FC2ブログ

もう一人の自分

一人暮らしを始めたのは、地下鉄東西線が通る行徳という所だった。
東京からだと、ディズニーランド行きのバスが出る浦安駅より二つ先。千葉県は市川市に入る。
会社があったのは三越前。東西線で日本橋に出て、銀座線に乗り換えるのが通勤経路だった。

ある日の夜、日本橋から帰りの東西線に乗り、吊り革に掴まる乗客の背中と背中の通路に立ってぼーっとしていると、妙な視線を感じた。ふと横を見ると、同じく通路にいた50代と思しきおじさんが、目をカッと見開いてこちらを凝視しているではないか。
カッとされてギョッ!

[もう一人の自分]の続きを読む

関連記事

暗闇体験2

暗闇への誘いに続く)

“暗闇”とは、真っ暗な中の暗闇演劇。
音と気配と匂いが繰り広げる見えない芝居、大川興業さん本公演『 THE BACK OF BLACK 』である。昨年の“暗闇体験”に続き、2回目の“暗闇”を体験してまいりました。

舞台は、暗闇演劇のバック・ステージ。真っ暗になったステージ裏で起こる不思議な物語。
例えると、暗闇の中でラジオ劇が催されている感じ。そこにときおり美味しげな匂いが漂い、客席相手のお笑いパフォーマンスあり、最後は胸が熱くなる舞台なのだ。

暗闇になると現れる自然くん。
もちろん暗闇なので姿はなく、存在を示すのは声だけ。
それもそのはず、自然くんは妹の祭ちゃんと川に流され、この世を去った少年だったのだ。
その自然くんが、なぜ度々、暗闇のバック・ステージに現れるのか?
と、ちょっとスピリッチュアルなテイストのお話を軸に展開する。

ところで、
「何で暗闇でやるんだ!」
今回の同行者を誘ったとき、怒りにも似た反応を受けた。
そりゃ暗闇なら、舞台化粧も特別な衣装も要らないですもの。ビジュアル、関係ないし。
とは、わたしの一方的な解釈。

ホットケーキの匂いにお母さんのことを思ったり、醤油バターの匂いに、彼女との河原のバーベキューを思い出したり。匂いや香りが呼び覚ます、仕舞われた記憶や創造的なイメージ。
『 THE BACK OF BLACK 』は、暗闇の中で研ぎ澄まされる嗅覚に訴え、“嗅覚が呼び覚ますもの”をテーマにした挑戦的な舞台なのである。

“ままどーる”が見つからなかった、まだ陽のある銀座から、夕方のシモキタへ。そして宵闇迫る雑踏の中で、役に立たない地図より頼りになったのは嗅覚。
ということで、嗅覚つながりの“暗闇劇場”。
大川(豊)さんの「悪い子はいないかあ、悪い子はいないかあ、あー」に、今回もめちゃくちゃ喜んでいたのは、なんでだろ?
来年も、そこに期待。

ioWEB
関連記事

暗闇への誘い

シモキタ道中に続く)

そう、シモキタは地図の要らない街。
わたしは地図が読める女だが、シモキタの改札を抜けて駅の階段を降りると西も東も分からなくなる。
そう、シモキタは地図があっても役に立たない“地図の要らない街”なのである。
それでも一応、グーグルの地図をコピーしてバッグに入れていた。わたしは用意のいい女なのだ。
待ち人が来る間に地図を、とコピーを取り出す。

なぜ、麹町の地図が出てくる?
用意したコピーを間違えるなんて……。
まったくもー、死んじまえ!

[暗闇への誘い]の続きを読む

関連記事

シモキタ道中

あるお金持ちが言っていた。

 お中元・お歳暮の類は、毎度、同じ品で。

小金持ちには従わないが、ホントのお金持ちが言うことには、何か一理あるのではないかと何気に耳を貸してしまう。
それで、某所への差し入れは、マネージャーさんのリクエストもあって、福島県が誇るお菓子“ままどおる”と決めた。
どこまでも続く限り“ままどおる”を差し入れて、“ままどーるのいおろ”と呼ばれたい。
その志を貫くべく、昨日は、まずは銀座へ。

銀座6丁目の「三万石」さんを目指して、数寄屋橋の交差点から新橋方向へ歩く。
♪まーまーどーる ままどーる

[シモキタ道中]の続きを読む

関連記事

配慮の仕方

先週、ある社長さんが交通事故で亡くなられた。知り合いである編集者の同窓生で、社葬は行われたらしいのだが、ご家族の意向で訃報はごく限られた人にしか知らされていなかった。
それが今週になって、同窓の飲み会のメールが行き交ううちに訃報が伝わり、一夜にして学生時代の先輩・後輩・同級である仲間の知れるところとなった。「ご家族の意向で内密になっている」との注意付きで、訃報はほぼ公の内密になっていったのだ。

[配慮の仕方]の続きを読む

関連記事

プロフィール

 葉月いお

Author: 葉月いお
オフィシャル基地<io日和
―魚の庭― Photo綴り
極楽とんぼの「映画会」
メッセージ・お問い合わせ等は
↓メールフォームから
お願いします。

全記事◆タイトルリスト

最新記事

メールフォーム

メッセージ・お問い合わせ等は、こちらからどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらのアドレスが受信拒否設定になっていると返信できません。
【メッセージをくださる方へ】
をお読みください。

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム