久々のタクシーで帰ってまいりました。

仕事です。
お腹ぽんぽこりんに膨れました。
フレンチをお腹に納めて、仕事納めです。

最後に、飛んでる姿で今年のブログを締めたいと思います。

いきますよ。

20081230c

ほ-ら!
20081230d

皆さん、よい御年を。
来年もよろしくお願いいたします。

ioWEB
・1年前の<いおろろ1枚> 来たる年のために「抱負」
関連記事

駆け込み焼きブタ

すごいですねー。
仕事納めをした年末に、手作りの焼きブタを届けてくださる方がいらっしゃいました。
20081230a

できたてほやほやなので、冷蔵庫で年末を越えさせて、年始にいただきます。

FAUCHONのピンクシャンパンを届けてくれた方もいらっしゃいました。

20081230b

オウチの大掃除とかいいのですかね。
ありがたいことです。

ioWEB
関連記事

今年最後の

温泉は「峠の湯」。

仕事で、急に長野へ行くことになり、昨夜、レンタカーで出発。なぜにレンタカーかというと、夜中に横川で釜めしを食べようと思って。
で、計画どおり、ちゃんと夜中の2時頃に横川の「峠の釜めし本舗おぎのや」に到着。
この時期の「おぎのや」さんには、スキーバスがぞくぞくと到着して夜中の駐車場はバスでいっぱい。店の中はトイレ休憩の客でいっぱい。なのに、釜めし、終わってる。

食べたいものが食べられないことが、どんなにわたしを凹ませるか。寒いしね。
こうなったら碓氷峠を越えて、佐久の上信越道インターの近くにある「おぎのや」だ。
ってことで、午前2時半の峠越えを決行することにした。
あんなところ、優良ドライバーのわたしには運転できません。ましてや夜中で、道はうっすら白く凍ってるし。
一人じゃなくてホントによかった。優良かつ優秀なドライバーにすべてを託す。
くるくるくねくね連続カーブで気持ち悪くなる一歩手前で、ようやく佐久に着いたのだが、こちらの釜めし屋さんは閉まっていた。

もう、外気-4℃の中、わたしなんか魂が死にかけた顔になってるのが自分でも分かるくらい、凹んだうえに腹ペコでヨレヨレ。冗談じゃなくて本当に、エネルギーレベルが下がると、自分の中で生命体らしきものが萎んでいくのが感じ取れる。仕方がないから、マックで腹ごしらえ。

こうして生命力を即効で回復させ持ち直すと、次にやってくるのが眠気。
仕方がないので、さんざんカーナビが「高速に乗れー、高速に乗れー」とICマークに誘導していたのを無視して国道を走り続けてきたのを、上信越道にちょこっと入ってパーキングエリアで仮眠することにした。どこでも遠慮なく眠れる体質なので、すぐに爆睡。気がついたらとても爽やかな早朝を迎えていた。
あくまでも仕事で行ったのだけれど、やはり冬の朝の「白糸の瀧」を見ておかねば!
と思って、早々に出発。車は瀧へと向かう。これもレンタカーにした理由の一つ。

きれいだねー。きれいでしょー。
計画どおり、ちゃんと朝日に照らされる「白糸の瀧」を拝むこと約1時間。
20081229a
20081229b

あくまでも仕事だったので、瀧をあとに何だかんだしたあとは、夜中に食べられなかった“釜めしリベンジ”で釜めし。ようやくありつけて、おやきもゲット。
20081229c

あくまでも仕事だったけど、こうなったら、せっかくだから温泉も。
入場料500円の「峠の湯」は、露天から眺める山の景色が清々しい。
20081229d
これは↑テラスから撮影したもので、奇峰の山影は妙義山ということです。

本日、痛感したのは、わたしの食べ物や温泉への思いが叶いやすいのは、目標としてイメージが鮮明だからではないかと。そこを挫かれるとマジで弱い人間であることを、はっきり認識させられる出来事が、夜中の釜めし。あれほどよわよわとは、自分でもびっくり。
でも、釜めしと温泉は絶対に外せないと思っていたので、結局はありつけたのでしょう。
 これだよ、これ!
と改めて自覚しなおし、来年は思いの強さを強化していきたいと心してきました。

今年最後の温泉を終え、明日で仕事納めです。

ioWEB
・今日の<いおろろ1枚> 「青い空の心で」
・1年前の今日の日記 「シンデレラな赤鬼」
関連記事

イヴだもの

6時半過ぎまで、A社の編集者が我が地下室に腰を落ち着けていて、何をしているのかと思ったら、事務所ライブラリーのコミックに夢中になっていた。む~。

で、お帰りになったので、やっぱりイヴだし、こんな日にケチケチしてると運気が悪くなるので祝杯を。
ご近所のネパール料理屋さんで乾杯!

20081224a

この店のマネージャー、ネパール出身のおにいちゃんは、気が利いてて本当に気持ちのよい人。
他のスタッフさんたちも皆、働き者で、穏やかなお顔をしております。お店の外ですれ違っても、にこやかに挨拶してくれる。
彼らは年末まで働いて、正月は交代で二日から営業しているそう。

ネパール料理のあとは、クリスマス恒例、スーパーのパトロール。
夜食用に、割引フードを物色に行く。やはり年々、市場は渋くなっている様子。それでも、二割引のサンドウィッチ盛り合わせと三割引のクリスマスケーキをゲット。

何だかんだ、今年もハッピー・クリスマスを迎えられるのは幸せです。
いおろろ一枚!」も、本日、例外的に更新した途端に、アクセスありがとうございます。

もの悲しいニュースも入ってきたイヴ。
寂しさが人の命を縮めるのは、ホントに悲しい。

もし、今が涙にならないほど孤独だとしても、心を開いてさえいれば灯りは点るから、希望を燃やして過ごしましょ。
メリー・クリスマス
  ↑クリックしてみて。

ioWEB
・今日の<いおろろ1枚> 「サンタの気持ち」
・4年前の今日の日記 「イヴなので」
関連記事

自分とつきあう

意味不明なことを書きますが、先週末に氏神さまにお参りに行きたくなり、日中そそくさと出掛けていって、不思議と気持ちが座った感覚になったところで冬至を迎えていたのですね。
古代には冬至を1年の始まりとしていた、ともあって、元旦までまだ10日ほどあるのに、根拠もへったくれもなく、感覚的には新たなムードに移った気がいたします。

冬至を境になのか、日曜日の昼過ぎから風が強くなったり、夕べは夕べで雨が強く降ったりで、妙なお天気具合。
もともと、天気の影響をあまり受けるタイプではない“きりぎりしゃん”。荒れ気味の天気も面白くて、内的には穏やかに落ち着いた心持ちでいられるのが何気ない幸福感であったりします。
で、なぜか『愛の賛歌』が脳内BGMに。ピアフのフランス語版ではなくて、越路吹雪さんバージョン。男女が求める愛というより、見守りたい感が膨らんでくるのが心地よいです。

あまり深いお付き合いはしていない知人の中には、係争中の方や、表面的に強がりなアピールを続けているような方もいらして、ちょっと気の毒に映る場面にも遭遇する昨今。
何が気の毒かと言うと、本来の自身の目的ではないであろうところで、エネルギーを消費し疲れていくところ。そのダメージを、客観的に見ていると自身に受けているのですよ。
オトナになると、なかなか他人の言うことは聞かないし、お付き合いがあったとしてもズバリとは言ってもらえないもので、やはり自身で察して改めていくことを知らないと、そのまま歳だけとってしまうのが、人生の厳しいところでもあります。

不景気を告げるニュースが多く、厳しい時代ではあるけれど、騒ぎ立てて気持ちを右往左往させるのはいかがなものかと思うこの頃。
そうかと言って、表面的に楽しぶったり幸せなフリをする癖(習性)のある人は、一時的に気分をアップさせることにはなっても、ブルーな気分は払拭されず、結局は揺らいでいる自分を持て余すところに戻ってしまう。これも、自身で癖を自覚しないと、いつまでも繰り返して表面的な自分との闘いに映ります。

こういうテーマのことを、少し、これからはたまに書いてみようかとも思っています。
自己啓発は大きなお世話のようで、正直言ってあまり好きではないし、成功哲学系は何をもって成功と言えるのか疑問だし、それらの分野とは一線を引いて、“自分自身と付き合う”術を小出しにできればいいのですが。

短絡的な目的や結果のほうが飛びつきやすい風潮なので、
“自分自身と付き合う”なんてことが、何かいいことと結びつくの?
と思われがちでしょうが、自分の感情や思考と向き合っていかないと、自分を信じて生きることに繋がっていかない。ここ10年くらい、そのことが人間観察のテーマでもあったわけです。

今後の日本は、高度成長期やバブルの時代に戻ることはないのだから、経済や雇用問題にしても、一度通過してきた安楽な状況の再来を期待してもダメでしょう。
個人がこれまでの既成概念に縛られないスタイル(生き方)を見出していかないと、嘆く一方になりかねない。厳しい時だからこそ、自身と付き合い向き合えるオトナでないと、乗り切っていけない気がいたします。
と、『愛の賛歌』とどう繋がっているのか、ここまで書いてやはり意味不明。

まあ、クリスマスでもあるし、新しい年明けも間近な時期、くだらない揉め事や表面的なプライドを守ることから離れて、気持ちを一新できるとよいのではないでしょうか。
と、マジで今朝は思ったのであります。

ioWEB
・1年前の<いおろろ1枚> サンタはいないけど「クリスマスの仕業」
関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム