FC2ブログ

    「泣いた赤おに」考

    知り合いのトコさんの息子さん、リョウくんは小学一年生。
    たまに聞かせてもらうトコさんの話や写真を見ると、子どもらしい素直な少年なのが分かる。

    そのリョウくんが、昨日、夕方5時を過ぎても学校から帰ってこないので、トコさんは近所を探し回った。だが、リョウくんは見当たらない。学校にも連絡して、本格的に捜索の勢いに入りかけたところへ、大泣きしながら帰ってくるリョウくんの姿があった。

    四月に入学した頃、おかあさんのトコさんは、リョウくんが学校で他の子たちについていけるかと、ときどき心配する声を洩らしていた。
    リョウくんはクラスで一番体が小さい。計算のない素直さは、子どもらしくてユニークだと思うのだけれど、担任の先生には他の子どもたちより幼く映るらしい。
    これがどうやら、いじめっこの目にもつくようで、リョウくんは一学年上のある男の子の標的になっていた。

    「オレんちに一緒に来なかったらブン殴る」
    小学二年生のいじめっこに脅され、学校からの帰り道、リョウくんは嫌々、その子に従った。
    男の子の家は母子家庭。おかあさんは、子どもが起きる前には出勤し、帰ってくるのは夜の7時過ぎなのだそうだ。
    大人のいないオレんちで何が起こったか。

    鍵っ子の男の子は、一つ下のリョウくんと仲良く遊んでくれたのではなかった。実際にどんな時間を過ごしたのかは二人にしか分からないことだが、リョウくんによれば、何か言うとその子に叩かれていたらしい。帰宅したリョウくんに、幸い大きな怪我はなかったそうだが、オレんちで恐怖の1時間半を過ごして、リョウくんは1時間ほど泣き通しだったと言う。

    夜になって、その男の子とおかあさんが、トコさんの家を訪ねた。
    男の子は学童保育所でも問題を起こし、つい最近、保育所を締め出されてしまったそうだ。そうして独りで家で過ごすようになった矢先の出来事だったのだ。
    トコさんには、いじめっ子のさみしさが見えた。

    「来なかったらブン殴る」
    とリョウくんをオレんちへ連れ帰り、
    「おかあさんに言ったらぶっ殺す」
    そう言ってリョウくんを解放した男の子は、「ごめんなさい」がなかなか言えず、トコさんちで泣いた。
    おかあさんも、泣いていたそうだ。
    せつなさを残し、泣いた母と子がオレんちへ帰っていった夜、「もう誰にも怒られないで、鍵っ子くんが安らかに寝ていてくれればいい」とトコさんは思った。

    日本人ならたいていの人は知っている『泣いた赤おに』の話を思い出す。
    人間たちと仲良くしたい赤鬼は、「ココロノ ヤサシイ オニ デス」なんて立て札を作り、オニんちへ村人を招こうとする。ところが、そんな立て札の文句が、かえって村人たちを気味悪がらせてしまう。人間の世界をよく知らない若い鬼は、自分の気持ちが伝わらないことに腹を立てて癇癪を起こす。そこへ青鬼さんがやってきて、一案を講じてくれるのだ。

    鍵っ子の孤独な男の子にも、青鬼さんが来てくれたらよいのかもしれない。
    『泣いた赤おに』の話が心を打つなら、青鬼さんの代わりになる人が現れてもいいのではないだろうか。
    学童保育所で彼がどんな問題を起こしたかは知らないが、小学二年生の子どもを締め出すしかなかったのだろうか。

    幼い赤鬼のために、青鬼になれるオトナはいるはず。青鬼でなくても、接してくれる村人でもよいのだ。
    内に涙を溜めて癇癪を疼かせたまま赤鬼たちが大きくなってしまわないように。
    そして、癇癪を疼かせたままオトナになった赤鬼たちは、さみしさの裏を返して他人に当たらず、素直な自分を見つける努力をしてほしい。
    『泣いた赤おに』でも読み直して、泣いてみたらいい。

    ただ、秀逸なお話は涙するためだけにあるのではない。子どもに読み聞かせて終わる話ではないのだ。
    赤鬼は気がつけばどこにでもいて、青鬼が現れるのを期待しているのかもしれない。
    青鬼でなくとも、気のいい村人でも助けになるのではないだろうか。

    偕成社の大型版。
    梶山俊夫さんが描くおおらかで線の強い絵もユニークで素敵なのです。

     <ioWEB

    プチトラウマ?

    銀杏の葉っぱを誘拐した気分の話で思い出したのが、子どもの頃に誘拐されかかった話

    去年の8月に書いたものを読んでみたら、銀杏の木が出てくるではないか。

    ひょっとして、知らず知らずのプチトラウマが銀杏と関連して反応したのか、葉っぱの気分に自分の気持ちを重ね合わせてしまったような気がしてくる。

    今では武勇伝的エピソードの一つと思っているはずなのだが、それでも、いまだに人が中にいて路上駐車している車には近づかないようにしているし、すーっと横に寄ってくる車には用心する。
    考えてみれば用心するに越したことはないので、プチトラウマだとしても役に立っているのだ。

    感情のトラウマに、やけに神経質になる人がいるけれど、あとから客観的に状況を振り返ってみると、してはいけないことをしていたり、受け止め方の勘違いがあったり、向こう岸(相手方)の思惑が見えてきたりするもので、自分の役に立たない経験ではないはず。役立つ経験にするかしないかは、本人しだい。
    ◆“偶然は必然”とか、“出来事には意味がある”とかの言葉も、その人が必然と捉えるか、ものごとに意味を見出せるかに依るのと同じなのだ。

    ただ、ずいぶん前に、退行催眠というのに興味があって受けに行ったら、「トラウマないですね」とあっさり言われて、ちょっと寂しい思いをしたことがある。
    今回のがプチトラウマだとしたら、“自分の中のプチ発見”をしたようでやや嬉しい。

    まあ、とにかく、自然には手を出さないほうが好ましいと思ったので、葉っぱは朝にでも銀杏の木のそばに返してあげることにしよう。
    持ち帰ったときより、なついている気もするが。

    ioWEB

    誘拐気分

    今月半ばくらいから、事務所の窓ガラスを通る陽の光が、やけにきらきらして見える。
    冬本番前の11月の陽射しは、とくに晴れの日の午前中は、青空から降るようにきらきらするのを思い出した。

    そういえば、靖国の銀杏が色づく季節なのだ。
    「ああ、お散歩に行きてー」
    そう思いつつ、靖国通りの横断歩道を渡るたびに、九段方向の銀杏並木の様子を遠く眺める日々。今日は思い切って、銀行の帰りに30分ほど、靖国へ散策に行ってみた。

    すっかり金色に姿を変えた木と、まだまだ緑を残した変身中と、だいぶ差はあるけれど、着々と景色は黄金色に進行中。
    と、せっかく様子を見に来たのにデジカメを忘れた。

    つい、落ちてる銀杏の葉を一枚、二枚と拾う。
    きらきらの陽の粒子で染まったような葉を手にふりふりしながらの帰り道。3歳の七五三の写真に、銀杏の葉っぱを手にポーズして写っているのがあったのを思い出した。
    三つ子の魂とはよく言ったものだ。やってることが変わってない、ふん。

    それでも、お持ち帰りの黄色い葉っぱに気分はるんるん。
    ところが、ふと見ると、ふりふりしていた黄色が拾ったときより色あせて見える。
    事務所に向かって、拾った場所から離れるにつれ、何だか誘拐してしまった気分に。

    舞い降りたところが、落ち葉の居場所。
    だとすれば、葉っぱの運命を変えてしまったような、自然のものに手を出した罪悪感が。

    20081125a

    落ち葉も掃除されてしまえば燃やされてしまうのだろうから、連れ帰ってゴミになっても変わりないのかもしれないが、燃やされるにしても朽ちるにしても、どうせなら仲間と一緒のほうがいいだろうし。
    ということで、あとで返しに行ってこようと思う。

    でも、ちょっと面倒くさい。
    明日にでも。
    今度はデジカメを忘れずに。

    ioWEB
    ・1年前の今日の日記 「よせばいいのに寄席」

    おかんさまのおみかん

    和歌山のおミカンを、今年もいただきました。

    20081124a

    クボカヨ嬢のおかんさまが送ってくれてます。
    冬のビタミンCはこれでばっちり。
    おかんさまにはお会いしたことがございませんが、ありがたいことです。

    最近、気がついたこと。
    どうもわたしには、かわいそう度が足りないようで、もう少し他人から「かわいそう……」と思われる技を磨いたほうがよいのではないかと。
    言い方、伝え方ひとつで、物事の印象は変わるもの。

    と書いてるそばから、さっそく、やってしまった。
    ・冬のビタミンCはこれでばっちり。
    こういう直球な書き方がいけない。

    なので、以下、訂正文↓

    ・これで冬のビタミンC不足を何とか補えます。

    ioWEB

    ビリィじい ~ 一流に触れると元気づく。

    20081118m.jpg

    一流に触れると、元気づく。

    ビリー・ジョエルのドーム・コンサートに行ってきた。
    チケット情報に出遅れて2階席だったが、場所はステージ正面。
    ドームのビッグコンサートでは、当たり前に設置されるライブ収録用の高いやぐらも今回はなく、スタジアムは広々とした景観。アリーナ席・一階席を上から眺めると、手拍子や拍手の動きが、さざ波のようであったり、羽ばたきのようであったり。
    これまた面白い。

    一昨年のビリーさんコンサートは、久々の日本公演に、客席もビリーさんも「また会えたね」みたいなウルウルしちゃうほどの感無量感が溢れていた。
    もう、これが最後かと思いきや、「また来たね」。
    今回は、1回限りの東京公演。
    プロフェッショナルのリラックス感が、かっこよくて心地いい。
    味をしめてでも、気をよくしてでもよいから、また来てください。

    私の敬愛する二大じい(さま)である、ホプじい(アンソニー・ホプキンス)、ションじい(ショーン・コネリー)に、本日、ビリィじいが殿堂入り。「世界の三大じい」と呼ぶことにした。
    生きていれば、ボブじい(ボブ・フォッシ)も入れて「じい四天王」になったのだが。

    しかし、一流なのに、ちゃんと7時開演の予定どおりに始めるところがすごいね。
    それでもって、アンコール含めきっちり9時に終了。
    もったいつけてだか、ノリ待ちなのか、1時間以上も待たせて、手短に終わらせる外タレもいるというのに。

    今朝、「8時目標で!」とゲラを取りにくる予定だった編集者さんは、「寝坊しちゃったんです、すいませーん」って9時40分に来たものね。
    そういう“ゆるキャラ”でもいいけど、ビリーさんはえらい、すごい。
    素晴らしかった!


    20081118c





    ioWEB

      

    プロフィール

     葉月いお

    Author: 葉月いお
    オフィシャル基地<io日和
    ―魚の庭― Photo綴り
    極楽とんぼの「映画会」
    メッセージ・お問い合わせ等は
    ↓メールフォームから
    お願いします。

    全記事◆タイトルリスト

    最新記事

    メールフォーム

    メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
    【メッセージをくださる方へ】
    をお読みください。

    カレンダー

    10 | 2008/11 | 12
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    月別アーカイブ

    検索フォーム